日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
と言う訳で、掲載に留まらず、本誌表紙から思いっきり寧子ちゃんですね。

表紙&特製ピンナップで、岡本先生祭り。巻頭から極黒カラーに染まっています。
これぞ正に『極黒』ですね。

特製ピンナップの方は、『君は淫らな僕の女王』でのタッグでもお馴染みの横槍メンゴ先生、
そしてヤンジャン本誌から『干物妹!うまるちゃん』のサンカクヘッド先生が描かれています。

夢のコラボレーションが実現していますので、これだけでもゲットする価値ありだと思います。

この特別編は、コミックスに収録されるかどうか、現時点では確定していませんし、
岡本先生ご本人様もそのようなことを仰っていましたので、
気になる方は抑えておいた方が良いと思われます。



それでは、特別編の感想を。

以下は内容に触れた感想となりますので、未読の方はご注意を。

『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!

既刊全巻重版出来! コミックス第1~9巻絶賛発売中!!


TVアニメ絶賛放送中!!

『週刊ヤングジャンプ』本誌で特集コーナーも開始!!
『極黒のブリュンヒルデ アニメ報告書 TELESCOPE』も好評連載中!!


ノベライズ版も好評発売中!!



限られた空の下。限られた時の中。
少女は『今』を羽ばたき、笑顔で生きる。


極黒のブリュンヒルデ 特別編





なんと、特別編は小鳥ちゃんがメインだったとは。
意外な切り口で、ヤンジャン本誌連載とは違った味わいがありました。

正直、思っていたよりページ数は少なかったですけれど、
ただでさえ週刊連載でお忙しい中、更に岡本先生祭りですからね。
アニメ化やノベライズで、岡本先生は尚更大忙しでしょうから、
こうして特別編として纏まった形で読めること自体が、充分に贅沢ですよね。

寧ろこの短さが活きてます。流石は岡本先生だなと。

ショートストーリーだからこそ描ける別の表情、別の日常。

そして、感じる甘酸っぱさと、残る切なさ。

更に、読者によって(本誌購読派、コミックス派、アニメから入った方など)、
読後感が全く異なる構成に仕上げられているのは、実に秀逸です。

これは脱帽でした。

全く個人的な印象ですが、清涼院流水さんの流水大説も連想しました
(一冊の本で26通りの読み方ができたり、作中と読者の時間が連動したり、仕掛けが満載)。



お話としては、小鳥ちゃんを主軸とした学園での出来事で、
常に途切れない緊張感と、読者の予想を超越する展開を得意とされる本誌連載と異なり、
上述の通り、甘酸っぱく、そして微笑ましい展開で、とっても気に入っています。

一言で言えば、「ああ、良いお話を読ませて頂いたなあ……」と、しみじみしますね。

読者が慣れ親しんできた本作の主要登場人物を敢えて出さず、
村上くんが名前だけさりげなく出る程度なのがニクイですね。

平野くんのことを思うと、切なくもなったり、色々考えたり。

本誌連載の展開からすると、きっと彼は……(以下、自粛)。



最後のページで泣きました。

このお話は、甘酸っぱく、微笑ましく、そして切ない。

それでも、最後の最後に残るのは笑顔。

つまり、淡いけれど前向きな希望なんですよね。

やっぱり小鳥ちゃんだなあと思いましたね。

彼女の屈託のない笑顔に、心が洗われた想いです。

■BGM&Inspired by...

JILS
『木漏れ日』
『YΦU』

仲間由紀恵
『青い鳥』
『晴れた日と日曜の朝は』
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2166-0907ffba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。