日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』07 学生気分の女  

それでは、今回の感想を。

その前に、ご存じない方、初めて知ったという方に、
本作の紹介と、あらすじを。

6/23発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

〇前回までのあらすじ

地元を離れて東京で暮らす主人公・前園小春
恋愛運サイアクな小春は、ある悲劇から、傷心で帰郷。

帰ってきた地元では、とんでもない条例が……!?

そこで出逢った謎の男・伊達龍之介には妻がいた。
伊達柚子。そして、伊達まどか

妻は二人いた……!? これって、どゆこと?

龍之介は、更に小春にプロポーズ……!?

一度は断った小春だが、ある理由から彼と再会することになる。

語られる彼女と彼の過去。

そして、決断の時。




〇今回のツイッターPR文

如月@『ハレ婚。』愛読 ‏@februaryxxxx
【愛は永遠。そして、3つある。】NON先生の最新作『ハレ婚。』大絶賛連載中!
【理想と現実。そして、決断。】遂に物語が加速する時!
07 学生気分の女 本日8/4発売の週刊ヤングマガジンに掲載! 必見!
#ハレ婚。 #ヤンマガ




と言う訳で、連載も一ヶ月が経ち、コミックス第1巻収録分まで進んで、
あらすじに関しては、そろそろ三人娘の名前を出したり、
この街の「とんでもないアレ」に触れても良いかなと(そこがミソですし)。

以下は今回の内容に触れている感想なので、未読の方はご注意くださいませ。
本作は初めての方がどの回から読んでも、絵柄とお話で楽しめますし、
試し読みなどと併せて、今なら本誌にシフトしやすいですので、気になる方は是非是非♪

歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
新たなる女と男のドラマがここに始まる!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!


待 望 の 新 連 載 !!

本誌公式サイトで試し読みコーナー開設!!

今回はカラーで本誌表紙!!



は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
構成:手塚だい

07
学生気分の女



正に「静から動」って感じでしたね
(表紙的には「静香ちゃんから小春ちゃん」とも言う)。

前回は静寂、溜め、そして、頭突きの一撃(笑)。
対して今回は、のっけからガンガンやってくれる展開。うわー!



うん、やっぱ、めっちゃ豪邸だったね。
これは1コマ目の小春ちゃんの表情もわかるわ。
何と言うか、眼に「しちゃった」って感じだもんな。
決して「きゃー♪ 素敵! すごーい!」の方じゃないわな(笑)。

いくら「特区でお得ゥ!!」で某先生に似た市長がやる気全開とは言え(笑)、
助成金などがあるとは言え、25歳でこれって凄いな。
しかも無職で(これについては、それで大丈夫だという前回の台詞に要注目ですが)。

冒頭から早速気になる台詞が。

家計はまどかちゃんに任せているとのこと。
なるほど、確かにきっちりしたことは彼女が向いてそうですね。

と思っていたら……?

ページを捲ったら……?

いきなりの不意打ち(笑)。

あんたの胸が凄いよ。

上から目線の上からゆずっぺ登場。

本作におけるスパイスだと思っているので、この登場はニヤリでした。
それも、彼女の場合、飛びっきりの激辛のね。

ゆずっぺ、無駄にナイスバディで非の打ち所がないんだよなあ(無駄言うな)。
初期から胸がインパクト絶大でしたけれど、腰のくびれも特筆すべき点でしょう。

って、何の感想書いてんだ私は(笑)。

またこの意地悪っぽい表情も味だよねー。
龍ちゃんが悪魔フェイスなら、ゆずっぺは正に小悪魔フェイスって感じ。

ほえ~! プールもサウナもある!?

高級ホテルみたいな家だなあ。

そして、ここでもまた重要な台詞が。

家具や内装は殆どゆずっぺが決めたとのことで、
ここでも彼女の我の強さが窺えますね。

それにしても、小春ちゃんに高圧的だなあ。
まあ、ネギアタックの一件もあったので、当然と言えば当然かもしれませんが。
まどかちゃんとも仲良しって感じではなかったし、ほんとに大丈夫なんかこの夫婦生活(笑)。

小春ちゃんは歯に衣着せぬ物言いタイプですけれど、
ゆずっぺも当然ながらそのタイプで、ここで立場が丸っきり逆転というのが興味深いポイント。

言うなれば、小春ちゃんにガンガンツッコミ入れられる人物ってことですからね。

で、まあ言われる言われる(笑)。

のっけから「デレスケ」。
続いて「胸も仕事もねえような小娘が!!」で大爆笑(笑)。

最後も「思っでんのが!?」なのがミソ。「か」じゃなくて「が」ね。ここ大事。

ゆずっぺも小春ちゃんに勝るとも劣らぬデフォルメ&コミカル変顔芸が素晴らしい(笑)。



上から目線で登場のゆずっぺに対して、まどかちゃんの視線もやっぱり(笑)。

まるで害虫でも見るかのような冷たい視線が痛いなあ。

そして、旦那の悪魔フェイス。

来たよ(笑)。これだよね。

紙袋を手渡す時、猫背気味なのがポイント。龍ちゃん、毎回良い味出してるわあ。

ここで、ゆずっぺから一言。

ああ! 何故に触れなかったのかと。うわー! これは大失態だった……!

そう、「1000万も丸々必要なわけ?」って正にそうだよね。
これは指摘して然るべきところでしたね。

そもそも、この額を「出してみせた」のは龍ちゃんであり、
小春ちゃんは「指定」もしてないですからね。

「借金」という点から話は展開していきましたけれど、
その額については小春ちゃんもお母さんも口にした訳でもないですしね。

ああ、大失態。



と思ったら……!?



1000万ゲットしたと思ったら……!?



足りないのかよ。

3000万て。

お父さんも入院で、そちらの費用もあるでしょうけれど、
1000万でも足りなかったって、これもやられましたね。

盲点に次ぐ更なる盲点といったところで、見事にやられたなあと。
読者の思い込みを上手く活かしておられて、嬉しい悔しさを味わいました。



この次こそが重要な場面ですね。

ゆずっぺのツッコミはご尤もだとして、まどかちゃんの台詞もポイント。
流石の伊達家にも、3000万はないと(普通はそうですよね)。

そして、この次!

龍ちゃんの方を振り返る小春ちゃん。

この時、龍ちゃんに動揺の色が。

彼のこんな表情は、初めて眼にする場面です。

流れる彼女の涙。

そして、男の沈黙と物憂げな瞳……。



『彼』の決断。



……よし



決断が早すぎ。

そして、凄すぎ。


ページ捲った瞬間にこれかよ(笑)。

龍ちゃん、笑ってるのあんただけだよー。

そら、ゆずっぺもこんな顔になってしまうわ(笑)。



と言う訳で、伊達家は家を失う羽目に……。

龍ちゃんは気にも留めずに「家なら市が支援してくれるじゃないか」と、
さらっと言ってのけてみせましたが、ゆずっぺは当然の如く激怒。

この展開には、まどかちゃんも流石に怒るよなあ。

歌で言えば間違いなくここがサビです。

これは本作そのものに響く重大な展開です。

最早、小春ちゃんや前園家のみならず、伊達家も巻き込んだ話ですから。



これには呆然とさせられ、つくづくやられたなあと。

と思ったら、サビの後にもっと凄いサビがありました的な展開!!

隣のページとのギャップが凄すぎる(笑)。

なるほど、小春ちゃんのそれぞれの感情・思考でこんな描写が来るとは脱帽!!

自分内脳内ミーティングは私もやるのでわかりますが、
それにしても、こんな見事な描写が来るなんて、もう!!

「甘ったれ」ちゃんだけ水着がひらひらなのもニクイ(笑)。

って、ちょっと待ったあああ!!

「真面目」ちゃんが眼鏡じゃないの!

デリシン読者垂涎の一枚!!

個人的には「偽善」ちゃんもツボでしたけれど(笑)。



まとまらない自分内脳内ミーティングな訳で、とんでもなくカオスな状況。

そして、彼女は「爆発」しました。



『彼女』の決断。



今回もまた見開きページが実に効果的でした。
しかも、左側の『二人の妻』の方がアップで、『龍ちゃんと小春ちゃん』が奥なのがニクイ!

そして、この構図の後!

二人のアップ!

やられた! そう来たかと!

この時の小春ちゃんの決意の表情が堪らなく好きです。



さて、遂に「男も女も決断した」回でした。

今回の最大のハイライトは言わずもがなですね。

小春ちゃんが遂に決断して、そして宣言したことです。

もう一点重要なところがあります。

龍ちゃんが動揺した表情については上述の通りですけれど、
最後のページも要注目です。

ここでも龍ちゃんは動揺の表情です。

今まで求婚してきた彼自身が、この答えに驚いた表情。

これは極めて重要なところだと思います。

話は戻りますが、小春ちゃんが3000万だと知って振り返った時、
龍ちゃんは今までに見せたことがない表情になりました。

驚きも当然あったでしょう。そして、悲しみも憐憫の情も湧いたでしょう。

ここで思ったのは、龍ちゃんも小春ちゃんも実は似た者同士なのかもなって。

「思い立ったら行動」という部分では、凄く近い人じゃないかと。

水と油のようで、地球の端っこと端っこすぎて実は隣でしたみたいな。

何よりも、既に二人の妻がいるのに、それでもその家を売り払った事実。

そして、放心から倒れこむ彼女をただ一人支えたのが龍ちゃん。

人間性やアプローチはどうであれ、やっぱり彼の愛は本物じゃないかと。

いくら彼が家の主だとは言え、この決断は凄いです。
家計についてはまどかちゃんに任せている訳ですし。
ゆずっぺは言わずもがなのあの性格ですし。

それでも、小春ちゃんは助けたい彼の想いだけは本物なんだなと。

実に格好良いじゃん。

実に「熱い」じゃないですか!

そして「巻き込まれ」型でこんなことになったとは言え、
それでも決断して宣言してみせた小春ちゃんの心意気たるやもう!!

一方は望んでいた展開で、もう一方は望まずしてそうなってしまった訳ですが、
だからこそ「これから」がますます楽しみです。

まどかちゃんとゆずっぺからしたら快く思えないのは当然です。
それでも、『3人目の妻』を「やってやるわよ!」と宣言した小春ちゃん。

小春ちゃんも実に格好良いですし、堪らなく「熱い」です!

まさか、こんなに燃える漫画だなんて。

もうこの時点で、私の中で『ハレ婚。』は揺るぎない名作として、別格。

とことん燃えて愛読しますよ。



さて、こうなると市の支援で、ゆずっぺが言うところのボロ家住まいになりそうですが、
前園家を救う代わりに、伊達家はお金を失ったことも大きいですね。

龍ちゃんのあの言葉の意味、そしてまどかちゃんとゆずっぺの仕事も気になります。

臓器ブローカーの知り合いなんてさらっとあの表情で言ったのも怖いね(笑)。

小春ちゃんも当然仕事が必要ですし、色々と気になることだらけで楽しみです。
持ち直した『COFFEE&PUB ルパン』に勤務というのが順当なところでしょうが、
その働きと収入だけで、ゆずっぺが納得するかどうか(笑)。

ゆずっぺは夜の仕事っぽい感じもしますが、外見だけで判断するのは早計ですね。
一緒にそっちで働けって流れも浮かびましたが、ゆずっぺ方言出るの大丈夫かなと(笑)。

ああ、もう! 考えるだけで楽しくて仕方がない! このワクワク感!

デリシン連載時にも書いた感覚が思い返されました。

「自分の中にデリバリーシンデレラがあるんじゃなくて、
デリバリーシンデレラの中に自分がいる感覚」

これとはまた少し違うのですが、『ハレ婚。』は自分にとって本当に密接な感覚。
本当にリアルに感じています。NON先生の作品ならではの読み味と独自の感覚。



〇ハレ婚。トーク 1

今回のPR文パート2

如月@『ハレ婚。』愛読 ‏@februaryxxxx
【表紙もお祭り。そして、小春ちゃん!】
本日8/4発売の週刊ヤングマガジンにて、表紙は中村しーちゃん(中村静香ちゃん)と小春ちゃんの夢のコラボ!
中身も『ハレ婚。』本編は衝撃の展開!
07 学生気分の女 掲載! #ハレ婚。 #ヤンマガ


連載開始当初から期待したら、早速実現してくれてバンザイです。

カラーでまた本誌表紙を飾ってくれて嬉しい限りです。保存版ですね。

〇ハレ婚。トーク 2

今回のハレ婚。ツイート

如月@『ハレ婚。』愛読 ‏@februaryxxxx
前向きに本日の『ハレ婚。』祭りを楽しみたい。そして、巻き返す。 #ハレ婚。 #ヤンマガ


うん、これは口だけで終わらないように、早めに心掛けないとなあ。
そもそも、遅れんなよって話ですよね(苦笑)。

遅れるような不祥事があった際には、先生からネギで叩かれたいです。

でもね、真面目な話、『ハレ婚。』って漫画はこんなにも凄いんだよってこと、
それが伝わらないとおかしいだろうって思うし。まだまだガンガンプッシュしますよ。

〇ハレ婚。トーク 3

BGM&Inspired by...

CHIHIRO
アルバム『LOVERS』

例によって同じです(笑)。

他にないのかと言われそうですが、ありますよー。それはまたおいおい。

本誌展開もいよいよ「真の始まり」ですから、更に燃えて愛読したいですね。
関連記事
コメント

この流れ超ウケ過ぎ!!

1000万まるごとじゃなくても。?

300万や1000万どころか3000万!!

家の買い手がいてよかったネ。
!!!

この流れが超ウケ過ぎる。!

鎮死剤から #- | URL
2014/08/06 10:08 | edit

Re: この流れ超ウケ過ぎ!!

>鎮死剤からさん

『ハレ婚。』も読んでおられたのですね。
うちをご覧になっていたのも驚きでしたが、こちらも嬉しい驚きでした。

シリアスからコミカルまで、ノリ良し、ネタ良し、テンポ良しで最高です。

あの場面はもうね(笑)。
ビックリと共に笑いまくったポイントでした。

今回で決定打が来ましたから、次回からの展開が楽しみです。

如月 #ksMIDlhw | URL
2014/08/10 13:43 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2294-581f7dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。