日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『妖怪少女 -モンスガ-』第34怪 神との遭遇!です♪  

週刊連載感想が周回遅れになり始めてから、このように情けない形に……。

こうなると、「遅れた分を巻き返したい」という意識が最優先になります。
そして、それに囚われながら、また遅れる形に。

正に悪循環です。

それならば、書きたい気持ちが強い時に、まずは買ったばかりの本誌があるのだから、
そこから書き始めたら良いじゃないかと。今がスタートってことで。
毎週の本誌購読とアンケートプッシュは続けてますよー(見苦しい言い訳)。

遅れている分は、また後からフォローしたいと考えてます(笑)。
ここは私個人の遊び場ですからね。マイペースでやりたいように続けます。
それでも、不義理な形でここまでズルズルと来てしまったのは、申し訳なく思います。

地面に頭を擦り付けて、ふなつかずき先生と大津一基市長にお詫び申し上げたいです。
ふなつ先生には木刀を、NON先生にはネギを持って頂き、
前後からそれぞれに叩かれる刑で一つ。
無論、ふなつ先生は後ろ側からです(笑)。

さて、私のくだらない前置きはこの辺にして、感想を。

ふなつかずき先生の最新作!!

コミックス第2巻、絶賛発売中!!

アキバ発!新感覚妖怪バトルラブコメ♡
『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!!

灼 熱 の 展 開 !!

リニューアルされた先生の公式サイトも必見!!

『ギャラリー』コーナーが新設!!
超美麗イラストのオンパレード!! 必見!です♪


イラスト、公式ブログなど、盛り沢山の充実した内容!
先生と轆花ちゃんのツイッター公式アカウントも要チェック!です♪



それでは、感想を。

ふなつ先生の漫画に出逢ったその時から、妖怪たちとのぱにゃにゃんタイム!

よっしゃぁ~いくぞぉ~!!

ぱにゃにゃ~ん♪






週刊感想を書きそびれてきた間に、堪らない展開の連発!
(くどいようですが、ちゃんと本誌購読&アンケート支援はずっと継続しています)

京ちゃん登場からの展開も大いに楽しめました。

そして……!

待ちに待ったニアちゃん登場!

読切時代からずっと楽しみだったので、彼女の登場は嬉しい限り!!
今後、如月のブログは全力で鈴鳴ニアちゃん推しでいきたいと思います。

そして、更なる新展開に突入で、強敵の登場!

伊達龍之介キターーッ!

じゃなくて(ロン毛と言ったら、やっぱりお約束のこのボケでしょう。笑)、

「空神」登場!

ふなつ先生ならではのコミカル展開も大好物で、ラブコメも最高。
舞台や設定についても、説明臭いやり方ではなく、楽しい描写で読者にしっかりと伝播。
その上で、このバトル展開ですからね。いやー堪りません♪



ニアちゃんを執拗に狙う空神。

ニアちゃんを救うべく、轆花ちゃんは立ち向かい、そしてある秘策を……!?

ところが、半分成功、半分失敗!?

というのが前回までの流れ。

GPS機能というのは良かったし、なるほどなあと思ったのですが、
ヤッキーがソロで遭遇しちゃったってのがね。これも実に巧い展開!



今回は冒頭のコミカル要素(主に轆轤首の子が担当。笑)以外では、
ほぼ全編、迫力満点の熱いバトルで進行。
こういう構成も単純に燃えますね。文句なく燃える展開ですので、是非ともご一読を。

かつて『週刊少年ジャンプ』をワクワクしながら読んでいた子供の頃を思い返す感覚!

これなんですよね。ふなつ先生、バトル描写も凄まじくお上手ですし。



いっちゃんの閃きと不意討ちも良かったし、それに続くニアちゃんもナイス!

裏の裏まで練られた連続攻撃というのも熱くて良かったです。
ここでの魅せ方、見開きなど、これもふなつ先生の手腕が冴えまくって最高です。

ニアちゃんが自分自身で一撃与える絶好のチャンスだっただけに、
ここで避けられたのは、誰よりもニアちゃんが悔しかったでしょう。

これも避けられるなんて、いよいよまずいんじゃないか……。

と思っていたら、我らがヒーロー来た!

待ってたよ! ヤッキー!!



裏の裏のそのまた裏!
多重残像拳ばりに決めてくれる見事な展開!

ニ連発で決めたかと思ったら通用せずにピンチに。
ここで一度凹ませておいて、ヤッキーの一撃ですからね! 最高!

より高くジャンプする為に一度膝を屈める的な展開が堪らなくツボです!




ヤッキーの見事な一撃が決まりました。
とは言え、これで解決という訳には当然ならず。

相手が攻撃にも防御にも撹乱にも空気を完璧に操れるという強さがねえ……。

無風状態の密室に閉じ込めるなんて、この戦況では到底無理ですし、
そもそも、そんな都合の良い空間がないですからね。
あっても、轆花ちゃんたちが息できないですしね。何言ってんだ私(笑)。

空気に対して炎というのも思いつきましたけれど、
炎をぶつけても、やっぱり爆炎にして巻き返されそうですからね。

姫の時のように、クリーチャー然としたデザインとのハイブリッドも堪らなくツボですが、
敢えて人間態のままで、それで充分強すぎるってのもニクイですね。
「空神」の怪人態(特撮者的に敢えてこう言う。笑)、別形態も期待したり。

なんだかんだあって、もるちゃんには別の意味で違う誤解を抱かれながらも(笑)、
確実に成長してきて、「男の顔」がますます映えてきたヤッキー。
今の彼に期待しないはずがありません。

かつてない緊張感漲るバトルに今後とも要注目です!

「ヤンジャンの伊達龍之介」にいかにして勝利するのか!
(まだこのネタを使ってみる。笑)

それでは、また次回。
次から、なるべく早く書くクセを身に付けたいです。

次回もレッツぱにゃにゃ~ん♪
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2492-324bd9af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。