日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハイファイクラスタ』第6話「ブチのめせって」  

感想の前に、本作の設定とあらすじを。

舞台は、近未来2045年の東京。
才能(アビリティ)ラベル〟というラベルが当たり前に使われている社会。
人々はそのラベルを貼ることで、様々な才能を発揮する。

貼るだけで『才能』を使いこなせる便利なラベル。
便利なその道具に頼る者、溺れる者もいる。

そして、悪用する者も……。

そこに現れるのが『警視庁 捜査六課 対才能犯罪 攻性特務課』

通称〝六攻特課〟――。




ちなみに、以前に一度書いた読切の感想はこちらです。

※ただし、今回の新連載と繋がりがありますので、
本作を未読の方は充分に注意された方が良いと申し上げておきます。

後藤逸平先生の『Hi-Fi CLUSTER -六攻特課事件実例-』感想

以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。



2045年・東京――
“才能”をダウンロードせよ!!


ハイファイクラスタ

第6話「ブチのめせって」





前回から続いて、ヘクトくん登場編です。
今回が事件解決編にして、後編。
絵草さんの時と同じく、この構成は好きです。

と言う訳で、千手パンチ祭りでしたね。

敵も手が増えたけれど、こっちはその比じゃないというのが最高。

シンプルイズベストにして少年漫画らしい爽快感でした。



ヘクトくんの過去と、貫寺さんとの出逢い、
そして貫寺さんの過去も少し見えてきましたね。

【宮本武蔵】のHi-Fiについては以前にも少し描かれてますし、
この持ち主を探すというのも今後の大きな展開の一つなんでしょうね。

貫寺さんの元相棒か同僚だと思いますけれど、現在の動向は……?



■今回の〝才能ラベル〟

岡田ヘクトのラベル

■『Hi-Fi』
ファイル名
STKTS【聖徳太子】

10人の話を同時に聞き分けることができたと言われる才人、
飛鳥時代の政治家・聖徳太子の才能を備えたラベル

その才能は複数の情報の【同時並行処理】

■〝動作認証(ジェスチャにんしょう)〟

〝並行操作(パラレルオペレーション)〟

【EARS】

現場で交わされる全ての会話を聴き分けられる才能

【HANDS】

ヘクト専用の特注品(ワンオフ)『無線遠隔飛行用ハンドユニット』を装備

10人分の動作を同時にこなせる才能

『集中砲火(オールアウト・ノックアウト)』

ヘクトが同時並行操作する20本の腕から一斉に集中攻撃

■〝才能起動(アビリティブート)〟

〝拳闘(ボクシング)〟
〝少林拳(ショウリンケン)〟
〝散手(サンショウ)〟
〝相撲(スモー)〟
〝合気道(アイキドー)〟
〝八卦掌(ハッケショー)〟
〝截拳道(ジークンドー)〟
〝柔道(ジュードー)〟
〝擒拿(キンナ)〟
〝空手(カラテ)〟



十五条平太のラベル

■『Hi-FI』
ファイル名
SCTRS【ソクラテス】

物理的に塞がれた壁は勿論、人間の体力や起動している才能、
殺意や恐怖といった感情までも【見抜く】才能を兼ね備えたラベル

■〝動作認証(ジェスチャにんしょう)〟
〝炯眼(インサイト)〟



犯罪者のラベル

■「普及版」

〝解体(クラッシュ)〟

才能ラベル適合プログラム接続による〝才能起動〟

〝近接戦闘(CQB)〟
〝零距離戦闘術(ゼロレンジコンバット)〟
〝特攻武術(トゥコンムスル)〟
〝撃術(キョクスル)〟
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2458-bb07c8d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。