FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

ようやく手掛かりを見つけたと思ったら……。

ここに来て、また意外な方向に進みましたね。

■『横浜線ドッペルゲンガー』とは?

どんな作品なのか、軽く触れておこうかと。

一応、ネタばれに配慮したつもりですので、
未読の方でも、ここまでは大丈夫でしょう。

「まだ起きてもいない殺人事件の捜査を開始する」という堪らない作劇、
「死んだ自分が11年前にタイムスリップして過去の自分と組む」設定、
「過去から来て、未来に介入して、事件を防いで、未来を変える」展開。

本作ならではの切り口に、連載開始当初から期待が高まっていました。

そこに来て、遂に第一の被害者となる人物が……というのが今の展開。

気になった方は是非とも、ヤンジャン本誌をご覧くださいませ。
宜しければ、アンケートでプッシュして頂けると私が喜びます。

それでは、感想を。

以下は今回の内容に触れた感想です。
未読の方は、以下にご注意ください。



2011年新人賞グランプリ作家連載デビュー!!

衝撃のクライムサスペンス!!


 横 浜 線
YOKOHAMA LINE Doppelgänger
ド ッ ペ ル ゲ ン ガ ー

玉木ヴァネッサ千尋
Tamaki Vanessa Chihiro





流石に鷺沼と接触して一気に解決に向かうとは思っていませんでしたが、
出足をいきなり挫かれる展開とは。殆ど振り出しに戻ったに近いですね。

ここで剣崎が気付きました。

鷺沼の墓は、他と違って丁寧に手入れが行き届いていることに。



そして、当然ながら二人の次なる行動は決まってますね。
犠牲者のうち、鬼怒川と夏木さんに続く二人に逢うこと。



と言う訳で、これこそまさかの展開でしたね。

墓の場面で、骨格から剣崎はいち早く気付きましたけれど、
まさか、この超絶美人お姉さんがあの氷山さんだったとは。

『嬢王』かと思ったら『メイキャッパー』だった、みたいな(違)。

ともあれ、うまるちゃん以上にギャップが凄くて、
私的には、こういったぶっ飛び展開は好みですね。

被害者一人一人が掘り下げて描かれるのは当然でしょうし、
色々な意味で、剣崎の介入から未来が変わると面白いかと。

さて、周回遅れギリギリですし、今回はこの辺で。
封印中の次回をこのまま読みますね(今更かよ)。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2111-c3673031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top