日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』05 注文の多い女  

それでは、今回の感想を。

その前に、ご存じない方、初めて知ったという方に、
本作の紹介と、あらすじを。

6/23発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

〇前回までのあらすじ

地元を離れて東京で暮らす主人公・前園小春
恋愛運サイアクな小春は、ある悲劇から、傷心で帰郷。

帰ってきた地元は、ちょっと変? いやいや、かなり変?

そして、ある男との出逢い。

男は、小春に対して信じられない行動と告白を……!

小春は、ある理由からその男と再会しようと試みるが……?




〇今回のツイッターPR文

如月@『ハレ婚。』愛読 ‏@februaryxxxx · 7月19日
【愛は永遠。そして、3つある。】故郷ではとんでもない条例。フクザツな事情。
NON先生の新境地! 最新作『ハレ婚。』大絶賛連載中!【困った時はナニ頼み?】
05 注文の多い女 本日7/19発売の #ヤンマガ に掲載!
曜日が通常と異なるので要注意。 #ハレ婚。


と言う訳で、海の日の関係で土曜発売だったんですよね。
いくらのろまのマイペースとは言え、もっと早めに書き上げておかないとね。

以下は今回の内容に触れている感想なので、未読の方はご注意くださいませ。
本作は初めての方がどの回から読んでも、絵柄とお話で楽しめますし、
試し読みなどと併せて、今なら本誌にシフトしやすいですので、気になる方は是非是非♪

歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
新たなる女と男のドラマがここに始まる!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!


待 望 の 新 連 載 !!

本誌公式サイトで試し読みコーナー開設!!

新展開! 小春ちゃん、アクション開始!!



は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
構成:手塚だい

05
注文の多い女



〇呼ばれて飛び出て……?

前回のオチだった「連絡先知らねぇ!!」が最高でした(笑)。

と言う訳で、お父さんなら連絡先を知っているかもと、病院に向かう小春ちゃんです。

なるほどね、確かに龍ちゃんと最初に逢ったのも病院でしたしね。

お父さんの出番もあるなと楽しみにしていました。

いざ、ご対面ー!



……って、あれ?

んんん?

またか。

お父さん、懲りずに『ナースコール』。

ちなみに、ここで言うナースコールとは病院の設備のそれではありません。
エッチな雑誌の名前です(笑)。

お父さん、持ってる雑誌とシリアスな表情が合ってなさすぎ(笑)。

と言う訳で、『ナースコール』はまたしても小春ちゃんの手でご臨終。

買ったばかりの最新刊が(笑)。



前回に続き、またしても冒頭から掴みが巧すぎる! ああん、もう(笑)。
今回も良し。ああー笑った笑った。もう力いっぱい笑わされた感じ。最高です。



〇扉ページ

前回の海岸に対して、今回は神社です。
小春ちゃんの構図も含めて、実に良い対比ですね。

本作は背景や自然物の描写も凄く力が入っていて、そこも注目しています。



〇猫目をたずねて三千里?

いやー、扉ページの次の1コマ目がツボ!
先生の可愛らしい女性キャラクターが上手に描けないのですが、
龍ちゃんのデフォルメされた時の目は描きやすくて楽しいです。
ボールペンやサインペンですが、ちょっとした時に描いてみたり。

それにしても、この1ページは凄い!
先生の絵と表現がいかにポップでキャッチーで優れているかわかるし、
その魅力が、このページに集約されているんですよね。実に良いですね。

まず、1コマ目が猫目(笑)。
続けて、特徴を列挙しながら、お化けポーズ。ここ、めっちゃ好き!
そして、小春ちゃんの反応と、全身の立ち姿!

表情豊かで愛らしくて、本っ当に小春ちゃんは可愛い! 良い!



さてさて、ここでお父さんが何か知っていないかと。重要な場面です。

龍ちゃんのアドレスも知らないようで、すんなり前進とはいかないっぽい感じ。

ところが、そちらはまだ仕方ないとしても、ここでの会話は収穫でしたね。

「うちのお得意さん」ということで、聞き捨てなりません。
なんと、「ほぼ毎日のように」来店するそうで、それが「4年近く」も続いている……!?

更に決定打となるお父さんの一言。

「おれも彼の大ファンでな」

ホストか作家辺りではないかと予想したことはありましたが、
「ファン」ということなら、後者であっても頷けますね。

他に考えられるのは、ミュージシャン、俳優といったところでしょうか。

彼が持参した冗談みたいな大金の出所がどっちからなのか、
それがまだはっきりしないものの(笑)、相当なやり手なのかなあと。

帰郷した田舎が舞台なので、やっぱり作家かなあ……。
企業家とか財閥の息子とかもありそうですけれど、どうかなあ。
バカ売れしたバンドマンとか一票投じたいですが、絶対違うだろうし(笑)。

これは核心に触れるチャンス! 凄い展開になってくれ……

……たと思ったら、あらー!?

何この超絶セクシーナースさんは。

しかも、口調まで思いっきり完璧じゃないの。
市長と違う方向で口調が完璧な人が出てくるとは(笑)。

ここで、お父さんシリアス決め顔!

本日二回目(笑)。

その後のエロ親父全開ぶりとのギャップに大笑い。

二人とも「注射」じゃなくて「お注射」なのがまた良し。
特にお父さんが真面目な顔でこれだもんなー。

このナースさんのお名前は、ユカちゃんね。
で、『ナースコール』本誌の裏表紙広告にあったのは……。

流石に偶然じゃないよね。いや、偶然だよね。って、どっちなんだ私。
あの裏表紙、やけに設定が詳しく書いてあって、まさかと怖くなる(笑)。

I県●●病院勤務て。

先生、またしても凄い小ネタ入れてきますねー(笑)。

まさかのデリシン的展開も頭の中に留めつつ(留めるなよ)、
ユカちゃんは今後とも色々な意味で要チェックですね。



〇自転車全力で~♪

そんなこんなで、肝心なところで手掛かりは掴み損ね、
お注射タイムでもうそれどころじゃないので出直すことに。
お母さんの方もお店のことで内心堪えていますし、
やっぱり小春ちゃんは孤軍奮闘で再スタートですね。

扉ページもそうなんですが、風景から季節感も伝わってくるのが良いですね。
小春ちゃんが自転車を漕ぐ姿、青空と流れる汗、実に良いですね。

ここで、ひょんなことから神社にお参り?

お年寄りの何気ない一言に真理があったりもしますし、
こういうさりげない会話から次の展開に踏み出すって、好きな感じです。

ここでも「素直すぎる女」らしいところが伝わりますしね。

続いて、神社の描写も綺麗で素敵ですね。

こういった田舎町の素朴な雰囲気が毎週のように味わえるかと思うと、わくわくするなー。



〇五円のご縁?

いざ、賽銭箱に五円を投げて、神頼み!

そのお願いって切実なことなんですが、静かに言葉が紡がれたのが良いですね。
軽すぎず、重くなりすぎない描写で、なるほど良い場面だなあと。

ここで狛犬が喋ったー!?

妖怪? モンスガ!?

いいえ、『ハレ婚。』です。



〇狛犬と赤いきつねと緑のわかめ?

龍ちゃん登場。

必死に捜し求めて辿り着いたのではなく、このあっさり感が「らしい」なあと。

龍ちゃん、相変わらずの神出鬼没っぷりで行動が謎すぎるのが良し(笑)。

そして、いつもながら「基本低血圧です」みたいな表情とオーラがまたね。

やっぱり悪魔フェイスですし。

職務質問食らう常連っぽいナイス容姿ですし。

あ、全部誉め言葉というか美味しいポイントですよ。念の為(笑)。



いよいよ、次号で龍ちゃんの正体がわかりそうですね。

勿論、まどかちゃんやゆずっぺも含めてですが、容姿からして彼は若いし、
お父さんから「大ファン」と呼ばれる龍ちゃんは何者なのか、
また、三人での(それ以上の可能性もありますが)夫婦生活も気になりますね。

龍ちゃんが『COFFEE&PUB ルパン』に通い始めてから、約「4年近く」
小春ちゃんがこの町に帰ってきたのも「4年ぶり」

奇しくも行き違いとなったのは、皮肉なのか、ラッキーだったのか(笑)。

次回でもまだ龍ちゃんについて完全に判明しないようであれば、
今度はお母さんか、もしくは同級生などを当たる展開も面白いかなと。

「大ファン」という言葉がどれほどの重みか、どの程度の規模の人か、
うーん、とにかく龍ちゃんは謎が多すぎるのも、寧ろ良いところです(笑)。



〇ハレ婚。トーク 1

今回のハレ婚。ツイート

如月@『ハレ婚。』愛読 ‏@februaryxxxx · 7月19日
まだ土曜なのに『ハレ婚。』最新話を購読できるなんて、めっちゃ得した気分。
その分、次までが長くなるけれど、まあそこはそれ(笑)。 #ハレ婚。 #ヤンマガ


ほんと、これ。嬉しい驚きでした。

そして、次号までの焦らしプレイを楽しみながら燃えたら良いのです。

〇ハレ婚。トーク 2

本誌感想記事以外の支援&お祭り企画も、現時点で既に「3つ」あります。
コミックス第1巻、もしくは第2巻発売時辺りが良いタイミングだと思うので、
その頃に何かできればと思っております。

〇ハレ婚。トーク 3

BGM&Inspired by...

CHIHIRO
アルバム『LOVERS』

本編の小春ちゃんはあの感じで、今は恋愛の「れ」の時も無しなので、
このセレクトは早すぎると思うのですが、まあそこはそれ。
クライマックス向けだろうと自分でもツッコミ入れたくなりますが、好きだから良し。

自分で書きながら思いましたが、今の本誌展開の「序盤ならではの味わい」って、
これがまた堪らないですね。新連載という喜びも含めて、改めて感じましたね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2287-6e4bced8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。