日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『妖怪少女 -モンスガ-』第16怪 神の時間!です♪  

いつも書いていることですけれど、夏のモンスガ祭りに向けてもう一度明記を。

本作は、どの回から読んでも入り込みやすいですし、
途中からでわからないところがあったとしても、
それを差し引いても、絵柄とお話で充分に楽しめると思います。

余計な先入観や予備知識などいらないので、心配なしです。
必要なのは、読みたい、楽しみたい、という純粋な気持ちだけです。
と言いながら、ビギナーズガイドなんて野暮な記事も書きましたが(笑)。

誰よりも、ふなつ先生ご本人様が楽しんでいらっしゃること、
そのピュアネスと、あっち方面のネタが実に生き生きとされていて、もうね(笑)。

そんなパワー全開の本作が面白くないはずがありません。

先生の「楽しいー!」は読者にとっても同じです。
だからこそ、すんなり入ってくるし、ごく自然に沁みてくる「楽しいー!」です。

今からでも本誌にシフトしやすいですし、気にされることはありません。

出逢いに、遅いということはありません。

興味があるという方には、本誌公式サイトの試し読みもありますし、
ふなつ先生の公式サイト&公式ブログをご覧になると良いと思います。
コミックス発売も迫ってきましたし、そちらと併せた本誌シフトも良いでしょう。



以下は今回の内容に触れた感想ですので、
本誌未読の方は、ご注意くださいませー。

ヤンジャン本誌公式サイトにて第1怪から第3怪まで公開中!です♪
誰でも試し読みができますから、気になっている方にオススメです。

特別読切『もももけSUPER』も読めますので、是非ともご賞味を♪



ふなつかずき先生の新連載!!

『華麗なる食卓』のふなつかずき先生が描かれるアキバ発バトルラブコメ!!!

大 絶 賛 連 載 中 !!

第3怪まで本誌公式サイトで配信中!!

轆花ちゃんのツイッター公式アカウントも開設!です♪



更 な る 新 展 怪 に 突 入 ♪



うちのへっぽこビギナーズガイドは、こちらです。

『妖怪少女 -モンスガ-』第例怪 モンスガのビンビンビギナーズカイド!です♪

無論、上述の通り、本家本元のふなつ先生の本編&公式サイトが一番ですよー。



リニューアルされた先生の公式サイトも必見!!

『ギャラリー』コーナーが新設!!
超美麗イラストのオンパレード!! 必見!です♪


イラスト、公式ブログなど、充実した内容ですから、是非是非♪

待望のコミックス第1巻は7月18日発売決定!!



それでは、感想を。

ふなつ先生の漫画に出逢ったその時から、妖怪たちとのぱにゃにゃんタイム!

よっしゃぁ~いくぞぉ~!!

ぱにゃにゃ~ん♪



今回の感想を書きたいところですが、まずは前回の感想の追記を。

書きそびれていたのがずっと気になっていたので、こちらに。

前々回まで含めて、いっちゃん&虹緒ちゃんの前後編の構成でした。
思えば、最初がいっちゃんのアレで、最後もお布団という構成がニクイですね。
お布団に始まりお布団に終わる。目覚めて始まり、お休みで締めってことで。
「締めって」ことは、「湿って」ってことでもあったり。主に布団が(笑)。

お布団の四角で失態、壁の四角で必殺というのも、ニクイ構成でしたね。

僅か一日ながら実に濃密な作劇でしたし、
二人だけの秘密の大冒険で何とも心あたたまる良いお話でした。




はい。それでは、今回の感想を。

うん、今回もお布団スタートですね。

いきなり凄い体勢です。

そりゃ「まぎーん」になるわ(笑)。

そして、慌ててずっこけて、更なるアクシデント。

おーい。

朝から賑やかです。はっちゃけまくっていて良いわあ。



早速おもしろ展開でした。

ヤッキーが復帰して何より。そして、職場にも復帰です。

ヤッキー、仮面女子Tシャツじゃん! ナイスだね!
轆花ちゃんはお馴染みのあのTシャツですね。

以前から散々触れていますが、もう一度。
モンスガ実写版ができた暁には、キャスティングはアリスプロジェクト希望。
特に、えりにゃん(神谷えりなちゃん)は出てほしいなあ。推したい(笑)。
ふなつ先生とはカレー部の仲間同士でもありますしね。
『華麗なる食卓』にも登場されていますし(そのまま正真正銘のご本人として)。

おー良いねー。
朱の盆……じゃなくて、店長と、久々の登場となるフジくんが嬉しいところ。

ヤッキーが4日もバイトを休んでしまったのは、勿論悪気などないし、
彼はヒーローなんですけれどねえ。つくづく報われないタイプですよね。
でも、いかにも見せびらかす感じではなく、影で戦うってのも格好良いね!

轆花ちゃんも代わりにバイトを手伝ってフォローしていたというのも良い話。

フジくんの嬉しくて堪らない表情と態度は、もうありありと想像できた通り(笑)。

そして、ドヤ顔。

いやー笑った笑った。再読している今も大笑いですし。
もうこの冒頭6ページだけで笑いどころが満載で、堪りません(笑)。

バイトに無事復帰できたとは言え、それでもまだ若干傷が痛むヤッキー。

その痛みから振り返ります。あの一週間を……。



そして、妖怪と、妖怪の力を……。



今回はバトルはなく、派手さやインパクトはなかったのですが
(冒頭で、違う意味では充分にありましたが。笑)、
全体の流れの中で、とても重要な回です。

まずは、何よりもヤッキーの復帰。
そして、エロガッパも復活ということで、その経緯がまた味のある作劇でしたしね。

相変わらずの呼ばれ方(笑)の轆花ちゃんに変わって、
もるちゃんが見事に裁縫ということで、ナイスな出番でしたねー。

ナギさんの衣装って、全部もるちゃんのお手製だったのね。
もるちゃんもコスプレとかそっちの線が元々好きな子なのでしょうね。
それにしても器用だなあと、今までのナギさんの衣装を振り返って、しみじみと。
もうプロ級の出来栄えなんだもんな(笑)。ナギさんの衣装も毎回の楽しみ♪

ヤッキーとは心も物理的な距離も早く縮まってほしいところですが(笑)。
こちらもまた本作の大きなポイントですし、長い目でじっくり楽しみます。

それにしても、もるちゃんはやっぱり露骨に避けてるんだなあ(笑)。

でも、現状がそうであればあるほど、もるちゃんが真実を知った時が楽しみです。
誤解されっぱなしだからこそのお笑い展開も楽しいですし、
作劇上、あからさまに活躍を見せびらかす訳じゃないのも本作の格好良さですが、
うん、ヤッキーが不遇だよなあと(笑)。このバランスも絶妙な味わいですね。



ヤッキーが傷の痛みから振り返る場面から、一連の流れが実に良いです。

秋葉原は都内でも妖怪がかなり多い方だそうで、
世界に誇る繁華街でありながら、夜になった途端に人は殆どいなくなる。

それは何故か。

うん、ここでヤッキーと轆花ちゃんの回答が良し。笑ったわー(笑)。

昼が人の時間なら、夜は……?

ここで、ナギさんから答えが。



夜は
神の時間
だからさ…!




『逢魔が時』『夜陰』にまで言及されて、いよいよ踏み込んだ発言ですね。

虹緒ちゃんの『魂の緒』も含め、今後の更なる展開に要注目です。

ここで姫の言葉を思い返しますね。

ただコミカルで楽しい展開だけではない奥深さ。

流石はふなつ先生だなあと、ますます期待が高まります。

人間と異形の境界線、人間の業など、特に惹かれる要素でもありますし、
ここから更にふなつ先生ならではの掘り下げと味付けが堪能できるかと思うともう!

ナギさんのこの場面で、個人的には『双界儀』というゲームソフトを連想しました。
端的に言うと、こちらも人間が実際の日本に現れる妖怪と戦うお話です。
エニックスと合併前のスクウェアの作品で、初代プレイステーションの頃のソフトです。
私的に格別の想い入れがあって今でも好きなソフトなので、この展開はときめきました。

『魂の緒』に最初に触れた頃から感じていましたが、
ふなつ先生ならではの掘り下げは相当凄いことになるに違いないと期待しています。

あと、ここでもう一つ。
それにしてもこの場面のナギさんが素敵すぎますね。
この衣装で、尚且つ夜というのがニクイです。セクシーで素晴らしいです(笑)。

今までのナギさんの中でも特にお気に入りですね。つくづく美人さんだなあと。

そして、もう一つ欠かせないことが。これは触れない訳にはいきません!

実男が今回も登場!!

待ってたよ、みつお。
やっぱり、彼がいると絵が引き締まって良いんだよ。うん。
いるだけでオイシイ奴だもん(笑)。
ふなつ先生、ありがとうございます!!



はい。最後にデレたところで、このテンションで次回も。

次回もレッツぱにゃにゃ~ん♪

関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2250-88e6259d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。