日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『二次元JUMPIN'』第1次元 安倍春樹  

待望の最新作です。
しかも、今回もブランクなしで新連載が毎回楽しめるなんて、嬉しいです。

『週刊ヤングジャンプ』で歴史的名作『ヒトヒトリフタリ』を連載、
完結後、すぐに『グランドジャンプ』で『天間荘の三姉妹 スカイハイ』を連載開始、
「今までの『スカイハイ』ではない全く新しい『スカイハイ』」である意欲作でした。

そして完結後、またすぐに新連載! 嬉しい!
『天間荘の三姉妹 スカイハイ』連載中から、別の連載が決まっていること、
週刊連載であることは先生の公式発表の通りですから、ワクワクしていました。

無論、本作も愛読しますよー。

それでは、感想を。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。

これより先へは、本誌を購読してからお行きなさい。

宿題したかー?

歯磨いたかー?

ヤンジャン買ったかー?

準備オッケー? アーユーレディー?

それでは、レッツジャンピン!



期待に胸を膨らませ、青年は就職試験を受けた。
そして、採用された。

そこは、大手出版社・明嶺社。

憧れの出版社。
希望の部署・マンガ編集部。

期待と不安に胸をときめかせる青年。

しかし……!

そこは予想外の魔窟だった!?




髙橋ツトム先生の新境地!!

『ヒトヒトリフタリ』全8巻
『天間荘の三姉妹 スカイハイ』1巻~3巻
大好評発売中!


巻頭カラー巨弾61ページ!!

新 連 載 !


presented by Tsutomu Takahashi
髙橋ツトム

二次元JUMPIN'

第1次元 安倍春樹




まず、タイトルに驚き、そしてときめきました。
この語感と表記、そして清涼な韻がもう。
気持ちが良いんだろうと。

それは以前の記事にも書きました
(■髙橋ツトム先生の『二次元JUMPIN'』が新連載決定!!)。

ポップ感溢れるタイトルで、内容がこれというのがまた良いですね。
『二次元』とは、言うまでもなく『マンガ』のことですね。

さて、本編の感想へ。



大手出版社・明嶺社に採用されて、期待に胸をときめかせる青年。
冒頭から安倍春樹くんの視点で描かれていきます。

『ヒトヒトリフタリ』の大希くんを柔らかくしたような印象の外見で、イケメンですね。
爽やかな好青年で素直に好感が持てます。

そんな好青年を主人公にして、彼の視点で進むってことは……。
そういうことですよね。この先の魔窟と魔物が楽しみ(笑)。



前半は同期の社員との会話、仮配属先の決定など、すらすら読める構成。

希望通りのマンガ編集部に、しかも第3編集部「週刊ヤングアタック」に配属。
そこに春樹くんの指導社員として紹介されたのが、太田さん
編集部の現場と言い、太田さんと言い、なかなかクセのある展開。

しかし、この後の超絶ジャンピン展開を思えば、可愛いものでした。

そんなゴリラ……じゃなかった、太田さんがクセモノで、今後が危ぶまれるなあ。
『動物園』と『パンダの飼育係』についてはうまいこと言うなあと思いましたが(笑)。

春樹くんは正に読者の視点ですし、第一回目から非常に入り込みやすい構成です。

さて、太田さんに連れられて、大御所の漫画家・坂口セイゴ先生の元へ……。

漫画ファンとしては、やっぱり漫画家の先生って憧れですし、
先生のご登場、仕事場の描写なんてもう堪らないところですね。

当然のように凄い豪邸、そしてランボルギーニ雨ざらしがツボ。



そして、ゴッド降臨。

坂口先生、オーラ凄すぎ。

もうこの時点でヤバイ空気がひしひしと感じられます(笑)。

それでも、ここまではまだ日常の範疇です。

まだ可愛いものでした。

ここまでは。



坂口先生のお宅で打ち合わせ中、ドアから覗き込む少年が。

何だこの可愛い子は。

初登場シーンがまた凄い。

プリン両手に抱え込みすぎ。

どんだけプリン好きなんだよ。可愛すぎるぞ。


そう、そういうことだったのです。
『二次元JUMPIN'』とは何か、ここから思い知らされる訳です。

小柄できょとんとした瞳、無造作に撥ねるくせっ毛。
まるで子供のような彼も、太田さん曰く坂口プロのスタッフの一員とのこと。
そんな茶倉くんは、春樹くんの挨拶もお構いなしでプリンを堪能。

先生曰く人見知りとのことで、いやーもうこの時点で変人がフタリも揃ったなと。
坂口先生も茶倉くんも浮世離れ感がもう凄い(笑)。

先生から、春樹くんへ質問。

いきなり神様の話。

困る安倍ちゃん。


ビッグスターとのご対面で緊張しているところに、この質問。
春樹くんが上手く答えられないのも無理はありません。

まるで禅問答のようで、続く先生の台詞を聞けば、なるほどなと。
偏屈なようで、流石は大御所の先生だなあと。

さて、問題はこの後です。



呑んで、気付けば、もう翌朝。
先生の家で寝てしまった春樹くん。

そこで見てしまったものは……!?



なるほど、先生が命じて、茶倉くんがプロットを書いていた訳ですか。

つまり、ゴースト。

ゴーストと言えば、今年はそれで大騒ぎがあっただけに(笑)、
早速ここでそのネタをやっちゃってくれるかと。

茶倉くんの描写がまた凄いですね。
坂口先生の言動も大概なんですが(笑)。

このフタリ、完全にどうかしてるわ。
しかもタイル張りのこんな部屋で(笑)。

まるでイタコのようですね。

茶倉くんが『両手でペンを握る』というのも視覚的に強いし、
途中から手の動きが早くなり、活き活きとした表情で目を開くのがまた。

この超能力めいた描写は実に巧いところですね。
このフタリが如何に変か伝わりますし(笑)。

行ってこいと大声で突き放すように命じる方も命じる方ですが、
まるで何かに憑りつかれたような彼も紙を突き放すようにして、
この描写も巧いですね。やっぱりフタリとも変。

そして、茶倉くんが喋った!
たどたどしいカタコトの発言。可愛い(笑)。



第一回目から満足度、期待度が高い充実の展開で良かったです。
これでこの先を気にするなって方が無理ってものです(笑)。

出版社、漫画業界の内側や内情を抉り出す作劇になるようですね。
勿論、漫画ならではの誇張した表現とかあっても大歓迎ですし、
実際に茶倉くんの超能力めいたアレが早速出ましたしね(笑)。

それにしても、茶倉くんが謎すぎて、気になって仕方がないです(笑)。

『安倍春樹』とか『坂口セイゴ』とか、ネーミングもニヤリですね。
ああ、なるほどなあと。

『茶倉』はズバリそのまんま『チャクラ(サンスクリット語: चक्र))』でしょうね。

『明嶺』も『命令』の含意があるかと思うと、皮肉で巧いネーミングですね。



同期の浅川みずきちゃんは第8編集部「セイシェル」ということで、
部署は違えど、同期ですし、あのやり取りからして今後の登場も楽しみ。
お互いに励まし合う展開、呑んで愚痴を聞く場面もあるかなと。
そこから恋に発展したりも……?

うん、みずきちゃん可愛い。
本作で珍しく安心して見れる数少ない人です(笑)。
先生の女性キャラクターってところで『BLUE HEAVEN』を思い返したりも。

実家が小樽の本屋さんというのも頭に留めておきたいなと。
挫けて実家に電話をかけるなんて場面もあるかなと。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2406-78dca035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。