FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

『オトノバ』12曲目「今やれることを」  

『週刊ヤングマガジン』で大絶賛連載中!
私的に『ハレ婚。』と共に毎週楽しみで仕方がない作品です。
めっちゃ面白くて、熱くて、読んでいてときめく作品です。

タイトルからもおわかりの通り、音楽漫画です。
勿論、音楽に詳しくない方も全く問題なく楽しめる作品です。

あらすじを以下に、そして感想の方は例によって分割しておきます。

感想は今回の内容に触れていますので、本誌未読の方はご注意くださいませ。



〇これまでのあらすじ

主人公・ダイスケ(星ヶ原大助)は高校生。
青春まっしぐら、思春期真っ盛りで、音楽で世界のスターを夢見て、
数々の音楽をギターでコピーしてはクラスで鬱陶しがられる毎日。
ある日、東京から来た転校生・山寺武彦がクラスメイトに。
ダイスケがギターを弾いてみてくれと声をかけるが、山寺は断る。
二人は早速衝突してしまう。

そして、間近で体感した山寺の演奏。
それは圧倒的な世界だった。
ダイスケは打ちのめされた……。

高校の文化祭ライブにバンドとして出場して、山寺を見返したいダイスケ。
紆余曲折ありながらも、何とかドラムのヒカリと、ベースの生徒会長がメンバーに。

そこにインディーズシーンで人気を博すバンド・『グライダーズ』の秋島と知り合う。
秋島は、過去の山寺と関わりがあった……!?

今、明かされる驚愕の真実。

そして、秋島からダイスケに、ある提案が……!!




ヤンマガ発、青春&ロック漫画!!

更なる新シリーズに突入!!


新展開を聴かせる『オトノバ』はライヴハウス・ヤングマガジンで毎週開演中!

期待の新鋭・河上大志郎先生が描く青春ロック活劇! そして、人間ロック!
青春の輝きに満ちた叫びの『音』を誌面から感じろ!!

Read it loud!




秋島の思惑については、前回の感想で書いた通りでしたね。
これが回想で描かれるという構成もニヤリでした。

秋島の挑発、会長の制止と注意、それを聞いてないダイスケ。
見事な三拍子で、のっけから笑える楽しい展開は相変わらず(笑)。

前回の扉ページについても触れましたが、
やっぱり本気のダイスケの顔って格好良いのですよね。

ヒカリ

会長


曲 作んぞ

ヒカリと会長に声をかけたあの時の場面がめっちゃ格好良いです。

ピュアかどうかはさておき(笑)、音楽に対する情熱だけは本気で、
そのパワーと暑苦しさだけは誰にも負けないと思います。

それだけがダイスケの強みだと思うので、期待してます。



翌朝の学校の場面も良いですね。
やっぱり、ロックと青春! このワンセットで描かれるのが良いんだよなあ。
以前にも触れたと思いますが、主役が高校生ってのがツボなのです。
千寛とのいつものやり取りも良し。こういう小ネタこそ大きなポイントなのです(笑)。

今回で特筆すべきポイントとしては『温度』と言ったところでしょうか。

冒頭のなめた態度で明らかに見下している秋島。
それに対する怒り。

そして、千寛との学校生活。

千寛からの差し入れという優しさ。

そこで彼が眼にしたのは、本気の彼らの迫真のプレイ。



熱さと冷たさの描写が実に秀逸です。
秋島の場面がその緩急に良い味付けとなってます。

と言う訳で、最後が秋島の場面というのも、なるほどなあと。
ここでも相変わらずの女ったらしぶりで、余裕の態度です。

彼が口にした言葉。

ダイスケたちを完全にバカにして、自分たちの取り巻きと共に潰すつもりです。

ダイスケ! ヒカリ! 会長!
こんな音楽をなめてるニセモノに負けるな。ダイスケの情熱の方がホンモノだ。
さあ、得意の『暑苦しいロック』でぶっとばしてやろうぜ!
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2481-9e8f2afe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top