日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特撮ヒーロー番組以外のテレビドラマを視るのは自分でも新鮮です。
勿論『ウロボロス この愛こそ、正義。』は最初から視る気満々でしたけれどね。

最初に申し上げておきますが、ごくごく私的な感想です。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方は、ご注意くださいませ。






序盤らしいペースでありながら、もうこの時点で確実に変化が生じていますね。
その変化は「歪み」と換言すべきところでしょうね。

今まで一度も原稿を落としたことがなかったリサが原稿を落としたこと、
由樹の憧れとチャンス、そこから由樹とウルトラマンゼロ人間体の関係性の変化、
そして、リサの方にも仮面ライダー龍弦と実母の切実な問題が。

現時点では、神崎編集長の計画に狂いはなく、彼はオイシイ立場です。
最初からリサの賞味期限を見極めて切り捨てる算段ができているのは凄いですね。
勿論、皮肉ですけれど。

当たり前の話ですが、この流れで由樹はリサの方にシフトしていくことになります。
個人的にはウルトラマンゼロ人間体の出番が減ることが心配です。

個人的に、他に着目したい人物としては小田くんですね。
彼がどの段階で真実に気付くのか、その後で彼はどうするのか、期待大です。

前回の感想で『ニ次元JUMPIN'』との相似性を挙げましたけれど、ここもそうなんですよね。
『ニ次元JUMPIN'』では最初の時点でそれを知って、その上で話が進みます。
この違いも、それぞれに味わい深いですね。ヤンジャン読者としてもニヤリです。

勿論、中谷さん演じるリサの葛藤、苦悩など、そのお芝居が最も惹かれるところです。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2672-0577d0ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。