日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ますます盛り上がり、燃え上がる一方で毎回楽しみです。

以下は今回の内容に触れた感想です。
番組をご覧になっていない方は、ご注意くださいませ。





とにかく現さんが最高に格好良かったです。
現さんの熱い刑事魂が最高! これに尽きます。

橘さんが中沢清六さんというキャスティングも良かったです。
役柄も実に味わい深かったです。

橘さんの想いも、彼譲りの現さんの泥臭い刑事魂も堪らなく熱かったですね。
秋絵さんの無念と言い、橘さんの復讐と言い、とことん人間臭く、そして強い悲哀が痛い回です。
長谷川さんらしい脚本ですね。

進ノ介くん、霧子ちゃん、そして現さんの「現場百回」が胸を打ちますね。
パスポート探しだと勘違いする課長がまた可愛いなあ、もう。

と言う訳で、課長が不在だった理由付けまで巧いですね。課長カムバックでバンザーイ!
ハワイ旅行直前でパスポート紛失という辺りも。
オチまで完璧だもんなあ。占い頼みってことで本を開いたら、発見。

「パスポーーーーートッ!」

鶴ちゃん、本当にいつも最高。課長大好き。



繰り返しになりますが、今回は本当に現さんフィーチャー回で、大満足です。
泥臭く、時代遅れで、でも誰よりも熱い現さんの刑事魂が大好きです。
デコトラとの場面も大好きだなあ。

現さんが宇津木を見事取り押さえたシーンには込み上げて来るものが。
そこに橘さん、そしてジャッジロイミュードも登場。
この盛り上がりと来たらもう。エンジンが灼熱の展開です。

「そいつを渡せ。その悪人は俺が制裁を下す」

「断る! こいつを裁くのは……俺たち警察官が守り、信じる正義だ!!」

現さん格好良すぎる!
紛れもなく正義の味方の顔です。これは名場面!
ちびっ子たちの心にもギアが入ったはずです。
井俣さんが現さんで良かったです。

さあ、こうなったら進ノ介くんの出番ですね。
タイプワイルド&ランブルダンプも活躍してくれて嬉しいなあ。

冒頭のライドマッハー乗っ取りをどうやって攻略するのかと思いきや、トライドロンタイプテクニックとは。
多種多彩なシフトカーや武器を活かした作劇が実に良いです。

と言う訳で、魔進チェイサーと仮面ライダーデッドヒートマッハの対決!
燃えるリベンジマッチですし、今回はマシンを乗っ取られることなく戦えます。
「置いてきた」ってオチが良いですねー。

最後のシーンも泣けました。
橘さんに対する進ノ介くんの言葉がもう。
夕陽に照らされたみんなの笑顔も印象深いです。

長谷川さんならではの哀切、渋味のある作劇で本作にまた深みを与えた回でした。
三条さんとのナイスコンビで今後もお二人に期待大です。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2757-8a3f1b0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。