日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緩やかな自殺と同価値  

Gargoyle『人間の条件』の歌詩が強く胸に響く今日この頃です。
そこで、この楽曲が収録されているフルアルバム『龍風~ronpuu~』を聴き返してます。




と、ここまで書いておいて何ですが、実はこの記事って四日前に一度お蔵入りにした記事です。
昨日も今日も『人間の条件』が日中に頭に流れてきたので、聴き返しました。

そして、書こうかなと。

家族の入院と、もう一人の家族が倒れたことから、自分と身内の死を改めて意識してしまいました。
自分もあと何年生きられるのか、何年健康で過ごせるのか、ふと思ったりも。

勿論、これは後ろ向きな気持ちで書いているのではありません。
それを意識させられるからこそ、生と健康のありがたみも痛感できるからです。

改めて『人間の条件』のKIBAさんの歌詩が胸に突き刺さります。

自分がやっていることも、仕事も、生き方も、はっきり言えば明るい方向には在りません。
今年は色々な意味で転機だと思っています。怯えがないと言えば嘘になるのが本音です。

もっと言えば、私に限らず、ある程度の人間は「緩やかな自殺と同価値」でしょうね。
こんなことを考えていると、Gargoyle『絶滅種』も連想しますね。

止まらない時間の中の実感。
そこで自分が何をしたいのか、何を削ぎ落としたいのか、何を選びたいのか。

色々と思い巡らせる良い機会だったと思ってます。
家族の退院も決まりそうですし、自分も前向きに明るく楽しく、やりたいように生きます。
誰かが言った正しい事を頷いているほど退屈していないって。ね。

■BGM

Gargoyle
『人間の条件』
『楽園に死す』
(フルアルバム『龍風~ronpuu~』収録)

やっぱりKIBAさんの歌詩は素晴らしいです。
KIBAさんの歌詩の一つ一つのお言葉が胸に刺さります。
何故そこでその言葉が使われるのか、そこまで意識してみるのもまた一興。
過不足ないKIBAさんの『言』と『唱』はいつだって格好良いです。

KENTAROさん、TOSHIさん、KATSUJIさんの魂が迸るプレイも堪りません。大好きです。

改めてGargoyleの皆様に感謝を。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2730-38966063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。