FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

『天間荘の三姉妹 スカイハイ』#23 生きがい  

さあ、遅れを巻き返しましょう。
それができたら、以前からずっと思っていたコミックス単独記事にも着手する予定です。
同じ愛読者の方からもリクエストを頂戴して、やる気が漲っております。

それでは、感想を。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。



従来の『スカイハイ』ではない『スカイハイ』。
今までに誰も眼にしたことがない全く新しい『スカイハイ』がここにある。


“ 魂 ” を 癒 す ! 天 上 の 温 泉 旅 館 物 語 !!

髙橋ツトム先生の新たなる挑戦!! 魂の意欲作!!

ヤングジャンプコミックス『ヒトヒトリフタリ』全8巻
集英社文庫(コミック版)『スカイハイ』『スカイハイカルマ』
『スカイハイ新章』全3巻
大好評発売中!!




『グランドジャンプ』で大絶賛連載中!!

待望のコミックス第2巻は7月18日発売!!



聖者などいない。あるのは、生者と現実だけ。

ヒトからヒトへ。

瞳から瞳へ。

託される想い。



魂に響け。

この国のヒトへ。

あの日から失った日本へ。

髙橋ツトム先生の魂のメッセージ。



presented by Tsutomu Takahashi
髙橋ツトム

天間荘の三姉妹 スカイハイ

#23 生きがい




前回も泣いてしまったのですけれど、今回はそれ以上ですね。



この三ツ瀬という街の正体をみんなが知りました。

そして、天間荘に殺到する宿泊予約の申し込み。

たまえちゃんの心境とは裏腹に、大繁盛の天間荘。



冒頭で阿武隈さん登場というのが泣かせますね。

飽く迄も笑顔で、豪快に笑い飛ばして、たまえちゃんにまっすぐ感謝の言葉を。
阿武隈さん、粋だなあ。この場面、大好きです。

阿武隈さんがこんなにこやかな調子で笑顔で話すだけ話して去ろうとするから、
たまえちゃんの方が去り際に話しかけることに。

この流れも良いですね。

そして、更に極めつけのとびっきりな笑顔と言葉。

私にとって、とても印象深く、大切な場面になりました。



今回はもう読んだまま、泣きっぱなしというのが正直なところでした。

何度読み返しても泣けますね。実に良いお話です。

誰にも必要とされてないと思っていた少女が、こんなに立派に……。

誰にもできないこと、彼女にしかできないことに、ちゃんと向き合う姿に号泣。



恵子ママが投げかけた言葉も実に素敵です。胸に沁みました。

そして、たまえちゃんも良い表情になりましたね。



皆さんの
想いが

アタシの「生きがい…」




たまえちゃんは本当に立派だと、つくづく頭が下がる想いです。

そして、この一連の行動で、みんなの想いを受け取ったこと、
そこで「生きがい」に気付けたことが堪らなく嬉しいですね。

これも、素直で純粋で、まっすぐなたまえちゃんだからできたことですし、
たまえちゃんだけ報われないのはおかしいですからね。

先生がたまえちゃんの視点で今まで描き続けてこられた意味を痛感します。

前回と共に、本当に素晴らしい回でした。



『怨みの門』の『門番』ではなく、
『三ツ瀬』の『天間荘』から送り出される魂。

『怒り』だけではなく、『癒し』でもてなすこと。

改めて、本作ならではの斬新な作劇に唸らされます。
最新コミックス第2巻も発売ですし、また第1巻からじっくり読み返したいです。



そして、天間荘に次なる来訪者が……。

遂にこの時が来ました。

避けられないことで、覚悟していたつもりでも、やはり構えてしまうものですね。

ただ、あの頃と違うのは、フタリとも、それぞれに気付きがあったこと。

悲しいだけで終わることはないですし、心して読みたいと思ってます。

次回も、忘れられないドラマが描かれると確信しています。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2270-d6bc8c2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top