FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
本誌を未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。

ふなつかずき先生の最新作!!

コミックス第2巻、絶賛発売中!!

アキバ発!新感覚妖怪バトルラブコメ♡
『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!!

強 す ぎ る 大 妖 怪 !!

リニューアルされた先生の公式サイトも必見!!

『ギャラリー』コーナーが新設!!
超美麗イラストのオンパレード!! 必見!です♪


イラスト、公式ブログなど、盛り沢山の充実した内容!
先生と轆花ちゃんのツイッター公式アカウントも要チェック!です♪



それでは、感想を。

ふなつ先生の漫画に出逢ったその時から、妖怪たちとのぱにゃにゃんタイム!

よっしゃぁ~いくぞぉ~!!

ぱにゃにゃ~ん♪






前回は我が推しメンのニアちゃん大活躍&ヒキのヤッキーが最高に格好良かったです。
そして、今回。前回のヒキがそのままに、再びヤッキーの宣言が拝めて感激!!

これこれ! これだよね!
ヒーローは遅れてやってくるもので、やっぱり「男の顔」したヤッキーは最高に格好良い!

ただ、敵があまりにも強すぎて、この人数でも不利という異常事態(人間は一人ですが)。

攻略法については前回の感想で触れました。
当然の如く、今回の本編でもそこは言及されてましたね。
攻撃されながらヤッキーが感じた通り、やっぱりこの距離が問題であり第一関門。
そして、近付いたところで、奴の身の周りはあの竜巻でガードされてます。

正に鉄壁の防御ですし、攻撃は最大の防御を地で行く無敵っぷり。



今回は燃えるバトルも最高ですし、その上で泣けるドラマも堪りません。
これにはグッときました。目頭が熱くなりました。

友達。

この想いをまっすぐすぎるくらいにひたすら貫く轆花ちゃんに泣きました……。

その上で、大天狗の方からあまりにも残酷すぎる言葉が。

ヤッキーを殺せという命令。

ヤッキーさえ始末すれば、ニアちゃんも含めて他の全員を助けてやるという脅迫。

どこまでも汚い野郎です。



前半のバトル、中盤の轆花ちゃんの決死の行動と貫く想い。そして、ラストの一撃……。

とことん読ませる内容で、ふなつ先生の構成と絵で唸らせる説得力に脱帽です。

そして、衝撃でした……。



さて、あまりにも衝撃的すぎて、楽しく考察って心境でもないのが本音です。
まあ、これは単なる言い訳で、私が頭悪くて思い浮かばないだけですけれど。

ヒキのあの一撃はフェイクだったらなあ……と思いますが、流石に無理があるよねえ……。



ここで重要になってくるのが、カッパさんの言葉でしょう。

彼女に耳打ちした言葉とは何か。

恐らく、これが前回で触れた攻略に繋がる鍵になるはずだと睨んでいます。
大天狗の懐に飛び込むこと。つまり、ゼロ距離攻撃ではないかと。
この場合、カッパさんの言葉は「奴の隙を作れ」ということかなと。

それができるのは彼女だけでしょう。

敗北も認め、従うことも認め、何もかも諦めて言いなりになると伝えて。

――と思わせておいて、油断した隙にたった一度のチャンスを作ることかと。

読んでいて、カッパさんの位置及びそれぞれとの位置関係が気になってました。
ヤッキーの出血も、カッパさんが懐に忍び込んだ上での小細工なら……。
と思いたいところですが、その前のページのカッパさんからして、これも却下ですね。

あるいは、派手に出血させたところまでは本当で、
尚且つ致命傷に至らないギリギリの深さで一撃与えていたとしたらなあと。

いずれにせよ、一連の行動の中で、大天狗の隙と油断を狙うという読みですが、はてさて。

あー! あと1分で日付け変わっちゃうです。
何とか3週連続当日更新キープできたです。今後も習慣付けたいですねー。

って、なんで轆花ちゃん口調なんでしょ、私(笑)。

と言う訳で、また次回。

次回もレッツぱにゃにゃ~ん♪
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2519-30533959
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top