日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『極!!男塾』第6話……闇の契約!!  

宮下あきら先生、待望の新連載!!

シリーズ最終章、遂に開幕である!!


地球の危機を救うのは彼らしかいない!!



最初から容赦なしの盛り上がりで、もう堪りませんね。
別冊の外伝も良い感じですし、どちらも楽しめています。

以下は今回の内容に触れた感想です。
未読の方は、ご注意くださいませ。



冒頭から、ニヤリな展開でしたね。

やっぱり藤堂兵衛の登場はお約束ですよね。
男塾シリーズ全体を通しての宿敵ですからね。
シリーズ最終章ですし、欠かせないところです。

サブタイトルもニヤリ。その後の彼の展開もニヤリ。
なるほど納得というか王道の展開ですね。
藤堂も既にあっち側の生命体に。



さて、我らが男塾は、カブキ、ヨコヅナを続けて撃破しました。

ここでスサノヲの登場です。

やっぱり男前ですね。敵ながら天晴れという奴です。

ここまでは順当な流れでした(とんでもない展開もありましたが)。
敵も次の一手を打ってきましたね。なるほど、またぶっ飛んだことを。

このはちゃめちゃ感が最高。

「魁」組の活躍に続き、今度は「暁」組の出番という訳ですね。

タイムスリップ、時空を越えて「暁」組が降り立った先には……!

ボギー登場!!

『ボギー THE GREAT』来たあああああ!!


やられました。これには燃えました!!

男塾シリーズの集大成にして総決算どころか、
宮下先生ワールド総決算というのが正しかったのですね。

これはもう、今の時点で断言してしまいましょう!

『瑪羅門の家族』も間違いないでしょう!

私的に、特に想い入れが強い作品なので、予想より願望ですけれどね。

タイムスリップ、世界各国に散り散りと来たら、正に打ってつけかと。

『瑪羅門の家族』も、世界各国の瑪羅門の家族を仲間にしていく展開でしたし。
本作の今の流れなら、孔雀院一馬が出てきても不思議じゃないですし。
藤堂と並ぶ闇の黒幕ポジションとしても適役ですしね。

もうこうなったらオール宮下あきら先生作品大戦で良いじゃないかと。

寧ろ、そうなってほしいです。

今回のヒキには心の底からときめきました!
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2193-25fee3c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。