日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』19 忠犬女  

『ハレ婚。』祭りに参加してくださった皆様、ありがとうございました。
第2巻発売時には、全く別の内容で企画を開催する予定です。
また楽しんで頂ければ幸いです。

それでは、今回の感想を。

まずは、ご存じない方、初めて知ったという方に、
本作の紹介と、あらすじを。

6/23発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

〇前回までのあらすじ

恋愛運も人生運もサイアクな主人公・前園小春
ある事情から、東京を離れて、帰郷。

四年ぶりの故郷で出逢った謎の男・伊達龍之介

龍之介には妻が「2人」いた。 伊達柚子伊達まどか

「3番目の妻」として求婚された小春。

ある事情から、小春も奇妙な夫婦生活へと……?

新展開、突入。

それぞれのが、それぞれの動きを魅せる!?




以下は今回の内容に触れている感想なので、未読の方はご注意くださいませ。
本作は初めての方でも、どの回から読んでも、絵柄とお話で楽しめるでしょう。

講談社『週刊ヤングマガジン』公式サイト

『コミックナタリー』インタビュー記事(※作品を未読の方は、ご注意を)

『ハレ婚。』祭り

これらと併せて、今から本誌シフトされるも良し、コミックス奪取にダッシュも良し、
ちょうどコミックス第1巻発売で、良いタイミングでもあると思います♪

では、感想を。



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
全く新しい世界! 現代日本に一石を投じる会心の一撃!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!


第1巻は11月6日、第2巻は12月5日に発売決定!!

2ヶ月連続刊行!! 夢の『ハレ婚。』祭り開幕!!


更に、本誌で重大発表あり!!

次号、本誌51号は『ハレ婚。』大人気御礼巻頭カラー!!



〇今回のツイッターPR文

或 犬良にリツイートされました
如月@『ハレ婚。』愛読 ‏@februaryxxxx · 2時間前
【『ハレ婚。』】NON先生の新境地! 大絶賛連載中!
【それぞれの夜】愉しむ女、逃げる女、泣く女……? 19 忠犬女
本日11/10発売の #ヤンマガ に掲載!
コミックスも発売中! 嫁&読め、ハレ婚。ワールド! #ハレ婚。


ハレ婚。19アンケート

同じ読者である犬良さんに感謝♪



は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい

零れ落ちた雫。
ある夜の告白。

その言葉に、相手はとまどう。


19
忠女犬



以前から散々触れていることですけれど、これって当然ですよね。

やっぱ
嫌なんだ・・・・
ご主人様が
他の女と
イチャイチャ
してるのは


って、それはそうですよね。

この一点においても、やっぱりゆずっぺは強いよなあと。

三代目魚武濱田成夫氏風に言えば、
「君が前の彼氏としたキスの回数なんて俺が3日でぬいてやるぜ」的なところありますもんね。
これは龍ちゃんもそうよね。

つまり、「自分が相手を愛すること」こそ大切だと思うタイプ。
まどかちゃんは逆で「相手に自分を愛してほしい」タイプでしょう。

自分自身の気持ちは自分が一番よくわかっている訳で、その意味でも前者の人は強いです。

ゆずっぺは単純に順番だけの『1』に留まらないのが手強いところ。
中身も、龍ちゃんに対しても、自分が『ナンバーワン』だという自信が強みですね。

さて、ここでまどかちゃんの涙を見てしまった小春ちゃん。

どうなることかと思いきや……?

おーい。

「グッ」じゃねーよ。「じゃん!?」じゃねーよ(笑)。

奥サンから奥ニを狙う一発逆転のチャンスて。
こういう「したたか」なところが小春ちゃんらしいよなあと。
デリシンの雅美ちゃんでは考えられない個性で、先生の新しいヒロイン像が堪りません。

「スクープ」をこねくり回す前に、本人に見つかる始末。

そして、壁ドン。

まどかちゃんは、たおやかな笑顔、壊れそうな儚い表情が魅力だと書いてきましたが、
ここに来て、芯の通った厳しい表情も魅せてくれました。これは痺れますね。

勿論、龍ちゃんの想いが強いからこその表情と態度。

まどかちゃんは、普段の清楚で落ち着いた雰囲気からの一撃が魅力的ですね。
言葉数は少なく、それでいてその一撃が非常に印象深いというのがもうね。

しかし、ところがどっこい! はぁ~どっこい!(わからない人はお父さんに訊いてみよう)

たじろぐことなく、毅然と反論するところが小春ちゃんらしいですね。
初期を思い返しますね。小春ちゃんもまた芯の強さが活きてます。良い展開です。

「グッ」の次が「メラッ」なのもツボすぎ(笑)。

「元バラ北高校ソフトボール部エースで4番」って、何気に凄いね!

「茨城の女神」が最高(笑)。

そして、更なる一撃。

主砲(スラッガー)小春。

怒涛の反撃。流石は小春ちゃんですね。
何度読み返しても、ここがツボすぎます(笑)。

腕を握って対抗されたまどかちゃんの表情が何気にツボ(笑)。

今回は夜の出来事なので当然ですが、画面が全体的に黒いのですよね。
この闇夜でまどかちゃんのこの表情、構図というのが実に映えていますね。

そして、毎週愛読している熱心な読者様向けのネタを一つ。

先生の公式ツイートより、10/14に投稿された画像があります。
それは小春ちゃんのイラストです。

「これが本編のどこで使われたか、見つけてみてほしいです」とのお言葉を頂戴しました。

それが今回の14ページ目1コマ目の小春ちゃんです。

心に留めていましたので、一発で気付けました。
ページを捲った瞬間、「これだわ! 来たー!」と一人でお祭り騒ぎ(笑)。

まどかちゃんのあの言葉、そして、それを受けた小春ちゃんのこの表情。

続いて、まどかちゃんの表情。

この流れが堪りません。

やっぱり、先生が描かれる『瞳』と『唇』には心を揺さぶられます。
もう圧倒的な強さと、読者を唸らせる力があるのですよね。

「自分のパートナーが他の子とするのは嫌だ」という一点では二人は通じます。
でも、そもそも、小春ちゃんは『ハレ婚』という特殊な制度自体に抵抗があります。
まどかちゃんは、ここまでは自分なりに咀嚼して消化できているのですよね。
勿論、100%ではないにしても。そこは「龍ちゃんが決めたこと」ですから。

それを踏まえて、この二人の場面は実に味わい深いなあと。
ここで、この二人の組み合わせって実に巧いなあと。

以前にも書きましたが、『1対1』の場面って案外少ないのですよね。
当初は、小春ちゃんと龍ちゃんのそれが楽しみでもあり、怖くもあり(笑)、
そして、回転寿司も一巡ってことで、それでこの展開ですからね。巧すぎます。

まどかちゃんが盲目なのはちょっとアレじゃない?
ってのを伝える小春ちゃんの身振り手振りも可愛くて好きです。
前、前、と来て、次のページでは横、横だもんね(笑)。

覚悟の上よ

だから
放っといて


まどかちゃんはさらっと言ってのけましたが、これも極めて重要な一言。

読者なら、すぐにシグナルを感じたことでしょう。

そう、龍ちゃんがあの時口にした言葉と同じです。

『覚悟』です。

これが、まどかちゃんと小春ちゃんとの最大の差かもしれません。
『3番目の妻』になることを決意して、「やってやるわよ」と宣言しましたけれど、
やっぱり、実際のフクザツ夫婦生活にすんなり馴染めるはずもないですからね。

ゆずっぺの場合、その自覚すら越えてしまって、自然体で自信満々でしょうね。
龍ちゃんと同様、『ハレ婚』自体に疑いを抱いていないタイプですし。

龍ちゃんとゆずっぺの前回。
小春ちゃんとまどかちゃんの今回。


この構成も実に秀逸です。



冷たく言い放つまどかちゃんに対して、小春ちゃんは……?

悩む。

悩む。

悩む~。



それは
できない!!


ここで4番スラッガー来たー!(違)

やっぱり、小春ちゃんはこうだよねー。
黙っていられないこと、動かずにはいられないことには、ガツンと一撃。

それでこそ小春ちゃん。うん、素直に格好良いと思うわ。良い場面!

初期からのアクティヴな彼女が、やっぱり変わらないでニヤリですね。
繰り返しになりますが、デリシンの雅美ちゃんとは違う新しいヒロインだとつくづく痛感。

龍ちゃんがドラマを掻き乱す存在なら、
小春ちゃんはそこに巻き込まれ、溺れて、それでもぶつかっていく子でしょう。

これがまどかちゃんとの大きな違いですね。

正に三者三様のヒロイン像で、実に楽しいです。

小春ちゃんと龍ちゃんの初夜もそうですが、今回も丁寧にじっくり描かれた構成で好きです。
短絡的に決めのシーンをひけらかすのではなく、それまでの『溜め』と『焦らし』が実に素敵!

こういうドラマの積み重ねが作品にとって大きな厚みになっていきますし、
彼女たち一人一人の人間臭さでもありますし、本当に今の展開も好きです。

たまには早めの更新ってことで、意識して取り掛かりました(笑)。



〇ハレ婚。トーク 1

やっぱり早めの更新の方が良いのでしょうか。
週刊連載の感想書いておいて、何を今更って言われそうですが(笑)。
どうも本作に関しては、取っておき→結局遅くなるのターンだったりします。

〇ハレ婚。トーク 2

前回の読者様コミックスゲット報告に続き、またしても追加が。
ご本人様より許可を頂戴しておりますので、ここでご紹介を。



待ってましたよ! 坂爪さーん♪
ご恩があり、私は坂爪さんには一生足を向けて寝られない人なので(笑)、
ここでご紹介しない訳にはいきません。

〇ハレ婚。トーク 3

BGM&Inspired by...

CHIHIRO
『恋花火』

作中には出てきてないですけれど、まどかちゃんの服装から連想したり。

ゆずっぺが明菜様の妖艶であっち方面の楽曲だとしたら、
まどかちゃんはCHIHIROさんのアルバム『Love Fragrance』が似合いそうかなあと。

勿論、Lacroix Despheresは変わらず聴き込んでますよ。
話すと長くなる&脱線しすぎなので、またの機会に別のエントリーで予定してます(笑)。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2484-c8252656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。