日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更に物語が加速していく展開になりました。
毎週楽しみで仕方がありません。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方は、ご注意を。






前回の事件から尾を引き、まだ影が残っている展開というのが巧いですね。
やっぱり、あご勇さんは続けてご出演と。こうじゃないとね。
発明おじさんが何者かわかって、なるほど納得。
美波護郎という作家で、敵の狙いは彼の小説にあった悪事の再現……!

ボルトロイミュード復活の仕組みは予想通りでした。

いよいよロイミュードの幹部についても掘り下げられる展開になりましたね。
サブタイトルの通り、ベルトさんと因縁のある幹部について告白が……。

最初期の三体(ロイミュード001~003)のうち、
ハートとブレンが含まれているのは明白です。

同時に、第0話の視聴者なら、チェイスがそこに含まれないことも明白。

今回は幹部だけでなく、『死神』の変化についてもはっきり描かれましたね。
霧子ちゃんを撃たなかった、否、「撃てなかった」時から明らかに様子がおかしく、
人間に対する感情も、自分自身に対する混乱と拘泥もはっきり目に見えます。

自己の存在について苦悩するダークヒーローは実に好みですので、
今後もチェイスについては期待が募るばかりです。
相川始くんは日常でまだ人間とのふれあいがありましたが、彼はそれすらないですしね。

ベルトさん本人の口から語られた過去で、色々と判明しましたね。
『ばんの』という名前の博士は『蛮野』の表記で良いのでしょうか。
『バン』ということで、これも自動車ネタからのネーミングでしょうね。
実に仮面ライダー的なエピソードで、思わず高揚しますね。
二人の関係性は『キカイダー REBOOT』のあの二人の科学者も連想したり、
『ロックマン』のDr.ライトとDr.ワイリーを連想しました(Dr.コサックもそうですね)。

なるほどなあと。
第0話の感想で過去についても触れましたが、間違いがありましたね。
ああ、恥ずかしい。消して書き直すのはアンフェアなので羞恥&周知プレイで(笑)。
そもそも、人間にプロトドライブの力を与えた訳ではなかったのですね。
わかってみれば当然ですし、この方が筋道としてもしっくり来ますね。
ある意味、劇場版のサイバロイドZZZともリンクすることですしね。

いよいよハートロイミュードの出番が増えてきて、燃えました。
デザインと造形がめちゃくちゃ格好良いですね。やられたなあと脱帽。
フィギュア造形のプロでもある竹谷さんのデザインですから、造形美も正に納得。
一歩間違えればゴツイだけになるところが、ボディーラインも絶妙で素晴らしいです。

蕨野くんのお芝居も実に味があって良かったですね。
今までの飄々とした態度から一変して、悪の幹部らしい鋭さも魅力的です。

正に心臓であり、ハートとハートの燃える勝負。
内燃機関の限界値を越えて、自分でも制御できない『デッドゾーン』とは恐ろしい……。
なるほど、事前にチェイスに頼んでいたのも納得です。
今後、この「自分でも制御できない」という辺りが、鍵になるかもしれませんね。
突破口になるのか、あるいは暴走の果てに更なる怪物になるのか、
いずれにせよ、この点は着目していきたいところです。

緊張感漲る展開で、特に霧子ちゃんが電話を取るシーンの演出が良かったです。
緩急(感泣)の付け方が実に巧い構成だと、今までの構成から痛感してます。

シフトチェンジにタイプチェンジ祭りというのも良かったです。
シャドーの出番が多くて、分身と言うのも痺れましたし、
久々のミキサーも、良いところで使ってくれたなあとニヤリ。
次のバトルも期待しています。

それにしても、とんでもないヒキでしたね。
進ノ介くんの覚悟と言葉には驚愕しました。
自分が死んでもベルトさんさえ無事なら、新しい誰かをドライブにできるって……。

この台詞には思わず感極まってしまいました。進ノ介くんが格好良すぎます。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2563-12eeced5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。