日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ラブ嬢】オリンピアばっかりかも  

またちょっとこっちの話。
最近、KIBAさんの日記に触発されて、ちょこちょこ書いていたり。
自分の為に書いているだけですので、見たくない人は飛ばしてくださいな。






ふと気付いたら、そうだよなあーって。
別にオリ平推しじゃないんですけれどね。誤解なきよう、一応申し上げておきます。
でも、結果としてそうなってる感は確かにあるかな。

まずは言わずもがなの『ラブ』嬢。

『マジックモンスター3』のシステム自体は嫌いじゃなかったしね。
羽根デジっぽい機械にしたかったんだろうなって狙いもわかるし。
出し方もわかりきっていますしね。
『FOX』引いてストックしまくる→『RED ZONE』でループ率を上げるってことで。
勿論、前後が逆でも良いし、要はこれだけですからね。
ショボ出玉のショボ連から、一気に大連荘命って激変するのは嫌いじゃないです。
つーか、そうさせないとダラダラモミモミか、撃沈ですしね。

『黄門ちゃま 喝』のシステムも嫌いじゃないですね。
まあ、最初以外は地獄の方のパターンを充分に味わったので、もう良いかなあかもですが。



『ラブ嬢』&こっちの話題からうちにいらっしゃった方に続けますと、
「普段どんなの触ってんの?」って訊かれたら、そういうことです。

『ラブ嬢』最優先。基本的に他は興味なし。

強いて言えば、他で良いと思ったのは『ロストアイランド』と『激闘!西遊記』くらい。

というか、元々好きじゃなかったんですよね。寧ろ大嫌いでした。
ゆえにあんまりあれこれと触るタイプじゃないです。
もっと言うと、4号機時代は全く知りません。
年齢的には知っている世代ですが、触ってないってことね。
歳を誤魔化している訳じゃないですよん。充分良い歳ですので。

『AKB48』から触ったのでした。これが無かったら触ってなかったと思います。
キャリア的には赤ちゃんです。ばぶー。

好きじゃなかったのは、仕組みを全く理解してなかったからなんですよね。
ただただひたすら怖いイメージ、えげつないというイメージばかりがあって。
確率変動の概念が無いのに、何をどうしたら爆発すんのって思ってたり(←馬鹿よねー)。

他の娯楽や趣味などって、知っていくうちに取っ付きやすくなるものだと思います。
しかし、自分の場合、これについては、知れば知るほど気が乗らなくなると言いますか。

散々使い古されている言葉で、私は好きな言葉じゃないんですが、一言で言うと、

「無理ゲーじゃん」

ってことですよね。
そら、全盛期の1/3まで人口が落ち込むわ。

特に(『AKB48』もそうですが)、『疑似ボーナス+ART』の仕様が大嫌いで。
『初当り=ラッシュ突入のタイプ』の方がしっくりきます。
だから『魔法少女まどか☆マギカ』もほぼスルー。
その意味では、まだ『化物語』の方がストレートで良いなと。

勿論、その仕様であるがゆえのポテンシャルや割はわかります。
自分が『ラブ嬢』でフィットして、純増2.7枚に慣れきっているのも大きいでしょう。
現状、仕事帰りの時間帯から純増2.2や2.0の機械も抵抗があるし。
本当、仕事帰りの人種って時点で不利ですもんね。

と言う訳で、高純増AT機から入ったので、やっぱりそれが基準になっちゃいますね。
いかに下手くそで知識がないか、よくわかって頂けたのではないかと。



ちなみにパチの『ラブ嬢』は初代から全スペック触ってます。元々はこっちです。
別に平和推しじゃないのですけれどね。
でも、平和ほどヲタ狙い、特にアニメファン「以外」のヲタまで狙うのが上手いメーカーもないかなと。
所謂おっさんアイドルヲタ世代、『グラビアアイドル』が好きなおっさんへの訴求力が上手い。

平和とダイイチは基礎ゲージからして辛めなのを何とかしてくれたらなあ。
題材やキャスティングは最高ですが、当然ながら店寄りなので触れる機械が少ないし。

当時は、まだお店も甘く、ちょっとの工夫で楽勝だった時代でしたもんね
(だから、尚更スロに行く人の気持ちがわからなかった)。

不景気だ、もう駄目だと言われつつも、技術介入性の高い機械が多かったし。
初代『牙狼』のスペックの甘さ、技術介入性の高さ、右での増やし、
初代『花の慶次』のチョロ打ちでぶん回り、上アタッカーの工夫、電サポでの増やし。
夢の時代だったもんなあ。

換言すれば、素人との差が付けやすかった時代でしたよね。
だからこそお店も開けられたし、今よりも等価メインじゃなかったですしね。

『カイジ沼』や『美空ひばり』の電サポ中なんか、軽い大当りレベルでしたもんね。
壊れたようにジワジワ、またはモリモリと増えていく快感、もう無いんだろうなあ。

オーバー入賞も『水戸黄門』はトリプルまで狙えましたしね。
『湘南爆走族』『それゆけエリちゃん』『アラジン』『ターミネーター』など、ネタの時代でしたね。

『ベノムの逆襲』も通常が時短保4スピードだったもんな。
後に『花札物語』の警告音声で対策されましたけれどね
(ベノムの右をベロ式にしておけば良かったのにね)。

こっちでは極少導入→即撤去だったので、触れませんでしたが、
『蒼穹のファフナー』という世紀のネタ機もありましたもんね。
この時期に全国ツアーしたプロは凄いことになっていたでしょうね。

本当、インターネットで情報がすぐに拡散するので、即アウトですもんね。
雑誌も大々的に捻りだのワンツーだのって載せるし。
それを見て若年層ジャージニートが軍団で大挙してすぐに潰すし。
そんなこと、海やバカボンの時からわかっている人は自分で工夫してたんだから黙っててよと。

真後ろに張り付いておばちゃん店員インカムごにょごにょ
(盤面ガラス越しに見えている)→
白シャツ参上。
という展開が一番多かったのも、この時代でした。

店で一番燃える展開って、これですよね。

白シャツが出てきた時。

「今日だけは、今回だけは」が『落としどころ』ですよね。
「交換させない」という暴挙に出るところもあるので、それだけは阻止で。

今はもう「みなさん平等に負けてくださいね」って時代で、等価&一律調整で面白くないですよね。
ちょっと玉増やしただけで来るし、当然の技術介入すら怒るし。
何の為にストップボタンが付いてんだって。

機械の精度も上がり、店側がアウトにする判定の幅も以前よりずっと狭くなってますね。

『ぶん回り』『設定看破』を体験してきた人ほど、げんなりする時代だと思われます。
換金ギャップでお店が利益を出すスタイルじゃないのもまた然り。
こんだけガチガチなら『AKB48』もお通夜会場にしかならない訳です。

プロが成立しない競技が流行る訳ないだろって言いたいですね。
知っている範囲では、今のプロはみんな『金色』オンリー。

夢も希望もない時代になっちゃいましたね。

何が言いたいかっていうと……



引退するしかないかなあって。

『ラブ嬢』が撤去されたら引退です。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2709-457bee3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。