日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天空侵犯』第34話 で?  

あれもこれも更新が遅れっぱなしのブログですが、こちらもそうです。
しかし、こちらはサイトの方が毎週更新されるので、読めるうちに読んでおかないと。
そう、私は在宅派の自室PC読者です。
だから、ここで読み逃すとコミックス発売までアウトなんですよね。

コミックス第2巻収録分のストックも溜まったことですし、色々と期待してます。

ちなみに、コミックス第1巻の単独記事はこちら。

原作/三浦追儺 漫画/大羽隆廣『天空侵犯』第1巻(講談社コミックス デラックス)

こちらは紹介記事を意識したコミックス単独記事ですけれど、
判断はご覧になる方に委ねようかなと。
一応、未読の方はご注意くださいと、注意書きはここでしておきます。



さて、以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。



マンガボックス公式サイトで絶賛連載中!!

待望のコミックス第1巻も好評発売中!!


原作:三浦追儺
作画:大羽隆廣


天 空  犯



今までで最もやられたーと思ったサブタイトルだったかもしれません(笑)。

さて、早速ですが、まずは訂正とお詫びから。

前回の感想で、とんでもなく馬鹿なことを書いてしまっていますね。
いや、もう読者として恥ずかしい限りです。大失態です。
正直、抹消して書き直したいレベル。

尤も、その時の感想ということで、連載を追いかける感想とは日記的な意味合いもありますし、
誤字脱字の修正ならまだしも、本文を後から書き直すのはフェアじゃないですので、
自戒と恥さらしのセルフ羞恥&周知プレイという理由からも、ここで触れておきます。

『仮面』を調べられるチャンスというのは、読者なら誰もが思った通りですが、
「内側のアレ」とか「位置情報」とか、やっちゃったなあと……。

んなもん見たらゆりちゃんがアウトだって。

我ながら、なんて馬鹿なこと書いたのかと。
気付いて愕然としましたね。おまえ、本当に読者かと自分に言いたい。

ここまで落ち込んだのは本当に久々でした(苦笑)。

閑話休題。

冒頭から早速『仮面』がすんなり外されて、爪男の『素顔』が……!

ここで驚愕の言葉が!!

なるほど、「装着者の『仮面』を外しても、もう元には戻せない」とは。

換言すれば、「人は『仮面』を着けられた時点で、終わり」というあまりにも残酷すぎる現実。

『仮面』を外しても、まだ頭の中で命令(コマンド)が生きているだなんて……。

『時空戦士スピルバン』のある重要な展開でも、ここまでハードではなかったのに
(敢えて、わかりにくい例えにしてみる)。

ああ、これって、『ジョジョの奇妙な冒険』の『石仮面』に近いと言えますね。

『仮面』を装着(骨針が刺さることで脳が異常進化)した時点で、
一度吸血鬼になった人間は、もう元には戻れない事実。

『仮面』で装着者に影響を及ぼすことはできても、その逆は外しても有り得ないと。

この一連の場面は衝撃的でした。

そして、更に衝撃なのが次の場面。

男が話そうとしていたこと。
この『仮面』の本当の目的
この世界について、わかったこと。

それらを口にしようとした時――!!

命令(コマンド)は更に強い言葉(シグナル)で、それを許しません。

舌を噛み切るという自殺という名の完璧な『他殺』です。

他殺と証拠隠滅がワンセットという徹底ぶり。
ダイイングメッセージを残す猶予すら与えませんし。

特に、この『世界』の真実の漏洩防止については、徹底してプログラムしているのでしょうね。

男が最後の最後で口にした言葉、この「領域」というのは要注目ですね。

この単語から率直に思い浮かぶこととしては、支配から逃れられるエリアとか、
逆に言えば、支配できる範囲には限界があるとも考えられます。

ビルと橋で極端に限定してみせたこの『世界』で、
このゲームの首謀者が何を企んでいるのか、真の目的とは何か、
勿論、それも含めて考えていきたいところですね。



ある程度は覚悟していたとは言え、衝撃の連発でした。

これで終わらずに、次の場面では打って変わって微笑ましい構成なのも秀逸。
なるほど、前半と後半で巧い構成ですね。

ニセちゃんとの握手、そして交し合う言葉。

実に嬉しい場面でした。頬を赤らめる彼女もまた愛らしいです。

そして、ヒキがこう来ますか!

この灯台下暗しでした的な展開も実にニクイですね。

サブタイトルの「で」も、これで納得(笑)。

何もわからないまま、気付いたら「いきなり」この異常な『世界』にいたゆりちゃん。
読者と同じ状態で、読者とリンクする視点でここまで描かれ、
その中で、『仮面』やこの『世界』について少しずつわかっていく展開。

この全体の構成そのものが実に良いと思うのですが、
ここに来て、第1話を想起させる展開になるとは!

電話と来たら、もう「お兄ちゃん」だよね。

「ふおお!」には思わず笑いました。
お兄ちゃんのことになると飛びつき方が違うもんね(笑)。

さて、ここでもまたワンクッション考えられますね。

■電話は繋がるのか

こちらの電話は大丈夫でも、あちらの電話は生きているかどうか。
既に紛失、略奪、破壊されている可能性も一応は考慮してます。

勿論、お兄ちゃん黒幕説も依然として頭にありますが(しつこいか)。

真面目な話、お兄ちゃんスナイパー説も充分有り得るでしょうしね。
写真を眼にした時のスナイパーが、あれだけで終わるはずもないし。

■電話に出られるのか

当然ながら、ここで続いて気になるのは、お兄ちゃん自身の安否。
上記の件は電話機についてですが、こちらは所有者についての問題。

上記と同様に、お兄ちゃんも既に無事ではないとしたら……。

こうして、一つ一つのことにも、いちいちあれこれ考えられるのが良いです。
こういうチマチマ感で思考するのも、自分には物凄くツボなのです。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2296-60dc0c6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。