FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

『オトノバ』11曲目「結果オーライ」  

『ハレ婚。』と共に、ヤンマガで今最も注目している作品です。
本誌48号で休載だったのは淋しいですけれど、最新号では勿論掲載!

本誌49号は本日11/1発売!

と言う訳で、感想がまた周回遅れになってしまい(笑)、滑り込みアウト更新。

音楽やロックバンドが特別好きではない人も何ら問題なく楽しめる作品です。
無論、好きな人には言わずもがな。ツボな要素が随所に感じられることでしょう。

11曲目(11話目)ということで、音源で言えばフルアルバム一枚分まで到達しました。
ファーストアルバム、つまりコミックス1巻分のボリュームになったということで、
本誌連載の方も更なる新展開です。ここで本誌にシフトされるのもオススメです♪

前回でもちょっと触れましたけれど、もっとちゃんとしたあらすじなり、
紹介文なり考えたいところです。めっちゃ熱くて燃える漫画ですから。

以下は今回の内容に触れた感想です。
未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。

ヤンマガ発、青春&ロック漫画!!

更なる新シリーズに突入!!

連載も11曲目に到達!
ファーストアルバム、コミックス1巻分まで続き、絶好調!
更なる新展開を聴かせる『オトノバ』はライヴハウス・ヤングマガジンで毎週開演中!

期待の新鋭・河上大志郎先生が描く青春ロック活劇! そして、人間ロック!
青春の輝きに満ちた叫びの『音』を誌面から感じろ!!

Read it loud!




まずは、扉ページ!
このダイスケが実に良いです。好きだなあ。
全身描かれていて、このポーズは勿論のこと、表情も良い味出してるんですよね。

さて、前回の気になるヒキから続く本編は……。

以前から触れているように、秋島が嫌な奴だというのが露骨なまでに強調されてますね。
敵として(という言い方が適しているかはさておき)、実に良い展開です。
読者としては、勿論ダイスケたちにガツンと言わせてやってほしいところですし、
ライバルとしても憎まれ役としても、秋島の登場は期待が高まりますね。

山寺と秋島との違い、端的に言えば音楽に対するアティテュードですね。

『音で遊ぶ』という意味での音楽、ロックそのものに燃えるのが山寺やダイスケ。
『音で遊ぶ』という言葉が違う意味に成り下がり、『目的の為の手段』なのが秋島。

女ったらしなのも最初から描かれていましたし、
演奏や楽曲を磨き上げることより、メジャーというポジションや名声に酔う辺りも、
ベタなところで、やっぱりそういう奴だよなと。

回想なり過去編でじっくり描いてくれたらと以前書きましたが、正にその通りの展開。
こうして掘り下げて描いてくださるのは嬉しいですね。実に読み応えがあります。



そして、決定的な事が描かれました。

オーディションに参加しているグライダーズ。
決勝戦の相手はストライプ・ラムというバンド。

しかし、決勝当日に、ストライプ・ラムが急遽解散。

それに伴い、グライダーズはそのまま優勝という形に。



ここで真実が明らかになります。

秋島の卑劣なやり方で、相手バンドのメンバーである女の子に……。



激怒する山寺。

秋島を殴りつけて、グライダーズを脱退すると吐き捨てました。

音楽ナメんな

現在のダイスケと、回想での山寺の台詞が、ここでシンクロするのは熱くなりました。



そして、現在――。

秋島が笑いながら話すのが不気味ですね。

ここで、ダイスケたちに提案を……!?

今度オレらの
ライブ出なよ!


こいつが笑ってこんな誘い方するなんて、どう考えても罠でしょう。

グライダーズは既にインディーズシーンで相当な人気があり、
アルバムも発表しています。この自信から来た発言でしょうね。

グライダーズのライブに呼ぶということは、現場は彼らのホーム。
つまり、ダイスケたちはアウェイです。これが仕掛けの一つかと。

ほぼ全員が秋島たちのバンド目当てのお客さんでしょう。
そこに来てダイスケたちは始まったばかりのバンドで、知名度もゼロ。
お客さんを味方につけて、けちょんけちょんに貶める魂胆かと。

でも、そこで『音楽』でガツンと言わせて、秋島を圧倒させてほしいですね。
オセロの白と黒が一気にひっくり返るように、お客さんの感触を逆転させてくれたらと。

ダイスケたちの情熱だけは、秋島なんかに負けないと信じてます。燃えながら読んでます。

そんな感じの展開じゃないかなあと思ってます。

はてさて、もうすぐ本誌が読めます。もうそんな時間(笑)。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2466-6c09dc73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top