日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
筒井哲也先生はヤングガンガン時代から大好きです。
『リセット』『ダズハント』『マンホール』も読んでます。
無論、『予告犯』も最初から購読してました。

そこで待ちに待った新作『有害都市』が連載開始。
連載開始当初に感想も書いて、『ジャンプ改』で愛読してきました。

ところが……。

既に皆様もご存知の通り、『ジャンプ改』が休刊となってしまいました。
好きで購読していた雑誌だったので、今でも悔しいです。
やっぱり漫画読者がちゃんと漫画雑誌を自分で買わないと駄目なんだと改めて痛感してます。
買わないでおいて休刊になった時だけ文句言うのは筋違いだし、口出す資格がないからね。

『ジャンプ改』で連載されていたそれぞれの作品は、それぞれに移籍先が決まってます。

『有害都市』は『となりのヤングジャンプ』で連載決定で、安堵できました。

表現の自由を巡るという異色作にして、とんでもない問題作です。

これでこそ筒井哲也先生だと感じてます。
古参読者には言わずもがなですが、『マンホール』における長崎県のあの一件もありますし。

読者として非常に腹立たしく思っていたので、
漫画ファンとして本作には格別の想いがあります。

漫画ファンこそ本作を一読してみるべきです。

勿論、他の分野の娯楽が好きな方もまた然り。

規制とシーンの萎縮で本当に良いのか。
それが送り手と受け手の為になるのか。
そんな蟠りを抱えている人こそ、是非とも読んでみて頂きたいですね。

そして、何よりも「無関心な人」にこそ一番読んでみてほしいところでもあります。

連載開始当初に書いた感想も挙げておきます。
興味がある方は、ご覧ください(というか興味がない人にこそ知ってほしいところ)。

筒井哲也『有害都市』第1話「異変」



さて、それでは今回の第0話の感想を以下に。
内容に触れた感想ですので、未読の方はご注意ください。



表現は誰のもの?

規制は誰の為?


本当に有害なのは、何なのか? 誰なのか?

絶望は、愚か者の結論である。

常に現代日本の病理を抉り続けてきた奇才・筒井哲也先生の最新作!
遂にその『第0話』がここで明らかになる……!!




まず、何よりも『週刊ヤングジャンプ』に載ったということが嬉しいです。
漫画ファンとして、筒井先生の読者として、ヤンジャン購読者として、嬉しい限り。

『第0話』ということは、当然『ダーク・ウォーカー』執筆前の時代ですからね。
もう、この話数表記だけで、胸が高鳴っていました。



5年前の『第0話』でも、やっぱり「あっちの側の人」が登場。

故寺修。彼も「有識者会議」の一員。
『ジャンプ改』の『第2話』に出てきた彼をここで活かすとはニクイですね。
髪型の違いと、歳月についても、今までの読者ならニヤリとしたはず。

ラストで、「現在の編集者」である比嘉忠岑さん登場でバトンタッチという流れ。
これもまたニクイですね。今まで読んできた読者には堪りませんね。

所謂『エピソード・ゼロ』として非常に良い纏まりと魅せ方です。

今まで読んできた読者にも、今回で初めて入った方にもベストな構成かと。

読んでみて少しでも気になった方は、
今後の連載や、筒井先生の今までの作品を読んでみるのもまた一興かと。

このシグナルに反応できた人こそ、この警鐘に共鳴して広められる人です。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2520-85180144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。