日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハレ婚。』04 素直すぎる女  

それでは、今回の感想を。

その前に、ご存じない方、初めて知ったという方に、
本作の紹介と、あらすじを。

6/23発売の『週刊ヤングマガジン』第30号から新連載開始されました。

〇前回までのあらすじ

地元を離れて東京で暮らす主人公・前園小春
恋愛運サイアクな小春は、ある悲劇から、傷心で帰郷。

帰ってきた地元で、ある男との出逢い。

その男には、妻がいた。

その男には、妻が更にもう一人いた……!?

そして、小春にプロポーズ!?

これって、どゆこと?

遂に「とんでもない条例」の意味が明らかに!




以下は今回の内容に触れている感想なので、未読の方はご注意くださいませ。
試し読みなどと併せて、今なら本誌にシフトしやすいですので、気になる方は是非是非♪

歴史的名作『デリバリーシンデレラ』のNON先生による待望の最新作!!

『BENI ~くのいち2250~』
『フーコの黄色い靴』に続く、
新たなる女と男のドラマがここに始まる!!

NON先生の新境地!! 今ここに、全く新しい女と男のドラマが始まる!!


待 望 の 新 連 載 !!

本誌公式サイトで試し読みコーナー開設!!

今、最もラジカルな漫画がここにある!!



は永遠。

そして、つある。



ハレ婚。

presented by
NON
構成:手塚だい

04
素直すぎる女



もう毎週毎週楽しみで仕方がないですね。
毎週月曜が人生の基点となり、あからさまにときめきとハリが違っています(笑)。

冒頭から、まあ出てくる出てくる。語呂がうますぎる標語の数々が。

そして、いきなり登場ですよ。

これには驚きましたね。とんでもない不意打ちが来ましたね。

ヤンジャン読者なら一発でわかるゲスト様降臨。

これはもう一発でわかった(笑)。NON先生、最高です。

うん、華麗なるゴッド・オブ・ヤングジャンプでスペシャルゲスト様にも程があるよね。
まず、お名前がヒント(というかもう答え)ですしね。
コアな読者向けには、ほくろもわかりやすいポイントでニヤリでした。

人相が違いすぎてわからないと先生は懸念されてましたが(笑)、いえいえ大丈夫です。

これでF先生はヤンジャン、ヤンマガ、ヤンチャンの漫画に登場というヤング誌三冠王に。

うん、しかしこの市長好きだわ。市長の口調も込みで(笑)。
なんか無駄に力んで眉間に皺寄せて力説系の人で、妙にツボだわー。

しかも、この市長の登場シーンで何が素晴らしいかってね、

デスクに轆花ちゃんのフィギュアまであるのよ。

これは、だいさんのお仕事ですね。なんて粋な仕掛けを! やられた!(笑)

「轆花ちゃんってどんな子?」って方は、こちらをご参照くださいませー。
ただし、当然の話ですが、ご覧になると市長についてもセットで判明します。
そこは予めご注意を(笑)。

あー笑った笑った。もう最高。
いきなり絶大なインパクトで大笑いでした。もうこの時点で堪らない気持ち。



さて、今回は友達のタマ子ちゃんの場面から。
ここで旦那さんも一緒にいるのはポイントですよね。
同性のタマ子ちゃんだけでなく、異性の旦那さんの台詞も重要なところです。

彼は役所勤め、そこから助成金の話題に繋がりました。

小春ちゃん、早速喰いつくね(笑)。

助成金だけでなく、家も支給されるとのことで、
ここで小春ちゃんは、この「とんでもない条例」が、
案外本気で「まともな条例」であることを認識します。

先生ならではのコミカルで表情豊かなリアクションが実に小気味良く、
それでいて一歩踏み込んだ段階まで描かれて、こちらも重要な場面。

実際、今も地方では町興しであるとか、本作で言及された制度だとか、
空き家を利用したルームシェアや催し事など増えてきていますよね。

このような重要な場面を堅苦しく語ってみせるのではなく、
ポップでキャッチーな作劇を通して、読者も小春ちゃんと同じ視線で感じられる展開。
これがまた素晴らしいのですよね。楽しく読みながらも、唸らされる奥深さ。

驚き方も、頷き方も、その反応がとっても素直なのが小春ちゃんらしいですね。
今回のサブタイトルが如実に現れている場面でもあり、気に入っています。
喜怒哀楽がはっきりしていて、まっすぐな小春ちゃんが好きです。

ほんと、タマ子ちゃんの言う通り。その素直なトコが可愛いよねー。



続いて、場面は『COFFEE&PUB ルパン』に。

お母さんの描写がリアルですね。
こういう場面があるのとないのとでは印象や読み味も大違いですので、流石だなあと。
小春ちゃんの指摘もご尤もですしね。第1話を思い返すと、尚の事それがわかります。

つくづく先生の作劇は巧いなあと改めて痛感しますね。

龍ちゃんに対する小春ちゃんの返答とアクションに読者は当然注目します。
しかし、それは小春ちゃんの自由意志であり、選ぶ権利は当然約束されてます。
引き伸ばすこともできますし、拒むこともできますしね。
実は、圧倒的に小春ちゃんの方にアドバンテージがあるのですよね。

換言すれば、タイムリミットを操作できるし、それ自体を反故にもできる訳です。

しかし、お店の方はそうもいきません。
しかも、「来週まで」という明確すぎるタイムリミットまであります。

ここで、小春ちゃんが自分からいけ好かない龍ちゃんと接触する理由が生じてます。

勿論、目当てはお金ですが。



これは小春ちゃんが悶々としちゃうのもわかるなあ。
相手がアレでも、現実問題お金は大事ですし、額が額でしたもんね(笑)。
綺麗事だけじゃやれない時だって人生の局面にはあるでしょうし、
「家族を救えるなら」と考えてしまう気持ちも共感を覚えたところです。

うん、小春ちゃん素直で良い子だよね。



ベッドの中で考え込む小春ちゃん。

ここで、あることに気付いて……!?

圧倒的閃き……っ!!
福本先生、ごめんなさい。



龍ちゃんは「お金をやるから結婚しろ」と言ったのか?

そんなこと、一言も言ってなくない?

小春ちゃん気付いた! ナイス!



で、この後のアクションがまた堪らなくツボなんですよ!

ベッドから起きる!

そう来たか。

このしたたかさが良いのよ。最高だわ。

小春ちゃんって、素直すぎるってのも大きな魅力の一つですが、
だからと言って、何に対しても従順かと言えば、「んなこたーない」訳で(笑)。
龍ちゃんに対しても物怖じせず、言う時には堂々と怒鳴ってみせたし、
人工的にカスタマイズされたマニュアル美少女的な感じじゃないのが好みですね。
素直であるし、セコいところもあれば、したたかさもある。
こういう人間臭さがドラマの味わいを深めるのですよね。
デリシンの時にも大好きな要素でしたけれど、更に深まるのは間違いないと期待してます。

雅美ちゃんも小春ちゃんも実にリアルで、それでいて理想的。
この相反して矛盾するような読者のときめきを見事に抑えるのが流石!
二人とも、芯に強いものがあるのも好きなところです。

続けて、この文脈で敢えて付記しますと、
もしも雅美ちゃんなら、こういう発想にはならないのですよね。

お金だけもらえないか聞いてみようって発想は、小春ちゃんらしいよなあとニヤリです(笑)。

勿論、事あるごとにデリシンを引き合いに出して比較しようだなんて意図はありません。
デリシンはデリシンですし、ハレ婚。はハレ婚。です。優劣なんかありません。
先生が描かれる女性像の味わい、小春ちゃんの個性がよくわかる場面ですから、
それで触れてみた次第です。デリシンファンの皆様は誤解されませんように。
デリシンは私のバイブルですしね。


最後のオチがまた良かったです。
これ、何回見てもツボにガツンとくるんだよな。
起きたと思ったら、びーんでバターン(笑)。

はてさて、これにて龍ちゃんに『接近』ですね。
※南野陽子さん世代の方は、『接近』は是非とも『アプローチ』と読んでください。



〇ハレ婚。トーク 1

今回のツイッターPR文

如月@『ハレ婚。』愛読 ‏@februaryxxxx · 7月14日
【愛は永遠。】【そして、3つある。】帰郷した地元で、小春が知った衝撃の事実!
それは「とんでもない条例」!【そして、1000万ゲッチュ!?】
NON先生の新境地! 最新作『ハレ婚。』04 素直すぎる女
本日7/14発売の #ヤンマガ に掲載! #ハレ婚。


おまけツイート

如月@『ハレ婚。』愛読 ‏@februaryxxxx · 7月10日
私が『ハレ婚。』ばっかり読んでCHIHIROさんばっかり聴いていると思っている人がいるようですが、
正にその通りです。 #ハレ婚。 #ヤンマガ


〇ハレ婚。トーク 2

冒頭のアオリ文で「最もラジカル」という言葉を使いましたけれど、
「過激」「極端」という意味合いがあるのは勿論のこと、
改革に対して急進的という意味もありますし、
この言葉には「根源的であるさま」という含意もあります。

当たり前のことを見て見ぬふりな世の中において、
本作でも先生は真っ向から提示してくださってます。
一見、突飛な内容に見えて、実は現代社会の誰にも関わることです。
それも堅苦しい形で描くのではなく、漫画だからできるポップな表現で。

そして、先生の漫画って、やっぱり「熱い」のですよね。

ラジカルって、正にNON先生にピッタリな言葉だと我ながら思います。

〇ハレ婚。トーク 3

BGM&Inspired by...

Wink(さっちんソロ)『MY TURN 悲しみよりもしたたかに』

今回はちょっと違う選曲にしてみました。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2286-2892bc92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。