日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『極!!男塾』第21話……特攻賽子隊!!  

宮下あきら先生、待望の新連載!!

シリーズ最終章、遂に開幕である!!


全く新しい『男塾』がここにある!!

と言う訳で、今年も男塾節全開で楽しくて仕方がありません。

以下は今回の内容に触れた感想ですので、未読の方はご注意くださいませ。






まずは、一つ訂正を。

前回の感想でとんでもない大失態がありましたね。




一つ気になったのが、「極」組の三人が纏ったサイコロって、
全員正面の出目がバラバラなんですよね。
この辺りの着眼が今後の展開に活きることはないかもしれませんが、
どこかでネタとして活きてほしいような気も。





こんなこと書いていましたが……。

バラバラじゃないじゃん。

「あちゃー! やってしまった」と思いましたね。
我ながら恥ずかしい限り。穴があったら入りたいとはこのことです。
周知&羞恥プレイとして、ここにしっかり書いておきます(笑)。



さて、チンチロリンブラザーズの「必勝大須」で圧倒される「極」組。
こちらがアウェイとは言え、ここまでやられっぱなしなのは堪えますねえ。

どうやって切り抜けるかと思えば……!

ここで敵の親玉に気付いたのは良かったですね。
生徒会長、流石ですね。ここで突破口となる鍵を見つけたのは大きいです。

そして、ヘビを倒して、見事に……!

1のゾロ目!!

待ってたよ、「極」組!
やってくれましたね! やっぱり男塾はこうじゃないと!

ここからどう展開してくれるのか、非常に楽しみなところです。
やっぱり正攻法なのかなって思っていますけれど。



別冊ゴラクの方の『男塾外伝 伊達臣人』も熱い展開なんですよね。
飛燕好きなので、燃えまくっております。
こちらも本誌が『ゴラクスペシャル』としてリニューアル決定で嬉しいです。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2638-59e18648
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。