日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年恒例の夏のお楽しみです。

深く掘り下げた感想も書きたいところですけれども、
まず、ここでは観賞したという報告と簡単な感想を綴ろうかなと。

と言う訳で、すごーくあっさりな雑感ですので、予めご容赦を。

極力ネタばれは排除して、気を付けて書くつもりですが、
まだ映画をご覧になっていない方は、以下を読まないようにご注意くださいませ。

えー、間もなく感想を書き始めますので、
白線の内側まで下がってお待ちください。













同時上映の仮面ライダーに対して、こちらの尺が短いですが、
その限られた時間の中で目一杯楽しませてやろうという熱意を感じます。
短い尺を逆手に取って、起承転結の連結からオリジナル要素の盛り込みまで、
「楽しい!」や「格好良い!」をとことん詰め込んでくれた作品だなと。
それでいて決して散漫にはならず、シンプルイズベストなメッセージです。
ゆえに焦点も目的地も絞り込まれて、ストレート剛速球の作劇。

毎年観てますが、今回は特にそれを強く感じました。

劇場版オリジナル要素も、文句なしの素晴らしさ。

レディ役の福原遥ちゃんも実に愛らしくて良いです。
初登場時は、ともすれば取っ付き難い印象さえ与えかねない中、
ドラマの進行、烈車の運行と共に、根底にあるピュアな想いが表出します。
この辺りの感情の機微、微妙な表情芝居も含めて、気に入ってます。
文句なしのザ・正統派美少女さんなのは言わずもがなですね。

ギャラクシーラインは正に銀河鉄道でロマンチックですし、
サファリレッシャー、サファリガオーも鉄板の動物ですし、
イマジネーション豊かなお子さんにとっても堪らなかったでしょう。

今の少年少女よりかなり上の世代の自分は、動物戦隊を連想して燃えました。
特にトカッチ最高。ジェットマンを髣髴させてくれて目頭が熱くなりました(笑)。

それにしても、正直、トッキュウジャーの時点で泣いてしまうとは思いませんでした。
仮面ライダーの方が始まるより先に、こちらの上映の時点で感泣でした。

レディを帰す為の橋が、正に本当の意味で『レインボーライン』でしたし。
最高じゃないですか! なんて素敵なお話なんだろうかと!

明もそれを眼に焼き付けて、助っ人になってくれる訳ですし、
チケットくんの山口さん、ワゴンさんの堀江さんはいつもながら最高ですし、
コミカルからシリアスまで完璧な関根勤さんは、今回特に素晴らしかったです。
レディといるところで行く手を阻まれて、彼女を庇って構えるシーンなんか最高。
ああ、関根さんが車掌さんで良かったと改めて痛感してます。

一度と言わず、また何度も観に行きたい映画です。
存分にイマジネーションを膨らませて、また堪能したいですね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2284-828a34a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。