日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサヒ『ワンダ クラフトマンシップ 贅沢炭焼』  

どうも、そわそわして落ち着かない夜です。
平静を装って当たり障りの無い記事を書いてみます(笑)。

ワンダの新シリーズって、思ったほどインパクトが強くないなと。
勿論それだけ求めて重要視している訳でもないですし、
そもそも缶コーヒーに奇抜さを求める方が違うでしょうしね。

自分の場合は、結局ブラックに戻る感じですね。
他だと、王道の『モーニングショット』(赤い缶でAKB48でお馴染みのやつね)、
『金の微糖』辺りに行き着くお決まりコースです。

そんな中で、こちらは割としっくり来ました。

その名の通り『炭焼』ということで、炭焼き焙煎がウリです。
ほろ苦いタイプは好みなので、良かったです。

ただ、これも好みの話なのですが(最初から好みで好き勝手書いてますが)、
苦みと香ばしさがポイントなら、もう少し甘さ控えめでも自分は良いくらいです。

缶コーヒーという種族に生まれた宿命でもあり、命題でもある万人への訴求。
その意味からしてこの甘さという解は正に真でしょう。

これで正しいのだと思います。それはわかります。

ただ、もうちょっとブラック寄りでも私的には良かったよなあと。

だったらブラック飲んでろよってね。はい。

ちなみに、ブラックの対極である甘さとしては、
やっぱり同シリーズでは『ワンダビッグ』でしょうね。疲れた時に飲みたくなります。
これはロング缶で店頭は勿論、自販機でもなかなか見かけない商品です。

缶コーヒー一つ取って見ても、いくらでもネタが溢れる一方です。
ブログに書くネタがないなんて言ってる人が信じられません(笑)。
世の中、ネタだらけじゃないかと。

昨今、コンビニのコーヒーの影響で売り上げが低下していると嘆かれる缶コーヒー。
私に言わせれば、缶コーヒーは「缶コーヒー」という一つのカテゴリなのです。

缶コーヒーは奥が深いです。これからも長く付き合いたいです(笑)。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2364-71af1b18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。