日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『僕のおじいちゃんが変な話する!』第28話  

人類待望のコミックス発売も迫る中、
またしても、我らが浦田カズヒロ先生の本領発揮です。

今回はそう来たかと、色々な意味でやられました。
以前からの読者にとっては堪りませんね。最高です。

世間はサッカーで大騒ぎのようですけれど、
私的には、ここで声を大にして言いたいことがあります。

『そっくりJAPAN』も読んでみようと。

『僕おじ』は浸透しているようですけれど、
『そっくりJAPAN』の方も話題になって然るべきではないかと。

スポーツ漫画好きな人のためのサイト『SPOMA.jp』
(http://spoma.jp/)で不定期連載中です。
『マンガボックス』と同様、煩わしい登録も一切不要で、無料で楽しめますので、是非。

ちなみに、今までの感想は以下の通りです。

『そっくりJAPAN』第1話『負けず嫌いのポジティブ本田』

『そっくりJAPAN』第2話『超絶バランスの長友』

『そっくりJAPAN』第3話『気合だ!気合だ!アニマル川島!』

『そっくりJAPAN』第4話『新戦力!柿谷曜二朗!!』

おまけ

浦田カズヒロ先生の新作がマイナビ研修の特設サイトで公開!



時代はワールド浦田先生カップですよ。来月はもうお祭りですよ。

以下は今回の内容に触れた感想となります。
例によって、ここで記事をニ分割しますので、
本作を未読の方は、以下にご注意くださいませ。

未読の方は『マンガボックス』公式サイトで是非是非。



冒頭からいきなりやってくれました!

ワールドカップネタでタイムリーな構成だなあと、そう思った方も多いでしょう。

本当に「やってくれた」のは、そこではありません。

より厳密な指摘としては、そこよりも、そのピリオドの向こうなのです。

『そっくりJAPAN』とコラボ来たあああああ!!

巧い! 実に秀逸!

ネタがタイムリーなのではなく、ワールドカップも浦田先生祭りの前のイベントなのです。

「時代が浦田カズヒロ先生にやっと追いついた」のが正解。

もう1ページ目だけでも大笑いにして何とも言えない多幸感が。

さて、今回の変な話は……?



第28話「すぐ泣く赤鬼」

サムライブルーに対して泣いた赤鬼とは、これまた良いですね。

色ネタと言えば、やっぱり浦田先生お約束のももクロちゃんネタ!
こちらも以前からの読者には似顔絵などでお馴染みですし、
アイドルグループを題材にした作品もありましたしね。

やっぱり先生のアイドルネタは嬉しいなあ。もうニヤリです。

色ネタということで、赤鬼、青鬼、そして……!

ベージュ。

ここで黄色にしない辺りが浦田先生。

サンバルカンにもライブマンにもハリケンジャーにもならない惜しい組み合わせ。

こうして三人揃ったところで、戦隊ならぬ合コン。

これもまた浦田先生節炸裂でニヤニヤしちゃうなあ。

と思ったら! なんと、ここで三匹の小ブスに遭遇!?

色ネタ、合コンで三人(三匹)繋がりと来て、第19話とリンクさせるとは!

時系列としては、あの小ブスとオオカミたちのと合コンと同じだったとはね。

これもまた作中作であること、おじいちゃんが読み聞かせる構成ならではで、
お馴染みの警官に続いて、再登場ネタとは堪らないところでした。

『僕のおじいちゃんが変な話する!』第19話参照)



赤鬼が踏んだり蹴ったりで、更に泣き止んだ理由がそれかと。
テンポ良く、流れも良く、小気味良い浦田先生節が炸裂した回でしたね。
合コンネタは今後あると読んでます。鬼の再登場もあるかも。

冒頭と並んで毎回のお楽しみである最後のオチも、思わずニヤリでした。

おじいちゃんは試合そっちのけなのが良し。
夢の中はさながらリオ。サンバでカーニバルな訳ですね。
ヨダレがヤバイね。傍からは危ない変質者に見えるのもおじいちゃんらしい。

人類待望のコミックス第1巻は7月9日発売!!

ということで、遂に浦田先生の初コミックスかと思うと、胸が熱くなります。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2228-127ae982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。