日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更に面白さが加速する一方で、毎週楽しみです。

長谷川圭一さんが本作にもご参加というのが嬉しいです。
三条陸さんと再びコンビで、ゾクゾクするねえ。絆、ネクサス。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方は、ご注意くださいませ。




今回もまたクセのある構成で、刑事ドラマらしい魅力にも満ち溢れてます。
三条さんと長谷川さんのコンビですから、期待に胸が膨らむばかりです。

特撮者には説明不要の漆黒騎士ブライトンこと永岡卓也さんがゲスト。
これは楽しみだなあと期待していたら、なるほど。そういう役所ですか。
『クサ・カ(草加)』ではなく、『ク・サカ(久坂)』でしたけれど、
久坂という役名を耳にした瞬間、やっぱり過剰反応しちゃいますねー。

しかも、同僚の高杉くんはクゼ・テッペイ隊員じゃないですか。
ここで内野謙太さんとは嬉しさ倍増ですね。

レギュラーの幹部の二人、蕨野くんも松島くんも毎回楽しみです。
所謂説明ポジションでもあるブレンの役所で、くどくもなく、さらっとしすぎでもなく、
独自の口調と表情も含めて、松島くんも良いお芝居されるよなあと改めて痛感しました。

新聞社の三人のそれぞれの過去と、進ノ介くんと早瀬くんの今の関係、
そして霧子ちゃんの感情が露わになるという構成が実にニクイですね。

過去のスクープの『捏造疑惑』から、今に至るという展開も秀逸でした。

予告の時点で気になっていた今回のロイミュードにも唸らされましたね。
「スクーパー」というネーミングも巧いと思いました。
今までとは全く違うタイプの進化を遂げたというのも特筆すべき点ですね。
人間をコピーして終わりではなく、欲望を抱く者同士で利害関係が一致して組むって凄いね。

前回のエピソード同様、「守るべき人間の中にも悪事を犯す者がいる」という点、
それでも進ノ介くんは「正義ではなく市民を守る為に立ち上がる」という点は、
本作の通奏低音と言えるでしょうね。これは大切だと思います。
光が濃いほど影も濃くなる訳で、両方を描いてこそ『仮面ライダー』ですからね。

ロイミュードの設定はイマジンにも通じる訳ですが、シンプルに見えて実に奥深いですね。
これは今後のロイミュードやゲストの役者さんにも更に期待が高まるというものです。

進ノ介くんは当然ながらタイプワイルドにもタイプスピードにも変身してくれて満足。
種類が豊富なシフトカーの使い分けに、ますます期待が高まります。

邪魔に入るのがお約束の『死神』も、バイラルコアを三つ使ってきたので、見所満載。
スパイダーの斬撃、コブラの鞭、バットの銃撃も実に格好良いです。

改めて感じたのですが、魔進チェイサーのカラーリングは黒と紫のバランスが絶妙ですね。
そしてバイラルコア装填での武装。このカラーリングの妙味も好きなところです。
アクションシーンで、武装チェイサーとしての背面も拝めるのはニヤリですね。

緊張感があるシーンが全編通して多く、また味わい深い回でした。
そんな中で、安心と信頼の課長と現さんの顔芸はいつも通り最高(笑)。
予算が大幅に削減、ゼロが一つ少ないって、世知辛いなあ。
鶴ちゃんの「プッツン!」は最高(笑)。

さて、とんでもないヒキでしたけれど、どうなることやら。
順当に考えて、シフトカー及び生成された道路でガードってところでしょうか。

ベルトが外れて変身解除というお約束もありました。
これって、チェイスとの違いとしても大きいですからね。

ともあれ、霧子ちゃんのサポートは今後とも期待大。
バーニングソーラーは今後も霧子ちゃんにガンガン使ってほしいですね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2512-bea22552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。