日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天空侵犯』第32話 無理だったんだ…  

単純に話数だけの換算ですけれど、コミックス第2巻収録分が概ねわかってきますね。
この辺りまで収録といったところでしょうか。
連載とコミックスで読み味も違うので、どちらも期待してます。

ちなみに、コミックス第1巻の単独記事はこちら。

原作/三浦追儺 漫画/大羽隆廣『天空侵犯』第1巻(講談社コミックス デラックス)

こちらは紹介記事を意識したコミックス単独記事ですけれど、
判断はご覧になる方に委ねようかなと。
一応、未読の方はご注意くださいと、注意書きはここでしておきます。



さて、以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。



マンガボックス公式サイトで絶賛連載中!!

待望のコミックス第1巻も好評発売中!!


原作:三浦追儺
作画:大羽隆廣


天 空  犯



今回は概ね予想通りの展開でした。
『仮面』が橋で取る行動と、『助っ人』については、前回で触れておいて吉でしたね。

それにしても、担当さんのアオリ文がいつもながらニヤリです。

この仮面がヒドイ!!

って。

このマンガがスゴイ!

じゃん。こっちネタでやらかしてくれるとはナイスですねー。

このアオリはヒドイ!

いつもながら、こういうの好きだわあ。もう大歓迎(笑)。



今回の『仮面』の中でも、爪の奴は早速ヤバイのが判明しましたね。
これも『仮面』のプログラムなのでしょうけれど、以前の気質も関係あるかなと思ったりも。

さて、自分も連載開始初期から気にして触れてきた『残弾数』の問題。

あ、なるほどねー。そういうことですか。

「5発」撃ったから、残りは「1発」って、私もずっと意識していました。

と言う訳で、ハズレ。

ここで、お兄ちゃん講座再び。

困った時のお兄ちゃん講座で、今回は台詞のみならず回想場面も。
ここでお兄ちゃんの顔だけがシルエットってのがニクイ演出ですねえ。

(この私が……お兄ちゃんの言ったことを忘れるなんて!)

って、それは無理からぬ話でしょうに。しかも、そんな幼少時に拳銃の話なんかしても。

お兄ちゃんのことになると熱くなるからな、この子。



橋に足を引っ掛けて転んだ時点で来たなと確信しました。

その次のシルエットで、やっぱりねと。

ニセちゃん登場!!

待ってたよ! うん、このベタな展開が良いんだ。私が燃えるから良し。

ニセちゃんは言わずもがなの飛び道具アリですし、これは燃える展開。

それ以前に安心感がまるで違いますね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2271-c081eaad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。