日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』12 現行犯の女  

今回もまた遅くなっちゃいました。
マイペースとは言えども、遅すぎるのは改善しなくちゃですね

どうせCHIHIROちゃん聴いて泣きまくってたんでしょー。
と言う女性読者のあなた、それもアタリです(笑)。

どうせ予定が潰れて悶々としていた木曜日にヤンジャンでショック受けてたんだろ。
と言う男性読者のあなた、それもアタリです(苦笑)。

でも、今回はその分スペシャル版でお届けしまーす。
お待たせした分にお釣りが来るほどのスペシャルゲストの方々もいらっしゃいますから♪

それでは、今回の感想を。

その前に、ご存じない方、初めて知ったという方に、
本作の紹介と、あらすじを。

6/23発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

〇前回までのあらすじ

地元を離れて東京で暮らす主人公・前園小春
恋愛運サイアクな小春は、ある悲劇から、傷心で帰郷。

帰ってきた地元では、とんでもない条例が……!?

そこで出逢った謎の男・伊達龍之介には妻がいた。
伊達柚子。そして、伊達まどか

妻は二人いた……!?

そこで知った『ハレ婚』の真の意味。

前園小春は3人目……!?

これって、どゆこと!?

そう、遂に始まる1夫3妻生活!!

この漫画って、そーゆうこと♪




以下は今回の内容に触れている感想なので、未読の方はご注意くださいませ。
本作は初めての方がどの回から読んでも、絵柄とお話で楽しめますし、
試し読みなどと併せて、今なら本誌にシフトしやすいですので、気になる方は是非是非♪

11月発売予定のコミックス第1巻に向けて、今から本誌シフトもまた一興かと。



歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
新たなる女と男のドラマがここに始まる!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!


待 望 の 新 連 載 !!

本誌公式サイトで試し読みコーナー開設!!



〇前回のハレ婚。ツイート

如月@『ハレ婚。』愛読 ‏@februaryxxxx · 9月8日
いつでも、どこからでも、誰でも楽しく読める作品です。
今からでも全く遅くありません。
NON先生の新境地『ハレ婚。』は週刊ヤングマガジンで連載中です。
みなさん、要チェキ! #ハレ婚。 #ヤンマガ


〇今回のツイッターPR文

或 犬良がリツイートしました
如月@『ハレ婚。』愛読 ‏@februaryxxxx · 9月13日
【初めての夜】NON先生の新境地『ハレ婚。』大絶賛連載中!
【このあと、すぐ】12 現行犯の女 本日9/13発売の #ヤンマガ に掲載! 必見!
フクザツ結婚ドラマで、いよいよ彼女の番……?
【このあと、ぬぐ】次号も必見。 #ハレ婚


このツイートを受けて……?



はい来た! スペシャルゲスト一人目~! スペイチ!
犬良さん、いつもありがとー♪

さて、それでは本題へ……!



は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
story directed and artwork produced by
手塚だい

12
現行犯の女



出るとこ出て、やることやって、出すとこ出して(変な意味じゃないよ。笑)、
実に良いテンポ感でここまで来ましたねー。

さて、遂にフクザツ夫婦生活の始まり始まりー♪

正直、読み進めるのがドキドキでもありましたけれど(笑)。

扉ページから、早速モジモジ感前回の我らが小春ちゃん。
冒頭から凄い話題ですね、うん。

そういう話にもなる段階だものねえ(笑)。

今までは交代制だったのが、これからはローテーション!

つまり、龍ちゃんがそれぞれの部屋で寝ると。

昨日はあたし
今日はマグロ

明日は
あんた!

なんて語呂が良いのでしょう。ここはツボでした。


小春

柚子   龍之介       まどか


ちなみに、それぞれの部屋の位置関係は、こうなってます
(※まどかちゃんの部屋は一部屋分離れてます)。


そして、小春ちゃんのリアクションがあった隣で、まどかちゃん。
いつもながら、二人のこの温度差が良いねー(笑)。

ところが、ここでいつもの無愛想おすましクイーンじゃない

そう、顔を赤らめているのです。

しかしまあ、いつもながら先生のコマ割り、構成は秀逸です。
この3ページだけで、この夫婦の今夜の役割が一目瞭然ですしね。

ゆずっぺが食後の皿洗いメインポジション。
キャッチャー、3号小春ちゃん(笑)。

そして、まどかちゃん。龍ちゃんとお風呂(笑)。

と、ここで小春ちゃんが「お風呂」に過剰反応。
いえ、ハレ婚。に慣れていないですし(慣れることじゃないしね。笑)、
こっちのリアクションの方が自然なんですよね。
散々触れてきたように、小春ちゃんの反応こそ読者視点に最も近いのですよね。

しかし、煩い子です。そこが良いのです。
そして、それに対してゆずっぺがまたキレるのです(笑)。

ここまでのテンポも素晴らしかったですが、更に凄いのが来ました。

小春語録来たー!

だって
こんな・・・・
回転寿司じゃ
あるまいし!


回転寿司!?

嫌じゃないの!?
なんとも
思わないワケ!?




回転寿司て(笑)。

なんて秀逸すぎる比喩。

ここでちょっと真面目な話もしますと、小春ちゃんの『声』がありありと響いてきました。
漫画を読んでいて彼女の声がダイレクトに響いたのです。
先生の漫画を読んでいると、こういうことが往々にしてあるのです。
何と言いますか、やっぱりリアルなんですよね。血が通っていて、人間臭いというか。

そして、彼女の台詞の後段も重要です。
ここで、ゆずっぺは一瞬黙ります。

この一連の場面は非常に重要なところです。

ゆずっぺは「そーゆうルールなのよ」と。
小春ちゃんの言葉を借りるまでもなく「はぐらかした」訳です。

そう言われるとまた怒るのがゆずっぺで、実に可愛い訳ですが(笑)。

おたま振りかざして「帰れっ!!」がツボすぎる(笑)。

3人の妻の中で、この『ハレ婚』という『制度』に対して、
最も「疑問を抱いていない」人って、ゆずっぺなんですよね。
お父さんがお父さんというのも、勿論無関係ではないところでしょうし。

一方、小春ちゃんは4年間この町にいなかったので、当然制度自体を知らず。
だからこそのこのリアクションなのですが、先述の通り、これが自然。

『制度』『ルール』というところで納得してこその夫婦生活なんでしょうけれど、
そもそも小春ちゃんは最初から(今に至るまで)龍ちゃんを愛していない。

こう書くとドライですけれど、彼女にとってはエレベーターで逢ったワカメ男(笑)。

愛がないまま、『法律』という鎖に縛られることを選ばざるを得なかっただけ。

ゆずっぺはもう見るからに、明らかに、あからさまに龍ちゃんラヴですからね。

ここが小春ちゃんとゆずっぺとの最大の違い

小春ちゃんがこの生活そのものに馴染めないのも当然。
こうして列挙してみると、尚更わかりやすいですね。

そして、そんな妻二人がここでぶつかるというのは重要な場面。

もっと言えば、ゆずっぺはまどかちゃんに対しても見下した態度を取っていました。
「マグロ」と言ってのける辺りも、正にそうですしね(笑)。

ゆずっぺは龍ちゃんとは結ばれたかったけれど、余計なモノはいらなかった。

そういう心情も汲み取れますし、実はゆずっぺの理解を深められる重要な回

私は余計なのがくっついていても構わないですし、それも含めてだと思うので、
余計だなんて全く思わないですけれどね。いえ、相手が二人とかって話じゃなくてね(笑)。

ゆずっぺの視点でこの生活を読み返すというのも、実に興味深いのですよね。
以前にも書きましたが、小春ちゃん以外の人物の視点で読んでみるのは本当オススメ。
また違う読み味や、違う感想が生まれます。
『ハレ婚。』の練りに練られた設定と構造の妙味を痛感できますよ。
とんでもなくぶっ飛んだ設定の中に、現代社会のコアに響く根源的要素があるのです。

今、最もラジカルな作家は紛れもなくNON先生だと私は確信しています。

そう思ってこの場面を読み返すと、物凄ーく重要で味があるなあって感じるでしょ?

早速、先生からのシグナルが連発で来ているなあと、ひしひしと感じますね。



伊達家ルールその1

寝屋は
問答無用で
ローテーション




さて、前半戦で1号と3号のバトルがありまして、その次が……!?



龍ちゃん、脱いでる。

あ、そういう場面ね。読んでるこっちがちょっぴり恥ずかしくなったり(笑)。

先程まで、ゆずっぺについて書き続けてきましたが、この中盤パートもまた然り。

今まで無愛想おすましクイーンで口数が最も少なかったまどかちゃん。
その彼女の言葉が、心情が、よく伝わる重要な場面です。

つまり、まどかちゃんの理解も深められるという重要な回

冒頭の僅か3ページだけでも秀逸な構成だと唸らされていたところなのに、
続けざまにこれですからね。とことん、魅せ方が巧い!!

早速、見逃せないポイントだらけでしたね。

頬を赤らめながら、お風呂の準備ができたと告げる場面。
そして、入浴後、就寝前の一幕……。

・・・・ずっと
想い続けて

やっと
手に入れた人
なんでしょう
・・・・・・?

あの人・・・・



今夜は・・・・



彼女から、この言葉が出てきたという事実。
そして、この表情。

以前から散々書いてますが、デリシン時代から先生が描かれる瞳と唇に惹き込まれます。
このコマが正にそうです。この表情の切なさ、淋しそうな唇。そして、灯りと影。

この絵と言葉の強さに唸らされました。

ここで特筆すべきなのは、夫婦で二人きりだからこそ見せられる場面ということ。
龍ちゃんが小春ちゃん以外の人と一対一の場面ってなかったですからね。

その意味でも、このローテーション生活、
マンツーマンディフェンスにしてフェイストゥフェイスなシーンには要注目です(笑)。

今回でまどかちゃん好感度一気に急上昇です、ええ。

この恥じらい、一歩引いた奥ゆかしさ。これなんですよ!

これが乙女よ!

いえ、ゆずっぺのイケイケ感やオシャレも好きよ?
でもね、まどかちゃんのこの愛らしさも実に良いのですよー。

今頃、先生はしてやったりと思っておられることでしょう。
あたしの作戦にはまったわねーと思っておられるはず。

その通りです(笑)。

これってね、デリシン読んできた人には特にわかってもらえると思うんだ。うん。
と、こう書いた時点で、デリシンの誰が好みかバレバレですねー。

今まで無愛想おすましクイーンで、台詞も少なめでしたからね。
正に満を持してってタイミングでのお披露目で、やられたなあと。

龍ちゃんにほっぺ抓られた場面のデフォルメ感も良し、
その後で頬に手を触れるところもまた愛らしくて良し。

で、問題はこの後。

おーい! 旦那!(笑)

なんつーこと言わせとるんだ。

このドS! 悪魔! 吸血鬼!

龍ちゃん、最高よ(笑)。

また上手く言えないまどかちゃんが可愛い! 最高♪

でも、真面目な話、その前の台詞も凄く大切ですよね。
先生、巧すぎるわあ……とグッときましたね。

そーゆうこと
言われると
ねぇ

僕も
痛いんだよ


そうなんですよね。
妻の女の子側からしたら(※小春ちゃんは除く)、
自分を一番として見てほしい、愛してほしいと思うのは女性として当然であって。

でも、龍ちゃんは逆の立場にはならないし、「なれない」のですよね。

だから、ここで彼が「僕も痛いんだよ」と口にしたことは物凄く重要。

龍ちゃんはイケイケゴーゴーのハーレムに見えるでしょうけれども、
それだけの男じゃないのですよね。
全員を本気で守るだけの覚悟があるからこそ、結婚した訳ですし。
つまり、全員の痛みも一人で受け止める覚悟がある男だということ。

これって、実はとんでもなく凄いことで、とんでもなく格好良いでしょ?

僕は
自分のモノを
命がけで守る

キミ達の一生が
幸せであるように
最大限努める

その
覚悟が
僕にはある


(■『ハレ婚。』08 身も蓋もない女 参照)

つくづく、龍ちゃんの設定、味付け、描き方にはやられたなあと。
本作は龍ちゃんで大正解だと思います。




はてさて、1号と2号について理解が深められたところで、アンカーはこの人♪

3号の4番風呂。

4番バッターじゃないよ。4番風呂よ(笑)。

このお風呂の構造やタイル、正に自分が子供の頃に育ったのがこんな感じ!
と、思わず、うんうん頷いてしまいました(祖母に育てられたのでした)。

この場面もまた巧いなあ……!

ムダ毛を気にしつつも、龍ちゃんの為みたいでなんか癪だなあって件。
これは正しく先生ならではの視点ですね。

これを気にし始めたら、そういうことですよね。

また独りで吼えちゃった(笑)。

この場面と今回の構成って、あの時のセルフカバー的なニヤリ感ですよね。
先生、流石だなあと。もうニヤニヤしちゃって堪りません。
これもまた本誌購読ならではの味わいですよね。

(■『ハレ婚。』03 1000万円の女 参照)

小春ちゃんのソロシーンは、今後とも期待大です(笑)。

ここで、歯磨き中のゆずっぺが反応。

・・・・1人でも
ウッセーな

うん、全くだわ(笑)。そこがまた好きなんだけれどね。

この次がまたツボ。

4番バッターどころか、現行犯。

人の
シャンプー
使うな!!


こういうネタ、大好き(笑)。

現行犯ってこれだったのね。
以前にも書きましたが、こういうのは当事者にとって、ちっちゃいで済まされないですよね。
それこそ、お味噌汁の出汁一つで喧嘩になったりする訳で、すごーくリアルで良いです。
私も妹にめっちゃ嫌がられたもの(笑)。

だから、その後の小春ちゃんのしょんぼりフェイスがよくわかる!
これ、めっちゃ可愛い(笑)。

自分で
とってこい!!


この情け容赦ないツッコミもツボ(笑)。

伊達家のルールその1

(ひと)の私物を
勝手に使う
べからず


龍ちゃん語録も、伊達家のルールシリーズも、着々と増えてきてニヤリです(笑)。
小さいことのようで、こういうことの積み重ねが大事ですものね。

そして、思わずハッとさせられたのが次の場面!!

これこそ、小さいことのようで、何気ない台詞のようで、本作の根幹を貫いた言葉!!

想像以上に
メンドくさいわ
結婚って・・・・

いや
ハレ婚か

バイトだったら
すぐ辞められん
のにな・・・・


これには息を呑みましたね。
正にそうだよなって。ぽろっと漏らした愚痴の中に、このリアル!!

上述のように、小春ちゃんだけは龍ちゃんに愛がないままで結婚して、
『法律』で繋げられているだけですからね。

敢えてもっと意地悪な言い方をすれば、
『紙(お金)』の為に『紙(特別婚姻届)』で繋がっただけですからね。

本作において極めて重要な台詞!!

と、ソロシーンと独り吼えで楽しめた矢先に、小春ちゃん再演(笑)。

現行犯を目撃(※襖越しですが)。

これが本当の『現行犯の女』ですね。
二段オチにしてダブルミーニングだったとは、実にニクイ!!



翌朝――。

小春ちゃんの寝不足フェイスがもう。
前のページの喧しさとのギャップがもう(笑)。

何度捲り返してもツボすぎ。

さあ、ここでとんでもなくゴージャスな展開が!!

シボレーアストロ来たあああああ!!

なんという高級車! 格好良いー♪
私には手が出せません(笑)。

某先生から頂戴したお言葉の意味がわかりました。遂に登場ですね!!

太っ腹だなあ、大津市長♪

と言う訳で、この場面については後で触れます。


さて、小春ちゃんが免許なしなのは予想通り。
龍ちゃんが運転しないのも予想通り。

まどかちゃん、免許取り消して。
何したの? どゆこと!?(笑)
臓器ブローカーの知り合い発言と言い、地味に一番デンジャラスな香りが(笑)。



……さて、前回の感想で、焦らしプレイで勿体付けてほしいと書きましたが、
来ちゃうのね。……ローテーションだもんね。回転寿司だもんね(笑)。

個人的にはもっと引っ張って勿体付けてくれて良かったと言いますか、
恥ずかしさもあってか、ちょっと構えてドキドキしちゃってるのが本音です(笑)。

先生は早く見てほしいとのことでしたが、あーんドキドキするー(笑)。

ネギ、頭突き、ニンニク! ……次の一手は!?
誰か思いついて! 阻止して!
小春ちゃん、ガード! ガード!

……色々な意味で必見ですね(笑)。



〇ハレ婚。トーク 1

今回のツイッターハレ婚。トーク

スペシャルゲスト召喚! スペニ!

同じ漫画好きにしてヤンジャン読者同士、
更に漫画に対する知識が物凄く、当然の如くヤンマガも大丈夫。
デリシン時代からプッシュに散々協力してくださった方、ギンジさんとのトークです。





嬉しいですね。
自分と交流してくださったことが、『ハレ婚。』とのご縁やきっかけになるのなら、
こんなに嬉しいことはありません。ギンジさん、ありがとです♪

〇ハレ婚。トーク 2

更に! スペサン!
ゴッド・オブ・ヤングジャンプ!!

スペシャルゲスト!

ふなつかずき先生降臨!!











ご本人様からまさかの公認!!
ふなつかずき先生&大津一基市長、ありがとうございます!!

と言う訳で、大津市長のモデル、設定は勿論のこと、
ゆずっぺ周りのできごとは、今後も期待大なのです(笑)。

〇ハレ婚。トーク 3

BGM&Inspired by...

CHIHIRO
「読んで泣けるCD」
RESET~また、したくなるように~』

01.RESET
02.ライバル
03.百年ノ恋
04.Ex-Boyfriend
05.シングルジンクス
06.HOME

発売以来、ヘビーローテーションです。

こちらを聴いて、そして第1話から読み返してみると、驚愕しますよ。
自分で言うのも何ですが、物凄いシンクロに気付いたと思います。

乙女の皆様(そういう子は、ここを読んでないと思いますが。笑)、
やっぱりこれかと思ったでしょ。そうです。

今後、毎週これしか挙げないと思ってるでしょ。それはたぶん違うんだなー♪

『ハレ婚。』を読んで浮かぶ音楽があったり、逆もまた然り。
そして、読んでいると音楽の聴こえ方も変わるとは前回書いた通りです。

その上で、今回はゆずっぺやまどかちゃんの理解も深まった訳で、
今後は小春ちゃん以外のこの二人の魅せ場も増えてくるはず。

そう思うと、それぞれのイメージソング的な連想も自ずと増えるはず。
『ハレ婚。』で豊かな漫画体験のみならず、更にときめく音楽体験です。

ホント、『ハレ婚。』が始まってから、日々のときめきが段違いなんですよね♪

ああ、次回が楽しみ!! そして、ちょっと恥ずかしい&怖いかも(笑)。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2383-2962d2f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。