日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待望の新シリーズが遂に始まりました。

放送開始前に一度簡単な雑感を書きましたが、当然ながら感想はこれが初めてです。
ちなみに、以前に書いた記事はこちらです。

『仮面ライダードライブ』に期待大

正直、毎年感想が途中で周回遅れになってしまって、自分でも情けなく感じます。
それゆえに今年は、ちょっと書き方を変えてみようかなと。
展開を順に追って掘り下げる形ではなく、ツイッターの延長線上みたいな簡単な形で、
もっとざっくりした形でも良いじゃないかと。そう思うと私も気が楽なものです(笑)。

勿論、好きなシリーズですし、第1話も楽しめましたので、感想は書くつもりでしたが、
ツイッターでフォロワーさんからも感想執筆のリクエストがありましたし、
それじゃあ毎週ドライブしようかなと。ノロノロ運転にならないように注意ですね(笑)。

「スタートマイブログ! 感想の完走までひとっ走り付き合えよ」

って感じで、楽しく書けたらと思っています。
途中でエンスト、ガス欠、脱輪、パンクなんてことにならないか、
自分が一番ドキドキしてますけれど。

それでは感想を。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
番組をご覧になっていない方は、くれぐれもご注意くださいませ。



安心と信頼の三条陸さんがメインライターで、嬉しい限りです。
長谷川圭一さんもご参加確定ですしね。
そして、同様に『仮面ライダーW』に所縁のあるスタッフさんが多い本作。
加えて、主題歌も松岡充さんですしね。私的には嬉しい布陣です。

これで期待できないはずがありません。期待しかないです。

第1話は、流石の三条脚本だなあという安定感で、楽しく味わえました。
事件発生、変身、アクションは当然ながら、やはり細部まで抜かりなしでしたね。

私的に最も気になっていたところ、それが早速明らかになりましたし。

それは「進ノ介くんが仮面ライダーになった理由と、その経緯」です。

なるほど、トライドロン自体は前々から彼と一緒だった訳ですね。
つまり、ドライブドライバーもまた然りです。

重加速による拳銃の誤射、それに因る同僚刑事の負傷。
これが根底に、泥のように沈殿して、進ノ介くんの心を「重くしている」こと。
そのせいで、無気力になってしまったこと。

回想も交えながら、それらを最初から明確にして、変身まで魅せた第1話。
「ベルトさん」と進ノ介の関係性、そこにエージェントである霧子ちゃんのバックアップも。

実に良い構成でしたね。

人々を守れる力が、今ここにある。
そのベルトを自分は身に付けている。
変身すれば、重加速の中で誰よりも速く動ける。

ここで決断して変身した姿が格好良かったですね。

(駄目だ。また救えねえ……!)

「霧子、お前……!?」

「何してるんですか、泊さん!」
「エンジンかかったんでしょ? だったら戦って! 彼と一緒に!」

「……何でこのベルトのこと知ってんだ」



「おいベルト!」

「呼び捨ては失礼だねえ」

「じゃあベルトさんよ! 俺はどうすればいい?」

変身したまえ」

「変身?」




「君は過去、大切なものを失った」
「だが今なら、救える」
「私と仲間たちがいれば、この重加速の中でも、誰よりも速く動ける!」

「それが……戦士ドライブだ!」

「だったら……今、この場から走り出して、あの人を救えるなら!」
「もう、考えるのは止めた!」

「変身!!」

「ドライブ! タイプスピード!」


この場面がもう堪らなく大好きです。
心の底から私のエンジンは燃え上がり、そして思わず涙が出てきます。
ドライブドライバーの台詞とクリス・ペプラーさんというこれ以上ない最高のキャスティング。
霧子ちゃんの熱い言葉と、サポート。

進ノ介くんの決断。

そして、変身!

新しい仮面ライダーが生まれた歴史的瞬間に心からときめきました。



第1話としては文句なく完璧で、期待しかありません。

進ノ介くんの今後の成長と活躍が楽しみですね。
無気力でサボリとは言え、元々は熱血漢だった訳ですし、非常に好感触です。

タイプチェンジにも期待していましたが、今回で四つ一気に見せてくれるとは。
正にエンジン全開の出し惜しみなしですね。見所満載で良かったです。

特状課が運転免許試験場にあるってのはニヤリでした。
更にドライブピットもそんなとこにあるってのが輪を掛けてニヤリ(笑)。

登場人物それぞれの名前がテロップで表示されるのは、新鮮ですね。
東宝さんならともかく、このシリーズでは珍しいので、思わずニヤリとしました。

クリスさんがとにかく素敵すぎてもうね。最高のハマリ役ですね。

そして、勿論欠かせないのが片岡鶴太郎さん。鶴ちゃん最高!
登場した瞬間に一瞬で刑事ドラマの空気に変えてしまったかと思えば、
愛嬌のあるキャラクターで、実に楽しいです。流石は鶴ちゃんですね。
もう鶴ちゃんがレギュラーというだけで一年間視聴確定。

そして、特状課の中に仮面天使ロゼッタがいるのがもう!
ここで吉井怜ちゃんとは、なんて良いキャスティングで揃えてくれるのかと、もうね。

霧子ちゃん役のだーりおに関してはもう文句なしです。ド琴線です。
戦うヒロインというだけでも燃えるのに、笑わないヒロインというのが斬新ですね。

ライダーキックについては驚き、圧倒されました(笑)。

誤解を怖れず敢えて言えば、主役ライダーのキックらしからぬ魅せ方だなと。
2号ライダー辺りのトリッキーさだろうになと。
『仮面ライダー龍騎』のライダーみたいな感じと言いますか。
これを主役ライダーでやってのけてくれたのが凄いなあと。燃えましたね。

以下に、その他でそれぞれ気になることについて触れます。

■重加速

「どんより」というのは巧い表現だと思いました。
インパクトも作劇上の効果も強烈な『クロックアップ』という前例がありますから、
どうしたって表現は難しいのではないかと思っていましたけれど、なるほどなあと。

天気予報のように、「どんより注意報」が世間に存在していること、
人々が実感と共に認識して、浸透していることは巧い設定だと思います。

そう、『認識』していること、『認識』できてしまっていること。

これが何よりも重要だと痛感するのです。

『クロックアップ』は一般人には認識できない現象でした。
それゆえに「自分が気付かないけれど、すぐそばで仮面ライダーは戦っているかも」と、
『仮面ライダーカブト』の頃は、子供たちはそうやって憧れることができたものですが、
今回はこの認識できてしまっていることが極めて重要かと。

「自分で自分の身体が思うように動かせない」と痛感してしまう事実。

「自分の身体がゆっくりとしか動かせない」という事実。

そして、認識できているがゆえに、怪物、即ちロイミュードも「視えてしまう」事実。

ある意味、気付かないうちに襲われるよりも、よっぽど恐ろしいです。

『ジョジョの奇妙な冒険』という漫画に出てくるスタンド能力(超能力)に、
『ザ・ワールド』という能力があります。第3部で登場します。

これは「時間を止める能力」であり、
その上で「能力者のみが止まったその世界で動ける」訳です。
敵のその驚愕の能力に対し、主人公とその仲間だけはその事実を認識できました。

本作から言葉を借りるなら、正に「見えてしまっているのが逆に恐怖」ですね。

この一点だけでも『クロックアップ』とはまた違った巧い設定と魅せ方だと思います。
作中の現さんが正にそうですよね。そんなものは信じないと言いながら体験してしまう訳で。



■ロイミュード

現時点で素体が3タイプ判明しており、スパイダー、バット、コブラというのがニクイですね。
ナンバリングの設定、そしてそれが胸元に表示されているデザインも好きですね。
彼らもまたシフトカーのようなアイテムで新しい身体(別の形態)に変化する設定も好み。

ある意味で、最初の姿は戦闘員的なものですが、この時点で充分格好良いですしね。

特撮者には言わずもがなの竹谷さんが、造形だけでなくデザインにもご参加で、ときめき。

敵側にもシフトカーに近いアイテムがあるというのが、実に仮面ライダー的で良いですね。
当然、多段変身や巨大化を施すそれも出てくることでしょうし、こちらも要注目ですね。

敵側にバイク乗りがいるというのも巧いよなあと。ニヤニヤが止まりませんね。
一年間通してライバルとして活躍してくれるか、途中で味方になるのか、楽しみです。



■タイプチェンジ

車とそのパーツを活かしたライダーデザインが素晴らしく、尋常じゃない格好良さです。
ヘッドライトを活かしたマスク部分も、やっぱり発光してくれましたしね。これは燃える!

正統派で近未来的なフォルムでありながら、タイヤ斜め掛けというぶっ飛び感。

これも最高。

タイプチェンジからの逆算でしょうけれど、わかりやすくてインパクト絶大で良いですね。

「タイヤコーーカン!」は間違いなく流行りますね。

ベルトは音声とディスプレイがメインで、シフトブレスでチェンジというのも良い設定です。
言うまでもなくスーパー戦隊のノウハウが活きてますし、赤外線通信というのも良いですね。

変身ポーズもトッキュウジャーの名乗りポーズばりに腕を回すかと(ハンドルを回す動作)、
そう思っていたのですが、案外シンプルでしたね。こちらも赤外線通信ということで納得。

さて、タイプチェンジについて。

まず『仮面ライダードライブタイプスピード』に変身して、
そこから、シフトカーでそれぞれの形態にタイプチェンジする形です。

全体のカラーリングやフォルムなどに変化はなく、タイヤのみが交換されるという変化。

つまり、大元のスターティングフォームとなる『タイプスピード』が大前提。
今回登場した四つのシフトカーとタイプも、その大前提があります。
四つとも、それぞれに『タイプスピード』が頭に冠せられてますし。

大きなタイプチェンジは、この大前提が変わる形でしょうね。

『タイプパワー』
『タイプテクニック』

この辺りが今後登場するかと読んでます
(こう書くとゲキレンジャーを思い返したりするよね)。

『仮面ライダーフォーゼ』の『エレキスイッチ』や『ファイヤースイッチ』のように、
大元から変えるシフトカーが複数出てくるでしょうね。

ここでメインのボディーカラーが劇的に変わるか、
あるいは、胴体以外の部位にタイヤが換装されることになるかと。
肩から掛けるのではなく、胸元や背中に貼りつく形とか、いくらでも思い浮かびますしね。



ああ、短くあっさり済ませるつもりが、ついついエンジンがあたたまって毎度のような長さに。
今後はツイッター再編集版のような形になるかもしれません。

ともかく、今年こそ簡単な感想に換装して完走したいなあと(笑)。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2416-b7e9237c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。