日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『妖怪少女 -モンスガ-』第11怪 八つ肢姫!!です♪  

毎週毎週面白くて堪りません!

本編は勿論のこと、今回の本誌も嬉しい展開の連発です!

以下は今回の内容に触れた感想ですので、
本誌未読の方は、ご注意くださいませー。

ヤンジャン本誌公式サイトにて第1怪から第3怪まで公開中!です♪
誰でも試し読みができますから、気になっている方にオススメです。

特別読切『もももけSUPER』も読めますので、是非ともご賞味を♪



ふなつかずき先生の新連載!!

『華麗なる食卓』のふなつかずき先生が描かれるアキバ発バトルラブコメ!!!

大 絶 賛 連 載 中 !!

第3怪まで本誌公式サイトで配信中!!

轆花ちゃんのツイッター公式アカウントも開設!です♪



更 に 熱 い 新 展 怪 に 突 入 !!

更に重大ニュース!!

本誌25号では巻頭カラー!!

更に、特製超豪華両面スペシャルピンナップ付き!!


これはヤンジャン本誌として極めて珍しいことですので、
いつもはコミックス派という方も、気になるようであればゲットを推奨します。



うちのへっぽこビギナーズガイドは、こちらです。

『妖怪少女 -モンスガ-』第例怪 モンスガのビンビンビギナーズカイド!です♪

無論、上述の通り、本家本元のふなつ先生の本編&公式サイトが一番ですよー。

本作は、どの回から読んでも、充分に楽しめると思いますし、
今なら、どこからでもすぐに追いつきやすいと思いますので、気になる方は、是非ご一読を♪

リニューアルされた先生の公式サイトも必見!!

こちらもモンスガ仕様で、めっちゃ綺麗で愛らしいデザインです。堪りません!
正に、きゃわわ祭り仕様ですし、先生の公式情報、公式ブログも充実してますので、是非♪



それでは、感想を。

ふなつ先生の漫画で、あなたもぱにゃにゃ~ん!

よっしゃぁ~いくぞぉ~!!

ぱにゃにゃ~ん♪



■本誌表紙

まずは何と言っても表紙ですよね。
前回のセンターカラーのイラストがこちらにも!

そして……!

特製超豪華スペシャルピンナップ来たー!!

それも、両 面 !! で す ♪



■特製超豪華両面スペシャルピンナップ!!

両面テープならぬ両面ピンナップで、正に轆花ちゃんの首の如く、姫の糸の如く、
読者の心を捉えて放さないターゲットロック仕様の超豪華ピンナップです。

思春期中高生モジモジマインドのそこの君も、
色々とこじらせているそこの君も、
このきゃわわ祭りでぱにゃにゃんです!

これはゲットして損は無しです。

ある意味、巻頭から巻頭カラーで一挙ぶち抜き4ページとも言えますし、
ポスターとして飾ったりされる方もいらっしゃるのではないかと思いますね。



■巻頭カラー!!

巻頭カラーも期待していて良かったです。

色々な意味でそれぞれのギリギリのオイシイところがもう最高!

ヤッキーは、それ通り越しちゃってますが。
そこはそれ。ご愛嬌。寧ろ、それでこそヤッキー。
大丈夫、本編では格好良くて熱い男ですから。

そして、やっぱり目を惹くのはナギさんですね。
か、格好良すぎる……。
今まで毎回ぶっ飛んだコスプレでセクシー全開でしたけれど、
こういう変化球もグッときますねー。文句なしの「格好良さ」なんですよね。

ある意味、「戦う美少女」の物語である本作にピッタリとも言えますしね。

『戦国乙女』か『月風魔伝』かって感じの格好良さで、私的に猛烈なツボです。



構図も実に良いのですよね。

左右が千歳屋シスターズというのも、ナギさんの格好良さもあって引き締まってますし、
正に柔と剛、凛々しさとはわわああーん(以下自粛)な可愛さで良いバランスですし。

真ん中には、ほぼ縦一直線(垂直)でカッパ、虹緒ちゃん、そしていっちゃん。

いっちゃんの表情と視線がもう。じわじわくるツボ。

轆花ちゃんは流石のヒロインって魅力に満ち溢れていますし、
相方は、もうご覧の通りのアレですし。

何かもう、これだけで『1コマ漫画』って感じもしますね。
これだけでキャラクターの個性、持ち味、作品の魅力が充分伝わってきますしね。

これだけ先生のカラー祭りが続くと、今後のコミックスに期待するなという方が無理な話。
今から、第1巻、第2巻と、どんな素敵な表紙が続くかワクワクしています。

さて、本編の感想へ。



■Round 1! Fight!!

『渋谷で5時』ならぬ『アキバで護持』で、
『男と女のラブゲーム』ならぬ『男と女のリアルバウト』で(先生、ネーミングが巧すぎ)、
ヒロミ・ゴー風に言えば『獣は裸になりたがる』って展開です(無理矢理すぎるなあ)。

全然説明になってないし、往年の楽曲ネタばかりですが、
単に私が好きなだけで、何も深い意味はありません
(わからないという人はお父さんに訊いてみよう)。

いつもながら、担当さんのアオリ文や柱文が秀逸ですね。

「◆装着♡」って、もう。

またこの場面で、ぐいっっと引き上げるもんだから真ん中の部分が(略)。

さて、早速姫の怒涛の蹴りの応酬にやられっぱなしです。
これは凄まじいなあ……。一発当てられたら立て続けにやられるもんなあ……。

ヤッキーが身を以って感じた通り、柿男の時とは全然違う蹴りです。

蹴りの連発もさることながら、蜘蛛の糸をネットとして使って、
トランポリンのように活用するのも流石ですね。

ここまで本格的なバトル展開は柿男以来ですから、読者としても燃えるところ。

期待していた以上の燃える展開です。

正に、自分が子供の頃に読んできた『少年ジャンプ』感と言いますか、
そんな熱さと格好良さがあるのですよね。先生はバトル描写も最高です。

大ピンチの中で一体どう逆転するのかと思ったら……。

ここで轆花ちゃんが! やっぱり、この決め技はグッときますね!

ここまでは柿男戦と同様の展開ですし(今回の方が決めるまでに困難でしたが)、
予想していた読者も多かったことでしょう。
そして、それ自体がふなつ先生のお見通しなのも明白。

前回で自分もあれこれグダグダと書きましたけれど、
あれって思いつくまま、ほぼ主要キャラクターを列挙しただけなので、
前後の文脈や必然性など掘り下げてなかったですから、
予想としてはダメダメなんですよねー。下手な鉄砲ですらないです。

轆花ちゃんが捕縛するというここまでがワンクッション。

では、ここからどうなるか……。

なるほど、ここで一瞬ヤッキーが躊躇ってしまうのはわかります。
これは戦士としては弱さなのかもしれませんが、そんなヤッキーが好きです。

ヤッキーって当然ながら「辛勝」の印象が強く、不器用な男だと思うのです。
だから、戦力としての強さはまだまだなのでしょうけれど、
「だからこそ好き」なのです。実に人間臭くて良いのです。

「相手の痛みも辛さも感じる男」で、根底には「優しさ」があるのがヤッキー。

『力』を誇示やエゴの為に使うのではなく、「大切な仲間を守る為」に使うのがヤッキー。

その時の彼の顔は、『男の顔』であり、『優しいお兄ちゃんの顔』です。

彼の弱さ、甘さは、紙一重のようなもので、転じて強さになり得ると思いますし、
その強さこそ、ピュアな分、芯は熱く、ぶれないと思っています。

一言で非公認戦隊アキバレンジャー風に言えば「痛さは強さ」です。

フリーターでDTだからって、ヤッキーをなめんじゃねーぞと。
ここ一番でのピュアで熱いハートは誰にも負けないと信じています。

やっぱり、ヤッキー好きだわ。



ただ、その躊躇が文字通り命取りになってしまいました。
姫に噛まれて、そこから消化液を流されるという衝撃の展開!

ここは、実男&ナギさんか!? いっちゃんか!?

でも、彼らではないような気もするし……。

……と、ここで、轆花ちゃんが叫びました!



切れた――ッ!!

そうか! カッパがいましたね!

あのお風呂のシーンも重要な意味があった訳で、読者サービスだけじゃなかった訳です。

しかも、轆花ちゃんの衣服に忍ばせていたのではなく、
ヤッキーのリュックの方に隠れていたとは! これもナイス盲点ですね!
ちゃんと描かれていたので、充分フェアですからね。

それにしても、このカッパ……。

切り裂き方が素晴らしすぎる。

しかも、今回は巻頭カラー。

そして、このシーンは見開き。

条件が完璧に揃いすぎている。

ふなつ先生、明らかな確信犯ぶりが素晴らしいです。

いつもいつでもギリギリのスレスレを狙う先生に乾杯&完敗です!!

ふなつ先生、最高!!!



その後に轆花ちゃんの方もアレという抜かりのなさが良いですし、
姫のその後のリアクションも愛らしいですねー。乙女ですねー♪

ここで泣いて意気消沈かと思いきや、またしても逆効果か。

怒りの炎に油を注ぐ展開で、姫の姿が……!!

おおおおお!! こう来るとは!!

幼少時から妖怪や怪人が大好きな特撮者の自分には悶絶の展開!!

本作の『妖怪少女』たちが人間の姿であることは了解していて、
今までの感想でも書いたのですけれど、更に別形態に変貌してくれるとは!!

特撮ヒーロー作品で言うところのあれですね。
『人間態』(擬態、憑依など)と、
『怪人態』(本来の姿)ですね。

姫はこちらが本来の姿なのでしょう(妖怪の力をフルに発揮するという点で)。
暴走した強化(凶化)形態という感じもしますけれど。

そして、実男の時と同じく、背景に筆文字風の演出が!

これ、めっちゃ大好きなんですよね。今後も続けてほしいところです。

と言う訳で、やはり『絡新婦(女郎蜘蛛)』でしたね。

二転三転して緊張感と熱さが途切れないバトル展開が堪りません。

こうなると、今の二人&カッパでは厳しいかと……。

いっちゃん加勢か、実男が指摘していたヤッキーの武器の件に進展があるか、
何か決め手がないと非常に厳しいですね。下手すれば、全滅の危険性も高いですし。

ここでふと思いましたが、まさか読切版の必殺技のアレが来るとか……?

それにしても、アレを繰り出すにはアレが必要ですから、
結局、上述の『武器』の問題に行き着くのですよね。

ヤッキーの『霊感』を力に、つまり『霊力』に変換して、
手にした物を『武器』に変化させられたらと思ったりも。
ああ、この発想は『仮面ライダークウガ』からだわ。自分で気付きました。

余談ついでにもう一つ書きますと、
『仮面ライダー』シリーズにおいて『蜘蛛男』は第1話の定番なのですが、
本作で『蜘蛛女』ってのがまたニヤリですね。これぞ『妖怪少女』ですよね。

ここに来てワクワクだけでなく、もうハラハラドキドキで、更に次回が待ち遠しいです。

次回もレッツぱにゃにゃ~ん♪
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2183-2c428e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。