日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇場版と第0話も踏まえて、ますますエンジン全開の展開で堪りません。

一連の事件も、いよいよ大詰めです。
『暗黒の聖夜(イヴ)』に纏わるお話が、この時期というのも巧いタイミングですね。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方は、ご注意を。





仮面ライダードライブとハートロイミュードの対決、
しかも、敵は限界を越えた状態という凄まじい戦いです。

チェイスが止めに入ったところは思わず胸が高鳴りました。

ロイミュード側の進展や変化も描かれていく中で、
改めて進ノ介くんたちも一歩踏み込んだ描写があったのは嬉しいですね。

今までの霧子ちゃんなら笑顔になっても「笑ってません」と否定するところを、
「笑って何が悪いんですか」と。涙を流しながら……。
これには胸を打たれましたね。やっぱり、この二人は良いコンビです。

前回のハートに続き、今回はブレンの魅せ場も多くて良かったです。
「〇〇で〇〇で〇〇」といういつもの三拍子もお約束。

それにしても今回の構成にはやられました。

ここで西堀光也に繋がるとは!

なんというニクイ構成! 堪らない仕掛けですね。

我らが課長も凄かったですね。
電話でただの無駄話じゃないところが流石。

「はい、行けちゃうようになりました。西堀の面会」

あっさりクリアですもんね。

最高です。

「泊ちゃんに、貸し1」も最高(笑)。

テレビシリーズと冬の劇場版と時系列で地続きなので、
相互に影を落とし合う構成には期待していましたが、これにはニヤリです。

あご勇さんが三週続けてご登場というのもまた然り。
最初は1話で綺麗に解決っぽく見せておいて、この秀逸な構成ですものね。
ルー大柴さんもそうですが、キャリアのある役者さんのゲストはやはり嬉しいです。

前回に引き続き楽しみだったバトルも、充実した内容でしたね。
フッキングレッカーで敵を拘束したり、今回も巧い魅せ方でした。

霧子ちゃんがトライドロンに乗っているシーンは、劇場版を連想しながらも、ヒヤヒヤしたり。
劇場版の方はイケイケゴーゴー霧子ちゃんでしたが、今回はあご勇さん巨大態ですしね。
ここで現れたのが……!? 劇場版に続いてニクイ仕掛けですね。
次回で本格的にお披露目なので、今から楽しみで仕方がないです。
所謂「角じゃない」仮面ライダーの久々の登場で、懐かしさと新鮮さが同居した心境。



チェイスの元の姿、即ち『000』も明らかになりました。
やはりロイミュードとは出自が似て非なる存在でしたね。
顔からも明らかなように、サイバロイドということでしょう。

そして、ボルトの一連の事件に更なる真の狙いがあったとは。やられました。

メディックが目覚めて、新たなる幹部クラスの登場と見て良いでしょうね。
ゴスロリ風の黒いナースっぽい服というのがまた。
名前も含めて回復役を担う存在だと読んでます。
『死神』が「粛清(及びやり直しのチャンスを与える)」存在なら、
『医者』は、その名の通り、壊さずして治したり、更には強化するのかもしれませんね。

ハート(心臓)、ブレン(脳)、次が女性でメディック(医者)というのも堪りません。




最後のオチも良かったです。
霧子ちゃんがおめかしでめっちゃ可愛いのは勿論のこと、
特状課全員集合でどんちゃん騒ぎになるってのがもうね。
結局、二人きりではなく、誕生日とクリスマスと特状課の忘年会も一括で(笑)。

それぞれのサンタとトナカイも実に良かったです。現さん最高(笑)。

さて、次回はいよいよ新たなる仮面ライダーの登場で期待大です。
タイヤが右肩にあるので、既存のシフトカーとの互換性も気になりますね。
クリム博士が完成させたシステムではないでしょうから(協力は有り得ますが)、
その出自と変身者も含めて気になるところです。ああ、楽しみー♪
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2565-a4b10a72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。