日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎週のお楽しみです。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方は、くれぐれもご注意ください。

今回も短めの省エネ(?)感想を意識しました。
一年間、感想を完走できるようにマイタイヤを換装したつもりです(笑)。







安心と信頼の三条脚本で、今回も良い仕上がりでした。
一言で言えば、私的に「第2話らしい第2話」という印象で、非常に好感触です。

一度はエンジン全開になったものの、まだ腑抜けになる進ノ介くん。
ここからまたギアを入れ直し、エンジン全開になるまで、丁寧に描かれました。

過去との決着、新たなる決意、希望に満ちたこれから。

おさらいと、嬉しい予感までしっかり表現された良い回でしたね。

大いなる責任を乗せて。



冒頭の食堂のシーンは、仮面ライダーGIRLSのお二人。
『仮面ライダーフォーゼ』でも効果的な出演シーンがあったし、
こういうのは大歓迎なので、今後も楽しみですね。
ひーちゃん推しとして嬉しいシーンでしたねー。

って、お二人とも、ちゃんと役名がある!

ひーちゃんは『如月』ちゃん!?

なんて嬉しい引力なんでしょう(笑)。

そこから続く、霧子ちゃんとの追いかけっこシーンも良し。
信号が赤に変わるまでのあの演出とかツボすぎ(笑)。
こういったコミカル演出も、二人はバッチリはまってますね。
それにしても、第1話に続いて霧子ちゃんは流石。凄い身体能力です。



さて、今回も気になる台詞、シーンが満載でした。

■「ドライブは誰にでもなれるものじゃないんです」

「乗り切れねえんだよなあ、どうも」

「何故かね?」

「ベルトさんやシフトカーの力で、重加速の敵とタメで戦える」
「ってことはつまり、あんたと敵には深い関わりがあるってことだ」

流石は進ノ介くん、エリート刑事だけあります。鋭いね。

「下手すりゃ出所は同じかもしれん
「そうだろ?」

ベルトさんと霧子ちゃんは無言。
思わず苦い表情になる霧子ちゃん。
この辺りもシグナルだと見て良いでしょう。

力の源は同根。
正に「仮面ライダーらしい」設定ですよね。

誰にでもなれるものじゃない、か……」
「霧子もドライブに?」

「なれるものならなってます!」
「だから泊さんには頑張ってほしい」

前回の感想では、進ノ介くんが変身するまでの経緯が気になっていたと挙げました。
そして今回がこれですからね。変身に纏わるところは今後も要注目ですね。

霧子ちゃんは変身できなくて、進ノ介くんは変身できる理由。

これがアギトやオルフェノクや特異点のような理由なのか、
精神的な理由なのか、着目したいところですね。
少なくとも身体能力については、霧子ちゃんも優れてますからね。



■過去とこれから

回想に留まらず、リハビリする同僚とのシーンがあるのは良かったです。
『早瀬』という名前がまたニヤリですね。早瀬マサトさんをすぐに連想。
『仮面ライダーディケイド』の『小野寺』を思い返したり。

早瀬くんの薬から閃くときの演出も良かったです。
これくらいインパクトの強い演出は大歓迎です。
『地球の本棚』を思い返したり(笑)。



■特状課

ギアが入った進ノ介くんは最高に格好良いですね。
腑抜けでサボリだから、尚更ギャップが活きてきて燃えます。

特状課で写真を纏めて一気に語るシーンが爽快でした。

ここで余計な茶々入れがないのが良いんですよね。
細かいツッコミが入るのではなく、みんながテンポ良く動くのが良し。
現さんとのやり取りが正に顕著ですね。現さんの返事もナイス。
これは良い魅せ方だと思いましたね。

りんなさんも良い味出してるー♪

そして、鶴ちゃん。最高です。



■「俺は警察官だ」

前回に続き、変身に至るまで丁寧に描かれたのが堪らなく嬉しいところ。

「やってくれるのか、進ノ介」

「奴に追い着けるのも、走れるのも、俺一人。だったらやるしかないんじゃない?」
「もう考えるのは止めた。俺は警察官だ。親友の分まで走るだけだ!」

「Go! Start Your Engine!!」

「変身!!」

「Drive! Type Speed!!」

来ました!
これですよ、これ!
この決意表明が最高に格好良いです。

悩み、苦しんできた過去。
泥のように頭に留まって進ノ介くんの心を「重くしてきた」過去からふっきれた瞬間!

そして、ずっと期待していた灼熱のシーンが!

第1話放送前の感想でも書きましたが、早速やってくれましたね。



■「変身!!」

来ました! 車内で変身!

格好良すぎる!!

このメタルヒーローレスキューシリーズ感が最高。
星雲仮面マシンマンを泣きながら視てきた者として感無量であります。

今回の変身は親指がポイントですね。
これは格好良い! ちびっ子が真似したくなる良いポーズです。

BGMが格好良いですし、アクションシーンでの主題歌も良いマッチングです。

「タイヤフエーール!」

これもツボすぎ。クリスさん、良いわあ。



■トライドロン

今回はマシンアクションも魅せ場がたっぷりで燃えました。
トライドロンって、ナンバープレートがないですね。
つまり、公道は一切走れないということ。
これって、ロケ地の選別が非常に難しいのではないかと。
公道に見えて公道じゃない場所を選ぶ訳ですからね。

仮面ライダードライブのマスクも要注目です。
前回よりも頭部の後ろが見えるシーンが多かったです。
ちゃんとテールランプ風なのが良いです。



■「ハン、ハン、ハンター!」

今回はシフトカー『ジャスティスハンター』の登場です。
パトカーだけに、進ノ介くんの台詞もニヤリですね。
檻を構築して閉じ込めるのも警察らしくて良いです。

今回の必殺技もインパクト絶大でした。良い魅せ方でしたね。
最後にキック炸裂かと思いきや、今回はライダーパンチで、なるほどなと。



■「仮面ライダー」

「仮面ライダー」という呼称が早速出たのも、なるほどなと。

第1話アバンタイトルのあの言葉を思い返しますね。
あの言葉は進ノ介くんですから、今の戦士ドライブ以前にも……?

進ノ介くんの前の戦士ドライブがクリム博士?

博士は自らの頭脳をベルトに託したようですが、その前後も気になりますね。
ロイミュードの幹部に襲われて殺害されたことも含めて、要注目です。

ロイミュードと言えば、『108体』という具体的な数が明言されました。
ナンバリングは三桁まであったのだなあと。

「これで残り103体」とベルトさんは言いました。
幹部の胸元にはナンバーがないですし、彼らを含んでない数なんでしょうね。
それとも、胸元以外の違う部位にあるとか?
『BLEACH』の『十刃』(それぞれ、身体のどこかに数字が刻まれている)など、
そちらも連想しました。

アイアンロイミュードを倒した後、特状課のシーンに。



■霧子ちゃんの笑顔

霧子ちゃんが笑顔を見せたのは重要なポイントかと。
「仮面ライダー」という呼称に嬉しそうなことも含め。

と言う訳で、課内も謎の戦士の話題で持ちきり。

それにしても、ロッカーにニヤリですね。
ロッカーの三つは、りんなさん用?

沢神 りん な

って、これは笑いました(笑)。



さて、次回も楽しみです。
もう予告からして飛び上がりました。

ルー大柴さん来たあああああ!
仮面ライダードライブとルーさんがトゥギャザーしてくれるなんて感激!

そして、チェイスが変身!
変身シーンもアクションシーンも期待大です。

ロイミュードの幹部の出番もハート、ブレン、そしてチェイサーが登場で、
しかもチェイサーがバイク乗りというのが実にニクイです。
更に変身がアイテムあるという点がもうね。
変身した姿が仮面ライダー的なのもニクイなあと。
東映さんの公式サイトでは、主役と並んでトップを飾ってますしね。
一年間通しての敵になるのか、途中で仲間(2号ライダー)になるのか、
格好良すぎるチェイスにも期待が高まります。

あ、前回で書きそびれたことをひとつ。
霧子ちゃんがロイミュードかもしれないという予想は、最初から頭にあります。
『仮面ライダー』シリーズを視る上で誰もが思い浮かべる当然のことですね。

身体能力の高さも、これが理由付けに使えますし。

笑わないというのが単に性格的なものだけなのか、
それとも、まだ完全に人間になりきれてないからなのか、
その辺りの理由付けや掘り下げも楽しみなところです。

そして、シフトカーと「真逆」の力、それを使うロイミュードも気になることだらけです。

ああ、また長くなってしまいました(笑)。
ツイート再編集的な簡潔な感想にしようと思っているのですけれどね。
ともあれ、乗り遅れずに一年間完走したいです。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2430-1a7a6376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。