日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ラブ嬢】で負けて黄門ちゃま(で)喝  

昼に書いた日記の続きです。
昼は調査で、仕事を終えた後に稼動でした。

見たいという方だけ、どうぞ。



日中に『ラブ嬢』を調査して回って、戻って仕事を終えてから、候補のお店へ出陣。

いざ、地元の『ラブ嬢』へ。
と思いきや、先客に取られていました。しかも出されてます。
あー伸びてる伸びてる。良いなあ。

早く退かないかなあと思いつつ、渋々同じシマの違う台に。
他人が『ラブ嬢』で出しているのを眼にするのって嫌なものですね。ちっちゃい心です。

実は『戦国乙女~剣戟に舞う白き剣聖~西国参戦編』も気になっていました。
普段は好んで触りたいと思わない台ですが、データが悪くなかったもので。
初当りが多いのは勿論、どれも軽くて6の数値をぶっちぎっている状態。
まあ、どうせ私が触るとどんどん数値が悪くなるんでしょって。
そう自嘲気味に思いながらも、お試し。

肝心要で最も好きな『乙女アタック』こそ突入しなかったものの、やっぱり軽いです。
サクサク当ります。軽い軽い。一番重い時でも4周期でしたから。
これがまた全部駆け抜けでしたけれど。一回ヨシモトが参戦してくれただけで。
だからミミズが這いつくばって悶えているようなグラフなんですよね。
直滑降より遥かにマシですけれど。

私的に、乙女はラッシュ中で乗らないままジワジワやられる感が強いので、どうもなあと。
『ラブ嬢』の2.7枚に慣れきっているのもあり、純増も下ブレが大半で、
夜からの稼動には抵抗があるというのも理由です。
出した時は『決戦フリーズ』、あとはラッシュ開始直後に『決戦の刻』で乗せまくった時くらい。
勿論、一撃より初当りをコツコツ重ねていくタイプだとわかっていますけれど。
『乙女Rising』は大好き&井上麻里奈さんの歌が最高で一日中聴けるのですけれどねー。



さて、おっさんが退いたので、すぐに着席。

ここからがきつかったです。
『LOVE ZONE』のステージ選択率は悪くなく、クラブ・リュクスもかなり多いものの、
いかんせんラッシュが駄目駄目です。お誘い失敗、ラストも失敗で、悪い方にばかり偏ります。
まあ、こういう日も当たり前なので粘りましたが、以下同上って流れに。

流石にまずいなあと。何よりも時間が気になります。
しーちゃんボウリングガター祭りどころか、デートさえできない方が大半。

最後にポイント溜まって『キャバクラチャンス』当選が救いかなと。
これを区切りとして次を考えようと、抜けた後に止めました。

店移動して、羽根デジの『銀河乙女』にしようかと思いましたが、
あの店なら間違いなくプロに取られているだろうしなあと。

この時間から乙女も抵抗があるし、ロストアイランドはゾーン抜けたばかりだし、
ビンゴも躊躇するし、さて困ったなあと。

そこで割り切って後学の為に触ってみようかと、ビビっていた機種へ。



『黄門ちゃま 喝』へ。

自分でも意外なセレクトだと思ってます。敬遠していたので。
それだけ追い詰められて、思考が狭くなってんだぞ、お前は。
と自分に言い聞かせつつ移動。

今まで触らず(「座れず」が適切ですけれどね)、データ収集だけに徹していた機種でした。
アップダウンが激しすぎるグラフに唸りながら、やっぱり苦手な感じかなあと。

今回は時間も時間だし、液晶カウンターのポイント多めなのを一回狙いくらいで良いかと。
そう思ってシマを移ったら、良い時間なのでそこそこ空きがありました。
その中で明らかに6じゃないのってグラフを発見。
ガンガン伸びるのはヒキもあるにしても、とにかく終日通してハマリが浅いです。
選ぶならこれ以外ないと思って即キープ。

雑誌で確認した程度の一夜漬けレベルの知識しかないし(それで触るなよ)、授業料と割り切ろうと。
緑がそこそこ溜まっていたので、まずはこっちが溜まってほしいなと。
すぐに溜まって『310ルーレット』発動。あっさりスカ。
まあ、こんなものだよねーと気を取り直して、赤もそこそこ溜まってきたので続行。
『喝ゾーン』もすぐに二回入ってくれて、突入率良いかもと思ったら、緑も赤も溜まりました。

ダブルで『310ルーレット』発動。当選。

『みどりのマキバオー』みたいにプレイヤー選択式です。
これで劇的に暴れるのが人気の理由の一つであり、賛否両論あるところでしょう。
自分で選んだ結果が良くて素直に喜ぶ人もいれば、
あっちを選んでいたら……と思う人もいるでしょうからね。

AT『水戸イエローゲート』当選は良しとして、まずはその選択が問題です。

『堅実』『バランス』『挑戦』の三種に、表と裏があるので、合計六種。

触る前から決めていました。初当りは迷わず『表堅実』です。
まずは目の前の『確実な保証40G』が欲しいタイプです(今回なんか尚の事)。
確実な保証を得てから、G数に余裕ができるようなら他も選ぼうかなという考え
(後述しますが、結果としてその通りに展開させられました)。

スカを引いてしまう可能性が性格的に耐えられない貧乏性のビビリチキンです。

まずは『表堅実』。駆け抜け覚悟で。
案の定、やっぱりね。うん、知ってた。
でも、最後に『9回裏2死満塁チャンス』突入で引き戻し成功。
オリンピアは「最後に無条件で抽選」ってのが良いですよね。

続けて、またしても『表堅実』。ビビリのチキンです。
と、ここで『倍ちゃんっす』。ラッキーと思ったら、直後にまた来て更に倍。
160Gスタートでした。これはありがたいなあ。こんなのもあるんですね。

ここからが、はちゃめちゃでわけわかんないことに。



特化のどれか一つくらいは見れたらなあ……。
でも、こんな時間からそんな贅沢も甘いわな。馬鹿言ってんじゃないよ私。

と思っていたら、まあ伸びる伸びる。

バトルは助さんと八兵衛の負けっぱなしは覚悟していて、その通りで苦笑しましたが。
直乗せもちょいちょい来てくれましたし、『印籠チャンス』もまた然り。

通常時からそうなんですが、AT中の『紅炎モード』は尚の事気持ち良すぎますね。
疑似遊戯のリール遊びって好きじゃないんですが、これは例外。

この辺りで半分くらい巻き返せましたので(これでも充分すぎるありがたさ)、
ちょっと『表バランス』も選んでみようかなと。
これを三回選んで、『怒髪天』一回と『勧善懲悪アタック』二回当選。

『怒髪天』のヒキはしょぼかったですが、充分ありがたいです。

『勧善懲悪アタック』の方はお銀が大活躍で、ポンポン出てきてくれます。
初めてでよくわからないながらも、これはラッキーかなと。
助さん以外は転落なしと知っていましたので、力むのは彼が出たときのみ。
『ごほうびRUSH』好きとしては、このテンポ感は気持ち良いですねー。
調子良く300、400とポンポン乗ってくれるので爽快でした。
最高継続率が90%らしいので、もしかしたらそれだったのかなと。

これで纏まって溜められましたので、『表挑戦』もトライ。
『家康降臨』当選で、これは嬉しかったです。

さて、お楽しみのフリーズタイム。

思っていた通り100でしたけれど、これで充分ありがたいです。
殆ど100だと見聞きしていたので、覚悟もできていましたしね。

トントン拍子で良い展開が続いたところで、更に楽しい展開が。

お銀同行来たー♪

お銀めっちゃ可愛いですね。
『Shadow Chase』が堪らなく良いです。ツボすぎます。
ずーっとお銀同行でずーっとこの歌って最高ですね。

更に『かげろうお銀モード』突入。
ストックはできませんでしたが、楽しかったです。
『Temptation Game』も良い歌ですねー。

これなら取りきって、ほぼ巻き返せるかなあと思ったら、更に伸びる伸びる。

その後も『印籠チャンス』当選が続き、以降は『表堅実』でコツコツと。
それでも直乗せでコンスタントに乗ってくれるので、胃痛も解消されました。
つーか、これ取りきれないんじゃないのって。
純増も2.5って感じよりもうちょっと多いくらいにブレてくれてますし。
乙女は逆のことが多いのですが、ここは麻雀っぽいかなと。

良い展開に、お銀同行&『Shdow Chase』でノリノリで消化できました。
正直、疲労感と倦怠感で、首と肩と腰と肘と手とがガタガタですが、
そんなこと気にする場合かと。はよぶん回せと。
壊れたら良いのだと。手が壊れるまで回せ。頭も壊れろ。
そう言い聞かせながらぶん回しでした。

最初の『勧善懲悪アタック』で何度も堪能できていたので、
以降のお銀分身乗せの長押しはスルーで(時間が迫っているので)。

あと、上述したことと矛盾するようですが、
時間が迫っている中での『紅炎モード』はやきもきですね。
疑似らんで良いからはよ次行ってくれと贅沢な文句を言いたくなったり。

結局、56G取りきれず閉店。
あの時間から巻き返せた上に充分すぎる浮きなので大満足です。
お銀同行で閉店なのは勿体無いですが、お銀で楽しめたので良しと前向きに。

弥七が全く見れなかったくらいで、この短時間でこれだけ纏まって堪能できれば充分です。
『初代モード』も見てみたいですね。

前任者が差枚6000以上でしたので、自分と合わせると差枚9000以上に。
同じシマで怒り心頭でハマっていたチンピラ風のお兄ちゃん、何故こっち取らなかったかと。
そのおかげで大助かりだったのですが、怒りの視線が痛かったです。
ポンポン乗り出したり、大きく暴れたり、間違えだした時の黄門ちゃまは凄いでしょうね。

通常時を長く回していないので偉そうなことは言えませんが、
これ、作り込みが半端じゃないですね。これは凄いと思いました。
システムやゲーム性は勿論のこと、演出も音も役物も楽曲も実に練り込まれているなあと。

随所にとことん練り込またヤバさ、プレイヤーをのぼせあがらせるマジチキ感。
『ラブ嬢』とはまた違う方向で拘りが尋常じゃないですね。オリンピアやってくれるわ。
ヒキ損なしでいついかなる時でも熱くなれるのが素晴らしい&危ないですね。
これ、好きな人はとことんハマるでしょうね。

やじきたの悪いところを巧く消した感じって印象もあります。
あべしや周期は好きじゃない方ですが、これなら良いかなと。
マジックモンスターとはゲーム性がまるで違うので比較自体が間違いですけれど、
コミカル感もさることながら、お馬鹿感やインパクトも巧いですね。
これは人気があるはずだわと。お店は増台するんじゃないかなと。

それを強く感じながら、帰りの車中で疲労感と満足感に暫く打ちのめされていました。
そう言えば朝から何も食べてなかったと、この時点で始めて気が付いたくらいです。

帰りは運転するのもしんどい状態で、途中でコンビニに寄って車中で暫く休憩。
おにぎりと栄養ドリンクと錠剤でドーピング。

勿論、こんなことを言えるのも良い結果だったからで、1は本当に地獄だと承知しております。
1の割が凄いし、酷いデータ&グラフは本当に変な汗が出る程の酷さですもんね。
駆け抜けが当たり前に多いでしょうから、裏に挑む人の気持ちもわかるなあ。

帰宅したらこの記事を書こうと思いつつ、いつの間にか寝てしまっていました。
『ラブ嬢』メインであることのリスク、自身の立ち回りの甘さと頭の悪さも改めて感じられ、
今後の反省点も沢山見つけられましたし、今回助けられたことを活かしたいですね。

それにしても、まさかリュクスならぬアヌスに助けられるなんて。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2696-86ca714b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。