日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食後を終えて、いつの間にか寝てしまっていました。
起きてからこの回を視聴しました。これで遅れは消化しました。
まだ頭が鈍く、ちゃんと働きませんが、このまま書いてしまいます。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方は、ご注意くださいませ。






前回が神崎編集長なら、今回は正しく由樹が軸となり、劇的に本作を覆した回ですね。
正にオセロの白を一気に黒に塗り替えるが如く、凄まじい展開でした。

この展開自体は視聴者の誰もが思い浮かべていたでしょう。
ただ、正直もうちょっと後かなあと思っていました。
自分の感覚だと、結構展開が早いなあという印象ですね。このテンポ感は悪くないですね。
尤も、普段は特撮以外のテレビ番組はほぼ視ないので、一般的な夜のドラマは無知ですが。



由樹のルサンチマンが表出して、そして叩き付けられた回でした。

そもそもの話、リサよりも由樹の方が圧倒的に有利なんですよね。

だって、由樹は「書かなくても良い」訳で、どちらでも「選べる」訳ですから。

ところが、遠野リサはそうはいきません。それが仕事ですから。
遠野リサという名前と存在自体が絶大なブランドですから。
もう一人歩きしてしまって、あまりにも巨大になりすぎています。
リサの苦悶はここにも起因する訳で、息子の仮面ライダー龍弦と実母の問題もありますしね。
この辺りも含め、いつもながら中谷さんの心情表現が実に良いです。

由樹は長野に戻ってウルトラマンゼロ人間体と結婚するというゴールがある訳ですしね。
リサを切り捨てて、長野で夫婦生活をしながら作品を書いて投稿したって良い訳ですし。
他の出版社にシフトしたって良い訳ですからね
(リサや神崎編集長は圧力を掛けたがるでしょうけれど)。

もう一つ言い方を変えれば、由樹はここで駄目になっても、失う物が無い訳です。
リサはここで縁が切れたら困る訳で、ゼロではありません。マイナスになります。

由樹はまだ世に出てない訳で、夫婦生活も執筆活動もゼロからいくらでもやり直せます。
リサはもう引き下がれません。自分の保身としても、ビッグプロジェクトである映画化も。

由樹はそのことをわかっていて強気になるのも当然です。
終盤で調子に乗った言動で挑発的なところは痛快でもありました。
皮肉として口にしたシャンパンのラベルの件もまた然り。

リサが頭を下げて懇願したあのシーンは強烈でしたね。
次回予告で眼にした時から痛烈でしたけれど、これはもう決定的ですね。

「ただいま」という台詞も実に巧いですね。
たった一言で、由樹の優位性がありありと伝わります。
敬語じゃない点からの二重の含意が秀逸です。



さて、またしても次回予告が凄いことに。
恐らく今回と同様にヒキとして使われる場面でしょうけれど、本人が自ら暴露とは。
これは暴露であり、告発でもあります。しかもリサの隣で。
現在の由樹の言動は強烈極まりないですね。
人それぞれ、痛快だと感じたり、その逆だったりもすることでしょう。

あの場で口にするというのが凄いです。
映画化の制作発表か記者会見らしき舞台で、みんなの前で、リサの隣で言うのですからね。

これは効果絶大です。
リサを一気に突き落とし、そして自分が一気に脚光を浴びる訳ですから。
これで世間は由樹を求めるでしょうし、由樹は自分の名義で作品を世に出せます。

勿論、あの場で堂々と由樹が宣言したからと言って、判断は早計ですけれどね。
みんなが一斉に信じたりはしないでしょうし、何より当事者たちが否定するはずですから。

いずれにせよ、今まで狡猾に立ち回って二人を操ってきた神崎編集長にとっても大きな展開です。

やっぱり展開が早いと感じますね。次回も要注目です。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2695-9559fc33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。