日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』30 あの日の男  

『妖怪少女 -モンスガ-』と『仮面ライダードライブ』の感想が遅れていますね。あらら。
どちらもマイペースで続けますけれどね。

まずは、ご存じない方、初めて知ったという方に、
本作の紹介と、あらすじを。

6/23発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

〇けっこん [結婚]


〈スル〉 夫婦になること。婚姻。

〇く‐てん【句点】


文の終わりを示す「。」の記号。まる。

〇まる【丸/円】


《「まろ」の音変化》

[名]
●まるい形。円形。また、球形。
「該当する項目を―で囲む」

●答案などに正解または合格・優良の評価の意味でつけるまるい印。
「正しい答えに―をつける」「図画で三重―をもらう」

●数字の零を読み上げるときにいう語。
「一(いち)―三(さん)―(=一〇時三〇分)に到着」

金銭のこと。会話で親指と人差し指とで輪をつくって示すこともある。

完全で、欠けたところのないこと。
また、全部を包含していること。まるごと
「リンゴを―のままかじる」「―に一夜さ添ひ果てず」〈浄・無間鐘〉

●江戸の吉原遊郭で、遊女の揚代が倍額になる日。正月や節句の日など。丸の日

NON先生の『ハレ婚。』において作品名の語尾に絶対欠かしてはならないマーク。読者の人生のメルクマール
(印鑑、婚姻届、夫婦円満などの連想にも繋がり、文字通り重大なポイント。 ※手塚さんの素晴らしいロゴデザインも必見)。



〇前回までのあらすじ

前園小春は、ある理由から帰郷した。

4年ぶりの故郷。

久々に帰ってきたこの町には「とんでもない条例」があった。

そして、現れた謎の男・伊達龍之介

彼には妻がいた。

2人もいた?

伊達柚子と、伊達まどか

この関係って、どゆこと?

この町の空白の4年間を埋めるが如く、小春を驚愕させる事実の連続。

そして、始まる4人での奇妙な生活?

小春と龍之介。
2人の空白が、遂に今……!?

この漫画って、そゆこと♪




例によって細部はぼかしたままです。

以下は今回の内容に触れている感想なので、未読の方はご注意くださいませ。
本作は初めての方でも、どの回から読んでも、絵柄とお話で楽しめるでしょう。

よろしければ、ご参考までに下記の記事もどうぞ。

講談社『週刊ヤングマガジン』公式サイト

『コミックナタリー』インタビュー記事(※作品を未読の方は、ご注意を)

第1回『ハレ婚。』祭り

『ハレ婚。』コミックス第1巻(講談社・ヤンマガKC)

『ハレ婚。』コミックス第2巻(講談社・ヤンマガKC)

コミックス第2巻までゲットから本誌にシフトして追い着くのに良いタイミングかと。
毎回同じことを申し上げている気がしますけれど、そう思っております。



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
全く新しい世界! 現代日本に一石を投じる会心の一撃!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!


あの運命の夏の日が、遂に……!!

つまらない世の中には、この妻たちを。
よめばわかる、この嫁の面白さ(旦那もね)。




〇今回のツイッターPR文

如月@『ハレ婚。』愛読 @februaryxxxx
【 #ハレ婚。 】思い出した女。あの日の男。
【遡る時の中に、驚愕の真実。】 第30話は本日2/16発売の #ヤンマガ 12号に掲載!




は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい

夏の日、少女は汗ばむ。
あの日、記憶のアルバム。

夏の日、少年は神社で……。


30
あの日の男



先週号ではお休みで、焦らしプレイ(違)から待ちに待った今回!

期待していて本当に良かったー♪
回想、過去編というのは勿論大きいですが、いつもとはまた違った読み味でしたね。



12年前。あの夏の日の真実が遂に――。



遂に……。



遂に、思い出した時。



遂に、明かされる時!



あの日の立ちションの男。

って、おーい! 龍ちゃーん。

のっけからこれで、扉ページからこれって、最高ですね。
小春ちゃんの「こらっ」&龍ちゃんの「びくっ」がツボすぎ!
しかも。アッコちゃんとタマ子ちゃんの「わ――」のコンボも!

前回のあのヒキ、そして一週お休みを経て、これですもんねえ。
空腹は最大の調味料、疲労は最大の睡眠薬ってくらいに、ヴォルテージ充填を待ち焦がれた読者。
そんな日本全国の『ハレ婚。』ファンが待ち続けた今回で……来ましたねー。
導入の部分からこれですもんね。巧いですよねー。正に掴みはオッケーですね。

読者がドキドキしながら待ち構えていたところに、この一撃。

この肩透かし感、膝カックン感、ウルトラマンがスペシウム光線の構えでいたら後頭部から不意討ち感。

まさか扉ページから大爆笑とは思いませんでした。やられたー♪



初期に見られたネギチョップ、頭突きに通じる小春ちゃんで思わずニヤリとしちゃいますよね。
異性に対する威勢の良さは当時から健在だった訳ですね。
これは重要なポイントですよね。

そう、今回のエピソード、読者の誰もが「おや……!?」と思ったはず。

これには、つくづくやられたなあと。
ああんもう、今回は『嬉しい悔しさ』がいつにも増して連発で堪りません。

今まで愛読してきた読者ほど、龍ちゃんを見てきた人ほど、龍ちゃんが好きな人ほど(私もそうです)、
今回には衝撃を受けたはず。このタイミングでこの過去編って凄まじい効果です。

龍ちゃんがまるで別人みたいなんですよね。



それにしても、小春ちゃん言いたい放題だね。今も昔もこの勢い、大好きよ♪

「このバチ当たり!」

「立ちションもやし野郎!!」


過去編でも言いたい放題です。
現場を見られたので、仕方がないですけれどね。
正に『現行犯の男』ですよね。先生、何気にこんな仕掛け&リンクとは流石です!

龍ちゃん、変な呼び名においてもキングですね。

そして、極め付けが……!

・・・・・・


・・・・たち?

りゅー
えすけ・・・・

変な名前
・・・・

『いたちりゅーえすけ』て。
うん、変な名前よね。


って、当時10歳で5ねん3くみの前園小春ちゃんには読めなかった訳ね。



魔王DSRはハレコングでだてのスケで立ちションもやし男でいたちりゅーえすけだった。



今回はあらゆる場面で先生にノックアウトされっぱなしでした。

ツルペタ小春ちゃんがめっちゃ可愛いし、アッコちゃんもタマ子ちゃんも同じく。
小春ちゃんがどのコマも文句の付けようがない可愛らしさ。
先生が描かれる少女って珍しく、デリシンの美羽ちゃんを連想したくらいですが、
勿論、美羽ちゃんとはまた年齢もタイプも違いますしね。
今よりも前髪が短めで、おデコちゃんで可愛いのがまた。もうね。

猫ちゃんパンツなのも先生らしいなあとニヤリです。
12年後の現在に神社で再会した後には「見えそうで、やっぱりYellowを見られた」訳で、
今回は小春ちゃん自爆で「丸見え」。
第6話を踏まえて、振り返って二度楽しめる構成なのも巧いなあ。
先生、とことん完璧ですね!

そして、我らがDSRこと魔王様がドS「じゃない」ことが新鮮すぎてもう。
確かに病弱そうですし、逃げた時の息切れからも体力は当時から無さそうですね。
流石は「自転車に一度も乗ったことがなかった男」ですね
(■『ハレ婚。』24 働く男 参照)。
余談ですが、1ページ目の龍ちゃんから『ヒトヒトリフタリ』の久保を連想してニヤリとしたり。
あんまり鬼太郎しすぎてないギリギリのラインがツボでした。

サンダルを履かせるときのおどおどした表情、その後に逸らした視線が実に味わい深いです。

龍ちゃんが好きで好きで堪らない人ほど(私もそうです)、強烈な味わいがある回でしょう。



更に特筆しておきたいことが一つ。

サンダルを履かせるという演出にやられましたね。

シンデレラじゃん。

この時点で『結婚』に通じる作劇があったとは!
無論、二人ともその気は全くなく、至ってイノセントなものですけれどね。
だからこそ、先生のこの演出がニクイなあと。脱帽です。
デリシンの始まりと終わりを知っている人には違う意味で堪らないところでしょう。



さて、遂に『思い出した女』の過去が明らかになりました。

二人の過去が、出逢いの日が「繋がった」瞬間(こう書くとデリシンっぽいね)。

よろしくね

龍!




問題は、この先なんですよね。
「よろしくね」の後、二人は……。

小春ちゃんはご存知の通り、12年後に逢うまですっかり忘れていた訳です。
一方、龍ちゃんはあの日から彼女に恋をして、この神社に足を運んできた訳です。

(■『ハレ婚。』06 Yellowな女 参照)

両者のこの大きな違いが気になるところです。

小春ちゃんは4年前に東京に行って生活を始めたというのも、勿論大きなところですが、
龍ちゃんの変化も非常に気になるところですよね。

小春ちゃんが威勢の良い子ってのは今もそうなので違和感ないですけれど
(伊達家に一番最後に入ったから、最近は立場上ちょっと控えめモードですが)。
やっぱり、龍ちゃんが気になるよなあ……。

本当、知れば知るほど謎が深まる男ってのも凄いですよね。



繰り返しになりますが、今回の構成、演出には脱帽です。
この回の纏まりも含めて、とても気に入っています。

今までの『ハレ婚。』を愛読してきた人ほど衝撃を受ける読み味が流石です。

と言う訳で、珍しく早めの更新になりました。
いつもそうしろよってね。今年も全力ラヴ推しですよー♪ 『ハレ婚。』バンザイ! ハレルヤー♪



〇『ハレ婚。』ツイート

如月@『ハレ婚。』愛読 ‏@februaryxxxx · 2月14日
第2巻の表紙は季節とイベントを先取りしていたと思って(敢えて飛躍、わざと誤読)
改めてDSRを見つめ直すのも味わい深い。 #ハレ婚。


第2巻の表紙、見れば見るほど味わい深いですね。

〇ハレ婚。トーク 1

連載も30回を越えて、今年も絶好調! 嬉しい限りです。
感想もまた違った形にしてみようかなとあれこれ頭に浮かべては楽しんだりしてます。
特に冒頭がどうしても長くなりすぎるので、変えようかなと思ったりも。

コミックス第3巻も楽しみですね。
表紙は言わずもがなのあの子ですしね。あー楽しみ!
またコミックス発売記念企画も楽しくやりたいです。

〇ハレ婚。トーク 2

……と、ここまで書いた瞬間に、企画のネタが頭に降ってきました。
なるべく今までとは被らない企画にしようと思っているので、良いかも。

〇ハレ婚。トーク 3

BGM&Inspired by...

CHIHIRO
『C is(intro)』
『シンデレラ』
『Beautiful』feat.Sweep
『Roller Coaster Love』feat.HI-D

やっぱりCHIHIROさんは最高。
乙女の『ハレ婚。』読者様に聴いてみて頂きたいですね♪

今回の最大のポイントでもある『男女の関係性の逆転』。
これが現在と同じならFLYING KIDS『真夏のブリザード』とか挙げたのですけれどねー。
イケイケ龍ちゃんだったなら、THE YELLOW MONKEY『太陽が燃えている』とかね
(Yellow&太陽繋がり)。
それを言ったらCHIHIROさんの『Roller Coaster Love』も男女が逆なんですけれどね。
まあ、そこはそれ。インスパイアってことで。
と言う訳で……

FLYING KIDS
『男の子でも女の子でも』
『胸のチャイム』
『少年の宝物』

ちょっと夏も意識してみました。
って、『妖怪少女 -モンスガ-』も本作もそうですが、
作中の季節が読者のそれと正反対というのがまた面白いですよねー。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2734-f4f9cf96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。