日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ冬の劇場版も近付き、タイピングの指も悴む季節になりました。
何だかんだで周回遅れなので、二話分続けて一気にギアを入れて更新します。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方は、くれぐれもご注意くださいませ。



久坂くんと高杉くんのお話の後編です。

冒頭から意外な展開で、引っ掛かりましたね。
魔進チェイサーが霧子ちゃんを撃たなかったこと、
「撃てなかった」こと。
これは、今後もずっと響いてくる重要なところでしょう。

人間を殺すことを躊躇してしまったこと、それを彼自身が葛藤し、激昂したこと。
そして、ハートやブレンの台詞も併せて気になりますね。

仮面ライダーを倒すことが奴の「宿命」だと。

ハートとブレンと一緒にいても、チェイスはやっぱり違うのですよね。
彼はまた出自が異なる存在だと思われますし、それは本来の怪人態からも明白。
ハートとブレンはロイミュードとしての肉体がありますが、彼はまた違いますし。
魔進チェイサーの装甲も、ブレイクガンナーで姿が変わる(変身する)こと、
これらも実に仮面ライダー的ですからね。

チェイスは「造られた」存在であり、実はハートとブレンの駒なのかもしれませんね。
冷酷に徹しきれずに自分自身でもそれに苛立ち苦悩するということは極めて重要。
彼が今までこんなに動揺するところは見たことがありませんでしたからね。
感情のコントロールが不完全でもあると言えますからね。
つまり、これこそハートとブレンの『改造』あるいは『洗脳』に起因するのかもしれませんし。
気になって仕方がないし、本作の根幹を貫くであろう要素の一つですね。興味深いです。

勿論、現時点での判断は早計ですけれどね。
仮面ライダーチェイスになってくれても嬉しいですし、
終盤までライバルとして衝突してくれても燃えますし、
どちらにしても、実に魅力的で期待大です。

プロトドライブの能力を利用されているのは、カラーリングからもニヤリですが、
では、一体誰が、いつ、どのようにして完成させたのか。それも気になります。
ロイミュード側にも更なる幹部や黒幕が控えているのは間違いないでしょうね。


ドラマの作劇としては、人間とロイミュードの利害関係が一致していたという事件の背景、
それゆえに今までのロイミュードとは全く違う進化を遂げたこと、
これらが重要なポイントであり、実に巧い魅せ方でしたね。
流石は長谷川圭一さんですね。三条さんと共に、今後の作劇にも期待してます。

今回のエピソードは事件以外の肝の部分であり、そこがまた巧いですね。
事件の最中にも、重大な要素がありました。
霧子ちゃんとの一件。こちらも実に味わい深かったですね。

進ノ介くんに対する霧子ちゃんの言葉が堪らなく胸に染みました。

「だって、私はあなたの……バディですから」

晴れて早瀬くんにも紹介という流れで、最後も良い締めでしたね。

久坂くんは永岡卓也さんが、高杉くんは内野謙太さんが、
それぞれに演じられて文句なしの良いお芝居。お二人の出番も全編を通して大きな味わい。
お二人共特撮ヒーロー作品には縁がある方ですし、この共演は嬉しかったですね。



そして今回で特筆すべきは、やっぱりアレですね。
ハンドル剣に続く武器が銃ということで、進ノ介くんはハンドル銃だと予想。
まあこっちが自然な連想だよね。そう思うよね。

ドア銃って。

今回は剣の時以上に、正に「そのまんま」ですもんね。
『仮面ライダー電王』以上の「そのまんま」感ぶっちぎりなネーミングセンスが最高。

最高です(笑)。

弾丸のチャージもドアの開閉というそのまんまなギミックが良いし、
「半ドア」だとダメという拘りもツボすぎます(笑)。
この件でのりんなさんとの絡み、ベルトさんのあの音声も笑えました。実に楽しいー♪

さて、次回はニューボディ『タイプテクニック』の登場!

これは予想していた通りでしたね。
正に「技の1号」で、ボディーが明るい「グリーン」というのがまたニクイですよね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2534-afbc2551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。