日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髙橋ツトム先生の『二次元JUMPIN'』が新連載決定!!  

先生の公式サイトにて公式発表もされて、嬉しい限りです!!

『二次元JUMPIN'』

9月25日(木)発売の
『週刊ヤングジャンプ』で新連載開始!!




読者にとっては、正に「待ち構えていたこの時」と言ったところでしょう。

『天間荘の三姉妹 スカイハイ』の連載中、
随分前から、今年は別に新連載も決まっていると先生が仰っていましたし、
続く日記の続報では週刊連載だと仰っていましたからね。
ヤンジャンに再び戻ってくださるのは、正に想定通りであり願ったり叶ったり!

『ヒトヒトリフタリ』から『天間荘の三姉妹 スカイハイ』が始まった頃と同様に、
『天間荘の三姉妹 スカイハイ』から『二次元JUMPIN'』も、殆どブランクなしです。

こうして間が空くことなく、先生の新作をずっと愛読し続けていられるのはありがたいです。

『天間荘の三姉妹 スカイハイ』と『不能犯』の為に『グランドジャンプ』購読してきたし、
『週刊ヤングジャンプ』は変わらず購読してますので、正に好都合です。

眼にすればするほど、声にすればするほど、なんて気持ちの良いタイトルなんだろうかと。
実に清涼な韻で素敵です。またしても全く新しい先生の意欲作で、堪らなく嬉しいです。

無論、毎週の感想と共に本誌保存しながら、これからも愛読します。

期待してます!
関連記事
コメント

もつぽんさんが、話題にしてて誰だろうと思いましたが、納得です。僕は初めてなので、しばらく様子見ですね。

追記
積んでいた雑誌は、整理できたんですか? 僕は、プロファイリンしようとすると困難に思うのは、糊付けで束ねてる週刊少年ジャンプとかですね。あれは、ネットでもバラバラにうまくする方法書いてないから。困りものです。

風流 #- | URL
2014/09/08 20:28 | edit

>風流さん
こちらにまで、コメントどうもありがとです♪

もつぽんちゃん、最近元気にしてるのかしら?
最近はうちを見てないんじゃないかと(笑)。

ああ、『ヒトヒトリフタリ』連載時はヤンジャンをご覧になっていなかったのですね。

記事にも書きましたが、ヤンジャンで『ヒトヒトリフタリ』連載→
完結後もブランクが然程なく(一ヶ月程度)、最終回で新連載告知→
グランドジャンプ(月ニ回刊行)で『天間荘の三姉妹 スカイハイ』連載。
そういう流れで、今回もまたブランクなしで、堪らなく嬉しいです。

先生の今までの作品については、うちもある程度は感想を書いてきました。

『地雷震』『スカイハイ』『士道 -SIDOH-』『爆音列島』辺りが有名で、
『スカイハイ』は実写化もされてますので、そちらをご覧になるのもまた一興かと。

最新作『天間荘の三姉妹 スカイハイ』も単体としてオススメなのですが、
ちょうど現在発売中の本誌で最終回ですから、そこだけ読ませてもなあと。

今回は、全くの新しい作品で、当たり前ですが、初めての方も問題ありません。
私も風流さんも全く同じスタートラインということです。
私は今からとことんプッシュする気マンマンですので(笑)、
ご縁があれば、ご一緒しましょう♪

>片付け
ファイリングのことね。
プロファイリングだと、犯人像特定のための資料収集方法ですから。

進んでる訳がないーってな状況です(おい)。
平綴じ(背表紙がある少年ジャンプタイプ)と、
中綴じ(ヤンジャンタイプ)では、
後者の方が楽ですね。慣れてコツを掴めたら前者も楽です。

うちだと、前者は週刊少年ジャンプ、月刊ヒーローズ、
月刊アフタヌーン、BE・LOVE、ジャンプ改辺りかな
(漫画雑誌だけに限定すれば)。

後者は、ヤンジャン、グランドジャンプ、ヤンマガ、ミラクルジャンプですね。
最近はヤンジャンが毎週二冊ずつ溜まるので(夕暮れナンセンス ネクサスのPR文紹介記事参照)、
早いとこ手を打たないとなあと(笑)。

如月 #ksMIDlhw | URL
2014/09/08 23:52 | edit

>二次元JUMPIN'
確かに声に出して言うのも不安だし、字面だけ見ても
なんだそのタイトルは……と何やら痛苦しい感覚が
ひしひしと伝わってくる感じがするが(ぉぃ)、どういう
切り口で何が飛び出してくるのか、おっかなびっくり待っています。

高橋ツトム作品は、通して追ったのはヒトヒトリフタリくらい
だなー、士道とスカイハイは飛び飛びでしかチェックしてない
感じで、語れるほど詳しくないが。切り口はワリと変化球で
尖っているけど、やってることは正統派なイメージですね、
少なくとも、僕が感じている印象はそんな感じ。

士道の高杉晋作のキャラ造形はぶったまげたが、
れーぼりゅーしょんれぼりゅーしょん♪が、通りゃんせ
通りゃんせのリズムと知った時は感動した。明らかに
おれの知ってる高杉晋作ではないのだが、その切り口は
ロックだなぁ、とw

あとは、自身にヒトヒトリ~でのムネオがいい味だしてたw
実際は、小泉と天敵なんだけども、まぁ、漫画ならではの
ドリーム内閣だったなぁ、とw

二次元JUMPIN'は、やっぱりタイトルからして、
三次元はクソだ、二次元に行きてぇええ!!と
ネットで満ち溢れる怨嗟の声をガチで漫画にして
みた的な切り口なんですかね、いや、事前情報とか
全く仕入れてないけども、普通に考えるとそれ系な
予感がして(こぅらw

或 犬良 #IY7bLZJE | URL
2014/09/17 00:26 | edit

Re: タイトルなし

>或 犬良さん
おおおおお!! 更にコメントとは!
重ね重ね感謝です! ありがとです♪

遂に『ハレ婚。』コメントキタコレ!

と思って拝見したら、まさかのこっちとは!(笑)

>声に出して言うのも不安だし、字面だけ見ても
……ん? あれ……? 私と逆?

>何やら痛苦しい感覚がひしひしと伝わってくる感じ
なぬ! おーい!(笑) もしもーし!

なるほどなるほど、犬良さん的にはそっちでしたかー。
こっちは完全に心がジャンピンだったのよん(笑)。

>先生の作品
そうそう! 自分も同意見です。
一見「え? 凄い設定だなあ!」と驚かされるのですが、
テーマ、作劇などはド直球で熱いハートだよなあと。

>高杉晋作
ありましたねえ。ロックだよねー(笑)。
実は自分もちゃんと集められていないので、集めたいです。

>ヒトヒトリフタリ
うんうん、懐かしいですね。
ご一緒できた頃を思い返します。

>ドリーム内閣
誰がうまいこと言えと(笑)。

うん、確かに犬良さんは「ムネオ」ツイートが多かった(笑)。


>「真実」を飲み込み、日本を「可視化」。
荘一郎のあの一件は、本作最大の衝撃でしたね。
あの一件を読者がどう思うかで、分かれそうな気もしますね。

総一郎とリヨンの二人、そして先生。
今の漫画シーンでこの作品を貫き通したことこそロックだなと。

>二次元JUMPIN'
ああ、タイトルからの連想がそっち系?
つまり、電波な方向と(こら。笑)。

犬良さんのこのコメント、おもろいわー♪
まんまアキバレンジャーのメンバー感ある(笑)。

ここで書いちゃうとネタばれになっちゃうので控えますが、
先生の公式ブログで、タイトルについてはちょっと触れられてます。
題材としては犬良さんも嫌いじゃないところかと思っていたり。

如月 #ksMIDlhw | URL
2014/09/17 01:54 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2355-ef64479f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。