日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハイファイクラスタ』第1話「愛と勇気は」  

後藤逸平先生が遂に新連載開始ということで、飛び上がって喜びました。
『六攻特課』『Hi-Fi CLUSTER -六攻特課事件実例-』の二本の読切を経て、
再び『週刊少年ジャンプ』で、あの物語が描かれます!

と言う訳で、今まで読んできた読者ならわかるように、タイトルからも明白です。
この三作品は、全く独立した作品ではなく、繋がっています。
今回の新連載に向けたプロトタイプと換言することもできるでしょう。

ちなみに、以前に一度書いた読切の感想はこちらです。

※ただし、上述の通り、今回の新連載と繋がりがありますので、
本作を未読の方は充分に注意された方が良いと申し上げておきます。

後藤逸平先生の『Hi-Fi CLUSTER -六攻特課事件実例-』感想

感想の前に、本作の設定とあらすじを。

舞台は、近未来2045年の東京。
才能(アビリティ)ラベル〟というラベルが当たり前に使われている社会。
人々はそのラベルを貼ることで、様々な才能を発揮する。

貼るだけで『才能』を使いこなせる便利なラベル。
便利なその道具に頼る者、溺れる者もいる。

そして、悪用する者も……。

そこに現れるのが『警視庁 捜査六課 対才能犯罪 攻性特務課』

通称〝六攻特課〟――。




以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。



2045年・東京――
“才能”をダウンロードせよ!!


ハイファイクラスタ



冒頭で申し上げた通り、自分は読切の頃から好きでした。
ゆえに、今回の第1話はもうニヤリでしたね。

言うなれば、おさらいと言いますか、読切のリアレンジで、
プラスアルファと言ったところですね。勿論、初めての方にわかりやすい形で。

ぺーたと彼の出逢いも、ぺーたの巻き込まれも、そこからの展開も、
正に刑事ドラマや特撮ヒーローの王道と言える構成で、実に私好みです。



本作で特筆すべき要素は、言わずもがなですね。
〝才能(アビリティ)ラベル〟です。

ただ「貼るだけ」で、「アプリ化された才能を誰もが気軽にダウンロード」できる社会。
その便利さゆえに、爆発的に広まり、最早生活になくてはならないものになったこの社会。

生まれ持った才能で差がつくことのない公平で平等な社会。
人呼んで〝才能社会(アビリティソサエティ)〟


ここだけ見ると、まるでユートピアのような世界に思えます。
でも、勿論それだけに留まるはずもないですね。

そんな社会でも、「才能ラベルを使う才能」自体は必須な訳で、

僕には その
〝必須〟の才能が
まるで無い

ぺーたが、自分自身を社会不適合者の落ちこぼれだと思い込んでいる点。
これも、自分としては物凄く共感を覚えたところなんですよね。
自分がぺーたくらいの年齢の時って、正にコンプレックスのカタマリでしたから。

以前の感想にも書きましたが、マイノリティーの視点で描かれるのは好みです。
『東京喰種-トーキョーグール-』『亜人』『革命戦士犬童貞男』などが好きな私には、
正に大きな要素であり、ぺーたには自然に親近感が湧きますね。

思春期の彼の視点を通して物語が進んでいくのも好みです。

典型的な「巻き込まれ型」なのも、特撮者としてツボ。
尤も、彼の場合は、巻き込まれてヒーローとして目覚める前の段階、
今は、怪人に襲われる一般人レベルなんですが、それはまあ仕方ないこと。

〝才能ラベル〟という誰もが気軽に使えるアイテム、
そしてその形状と軽さゆえの使い勝手の良さ、
それゆえに、使用や流通に関わる者の中にも悪が……。

これらの要素って、正に『仮面ライダーW』のガイアメモリに通じますね。

属性などに限らず、概念や事象であれば、もっと言えば『言葉』であれば良しで、
いくらでもアイディアが浮かびそうな自由度の高い設定も、思いっきり私好みです。

こういうのであれこれ考えるのがまた楽しいのですよねー。



さて、ストーリーの方は、バイク便のアルバイトをしているぺーたと、
依頼していた不良共が悪人だったという王道の展開。

内気でおとなしい彼は当然逆らうこともできず、怯えながら従います。

そこに現れたのが、最初に出逢ったヤ〇ザ……じゃなくて、あの男!!

警視庁
捜査六課 対才能犯罪
攻性特務課

通称
〝六攻特課〟所属

貫寺晃作

警察だ


来たあああああ!!

やっぱり貫寺さん好きだわあ。格好良い!!

この圧倒的な強さに裏打ちされた飄々とした態度が良いのですよね。
目付きからしてチョイ悪でガラが悪そうに見えて、正義の味方全開ってのがもうね。

読切版も当然のことながら、この名乗りシーンはいつ見ても最高です。

そして、貫寺さん登場と来たらもう、あの名台詞です!!

自分には何の才能もない。何もない。何一つない。
自分は社会不適合者の落ちこぼれだと思い込むぺーた。

目の前の大切な女の子さえ救えない現実。

どうしようもないくらい悲しく、情けない現実。

そこに正義の味方が告げるのです。



だって何も
できないんだ…

目の前にいるのに
僕は何も…

いいのかって…?
いい訳ないよ…

でも僕には
何もできない…!

だって僕には
何もないから!!

助ける力も
才能も…

僕には
何もないんだよ!!


…だから
何もしない
ってか?

!!……

何がなくても
誰にでも


愛と勇気は
標準装備だろうよ




心の底から感動しました。
これですよね。これ!!

読切版でのこの名台詞を感じた瞬間、これはもう愛読だと決めました。

さあ、正義の味方の大活躍です。
最早、貫寺さんの敵じゃないですね。

不良たちもラベルで襲い掛かるつもりですが、そうは六攻特課が卸しません。

ラベルの才能(アビリティ)
ただ なんとなく適当に
造られた訳じゃない
実在の人間の才能を
〝極めて忠実かつ
高度に再現した〟

オリジナルデータ

〝Hi-Fi〟ってのが
元になってるのさ

ここで「普及版」と、「Hi-Fi」の違いについて、
そして、その才能のありとあらゆるデータバンク〝Hi-Fi CLUSTER〟について明言が。

読切版と同じく、ここでやってくれましたね!

――ファイル名
SSK=KZR

【巌流】


と言う訳で、言うまでもなく貫寺さんの圧勝です。

ぺーたにラベルがくっついちゃったところも含め、ここまでは読切と概ね同じ流れ。

ところが……?

なるほど、そうなる訳ね(笑)。

ラベル違法取引幇助の準現行犯ってことで「確保。」ね。

ラベルがくっついちゃったところまでは同じでも、
読切版では、貫寺さんに気付かれずに終わりましたからね。

ぺーたも将来的に〝六攻特課〟に入って活躍というのもあるかなと。
読切版からしても【ニュートン】【呂布】【吉田松陰】辺りは鉄板でしょうね。

貫寺さんの回想に出たのは【宮本武蔵】ですね。
かつての彼の上司か、相棒なんでしょうね。

バディならぬ師匠と弟子って感じで、この二人の今後に期待してます。
その意味では『仮面ライダー響鬼』を連想したりもしますね。

■今回の〝才能ラベル〟

貫寺晃作のラベル

■『Hi-FI』
ファイル名
SSK=KZR 【巌流】(佐々木小次郎のHi-Fi)

【神速の斬撃】とそれを可能にする【反射神経】と【動体視力】、
そして剣捌きの【超精密性】という才能を兼ね備えたラベル

■〝動作認証(ジェスチャにんしょう)〟

〝一閃(スラッシュ)〟
【壁(シェルタ)】

〝一閃(スラッシュ)〟
【割(スマッシュ)】



不良たちのラベル

■「普及版」

〝拳闘(ボクシング)〟
〝近接戦闘術(CQB)〟
〝精密射撃(ピンホールショット)〟
〝速射(クイックショット)〟

第1話からガンガン出てきましたねー。
文字の上にルビを振るつもりで、実際に一部ではそうしてますけれど、
見やすさから括弧付きのこちらの表記にしておきました。いかがでしょ。

一般人が手にすることを思うと、「普及版」でも充分すぎるほど凶悪なんですよね。
それは〝六攻特課〟のような組織とやり方が必要にもなる訳だわ。

ガイアメモリとかテリトリーとか思い返してニヤニヤしてしまいますね。

今後も、バトルのみならず、人間ドラマやぺーたの成長譚としても期待大です。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2370-926fe4bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。