FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

『天空侵犯』第25話 対仮面  

現在の展開も緊張と白熱で、堪らないものがあります。

以下は今回の内容に触れた巻頭となります。
未読の方は、ご注意くださいませ。

ちなみに、コミックスの単独記事はこちら。

原作/三浦追儺 漫画/大羽隆廣『天空侵犯』第1巻(講談社コミックス デラックス)

こちらは紹介記事を意識したコミックス単独記事ですけれど、
判断はご覧になる方に委ねようかなと。
一応、未読の方はご注意くださいと、注意書きはここでしておきます。



マンガボックス公式サイトで絶賛連載中!!

待望のコミックス第1巻も好評発売中!!


原作:三浦追儺
作画:大羽隆廣


天 空  犯




「被害者VS被害者」の展開かと思いきや、
ここで違う方向にシフトしたのは巧いところだなと。

なるほど、その為のスナイパー登場だったかと。

『言葉』ではなく、ゆりちゃんの『態度』と『行動』が彼女の胸を打ち、
そして感化されていましたね。この流れはとても気に入っています。

これは共闘の流れも充分に期待できるかもしれませんね。

二人とも生き延びることができればの話ですが。


今回、気になったのはヘリコプターの件ですね。

夜間飛行はないという彼女の発言は『定期便のおしらせ』にあった通りです。

では、その『定期』とは一体どんな周期なのだろうかと。

ほんの数時間おきなんて優しいレベルではないでしょうし、
被害者を監視しながら、状況によって変えているのではないかと。
実は『不定期便』じゃないかとも思ったり。



さて、彼女との衝突は一区切りで、スナイパーの方とバトル開始です。

単純に蟠りなく燃えるのは、私的にはこっちですね。

尤も、相手の『仮面』の内にある『素顔』や事情を知らないから、
こんなことが言える訳ですけれどね。

スナイパーには何かありそうだなと思っています。
お兄ちゃん説も一応捨てずに保留しております。

最初と最後のゆりちゃんのギャップ、表情の変化が大好きなところです。

毎回、テンポ良く小刻みに進むので、連載を追うのが非常に愉しいですね。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2168-a1c356f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top