日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天空侵犯』第26話 あなたのために  

私以外にはどうでも良い話だと思われますが、
やっぱりL'Arc~en~Ciel『あなたのために』が瞬時に浮かびました。
大好きな楽曲です。

ちなみに、コミックスの単独記事はこちら。

原作/三浦追儺 漫画/大羽隆廣『天空侵犯』第1巻(講談社コミックス デラックス)

こちらは紹介記事を意識したコミックス単独記事ですけれど、
判断はご覧になる方に委ねようかなと。
一応、未読の方はご注意くださいと、注意書きはここでしておきます。



さて、以下は今回の内容に触れた感想となります。
未読の方は、くれぐれもご注意くださいませ。



マンガボックス公式サイトで絶賛連載中!!

待望のコミックス第1巻も好評発売中!!


原作:三浦追儺
作画:大羽隆廣


天 空  犯




以前の感想でも触れた『残弾数』の件については大丈夫だとわかりましたし、
今回も冒頭から早速装填し直しています。当分は心配なしかな。
マガジンは、どれだけ余裕が残っているのでしょうね。



女の子の名前も判明しました。

『ニ瀬真由子』ちゃん。

『ニセ』と片仮名表記のところで、妙にニヤリとしてしまいましたね。

『偽』や『贋』、『似せる』なども連想。
余談ですが、『偽』って『人の為』と書くのがまた何とも。
何とも暗示的で、正に今回の展開そのものでしたね。
Gargoyleの同名の名曲も連想しました。

ゆりちゃんが下の名前で呼ばないのがポイントですね。
知り合って早々、下の名前で呼ぶことはないでしょうし、
知り合った時がアレでしたからね。これで当然です。

逆に言えば、この緊張感が変化して、もう少し打ち解けたら、
その時の展開も興味深いところですね。

さて、スナイパー戦です。

『跳弾』って流石ですねえ。
『ジョジョの奇妙な冒険』第4部が真っ先に浮かびました。



今回は、真由子ちゃんの内面や過去がわかったのが大きかったです。
実の親でさえ信じられなかったのなら、今の彼女がこんな人物なのも納得ですね。

それでも、ゆりちゃんに助けられた時のことが過ぎってしまう場面が良いですね。

やっぱり、ゆりちゃんの存在、行動が、彼女を確実に感化させていますね。

ここで、どう切り抜けるかと思いきや……凄い手段ですね。

手榴弾でぶっ飛ばすとはまた。

一応、スナイパーお兄ちゃん説も、黒幕説も、留保しており、
捨てた訳じゃないので、スナイパーの安否がその意味でも気になります。

これで一件落着で次のステップなのか、それとも……。

描写からして『仮面』は破壊できたようですので、
少なくとも戦闘能力は剥奪できたと見て良いでしょうね。

それとも、全く逆で、肉体だけが損傷して、
『仮面』だけが残っていたりしたら怖いですね。

でも、今までの戦いからしてもそれはないでしょうね。
銃弾で『仮面』を破壊して、パンチのおっさんがやられましたしね。

ゆりちゃんと行動を共にする人物が登場というのは、
以前にちょっと触れていたことだったので、嬉しいところでもあります。

それでも、まだ真由子ちゃんの方は完全に信頼しきれてないですから、
彼女のそんな部分や、葛藤、躊躇なども、これからのポイントかな。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2187-5c6a861b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。