日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ折り返し地点で凄まじい展開になりましたね。

以下は内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方は、ご注意くださいませ。





正直、視聴継続の最大の理由は石橋凌さんご出演という一点でした。
題材や展開に興味を惹かれたのも勿論大きいのですが、やっぱり凌さんは格別です。
無論、ARBやソロの歌、歌詞が素晴らしいのは言わずもがなですね。
どんな役でも、いつでも、いつまで経っても凌さんは格好良いですね。

と思って視ていたら、とんでもない僥倖が……!



北條透来たあああああ!!

琢磨逸郎来たあああああ!!




山崎潤さんご登場!!

何という望外の喜び!!

オープニングのクレジットには出てこなかったはず。
それゆえに、思わず「おおおっ!」と声が出てしまいました。
山崎潤さんがご出演だなんて嬉しすぎるにも程がある!

弁護士役というのがまたニクイですねー。しかもリサを弁護する側。
北條透や琢磨逸郎に慣れ親しんできた者としてはニヤニヤしてしまいます。



いやー、今回はもう山崎潤さんのご出演だけでも充分すぎる満足度です。
特撮者として永く生きていると、こういう喜びがあるのですよね。
石橋凌さんと同じ事務所という繋がりからのご縁だったのかもしれませんが、素直に嬉しいですね。



さて、前回の感想では、これから堕ちていく展開ではないかと書きましたが、なるほどなと。
精神的にはリサもそうだったでしょうけれど、「周りがそうはさせない」と。
神崎編集長、とことん徹底してますね。当然と言えば当然ですけれども。

冒頭も裁判のシーンから始まって掴みは充分。
どこまでも徹底して「被害者ヅラ」で貫き通すとは。
尚且つ由樹を「精神的に不安定で問題があった人物」として法廷で倒す方向とは。
この場面、中谷さんが瞬き一つしないあの表情で、唸らされましたね。

由樹役の水川さんも、今までになかった表情を見せてきてくれるようになって、味わい深いです。

リサが息子の仮面ライダー龍弦と実母のそれぞれと話すシーンも、毎度ながら秀逸ですね。
息子からは「嘘つけ。そういう奴なんだよ、おまえは」と言われました。
その後で、あの母と娘のシーンですからね。
リサが折り紙を奪い取って破ったところが実に印象的です。
母に対する抵抗、自己主張、それらが自虐を含んだ上で見事に表現されていましたね。

それにしても裁判の流れがまた凄いですね。
今まで追い続けてきた視聴者なら「ああ、なるほど」と振り返りながら思う訳ですね。
人によってはニヤリでしょうし、ある人によっては「これは酷い」と思うでしょうし。この嫌らしさがニクイですね。
由樹の無断欠勤、大金の要求、そしてリサが土下座したことも逆手に取るというのがまた。
「どれも事実」であるし、それを利用して上手く都合の良い方向に印象付けようとは。
流石は北條透&琢磨逸郎のシナリオだなあと。こっちの意味でもニヤリ。
動画で由樹が話したことも巧く取り入れているというのがまた実に巧妙ですね。
「ゴーストライターなど使っていない」という一点のみが嘘で、あとは事実を淡々と都合良く話すと。
北條透&琢磨逸郎&神崎編集長コンボの「川原由樹の人格を否定する」という徹底したやり方が何とも。

神崎編集長と共に、小田くんも動向が気になる人物でしたけれど、ここでそう来る訳ですね。
由樹は他の出版社とゼロから付き合えば良いと以前に書きましたが、そこは流石の遠野リサです。
数々の大手出版社から本を出している実績から、圧力も完璧。これは厳しいですね。
出版社ともテレビ局とも関係ない動画ニュースというのは巧いやり方でした。
小田くんなりに考えた結果でしょうけれど、これで名前も明かして顔出しまでした訳ですから、出版は絶望的。
実に皮肉なものです。由樹に関しては「堕ちていく」展開ですね。
待っていてくれたウルトラマンゼロ人間体とも別れ、出版者とのパイプも結べない形になり、正に堕ちる一方。

リサの完全勝利となるシナリオが着々と進行していますが、ここからどのように逆転するか着目したいです。

裁判のシーンは今後もあるでしょうから、引き続き山崎潤さんのご出演も熱望。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2746-1f6f1fcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。