日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『極黒のブリュンヒルデ』第99話 最後の戦い  

正に究極のその先、臨界点を越えた究極の戦いです。

『極黒のブリュンヒルデ』の意味を痛感しましたね。



以下は今回の内容に触れた感想となってます。
本誌未読の方は、くれぐれもご注意ください。



『週刊ヤングジャンプ』で大絶賛連載中!

既刊全巻重版出来! コミックス第1~9巻絶賛発売中!!


TVアニメ絶賛放送中!!

『週刊ヤングジャンプ』本誌で特集コーナー開始!!
『極黒のブリュンヒルデ アニメ報告書 TELESCOPE』がスタート!!


ノベライズ版も好評発売中!!



極黒のブリュンヒルデ

第99話 最後の戦い



アニメ版! ノベライズ版! 読者様参加型企画

と、盛り上がる一方の岡本倫先生祭りの中、
本家本元のヤンジャン本誌で連載の展開も、
とんでもないことになっている訳なんです。

まあ、アニメで知った方や、コミックス派の方はうちなんぞにいらっしゃらないし、
記事をニ分割する前に毎度の注意書きもしているので、大丈夫だとは思うのですが、
本誌を購読されている方はご存知の通り、遂にこういう展開になったのだなと……。

あ、でも何故か検索で毎回うちの極黒記事までいらっしゃる方がいたりするのは謎。

アクセス解析は、げんなりする語句が沢山なので見ないようにしてますが(苦笑)、
どうもアニメ版の感想じゃなくて、本誌感想目当てでいらっしゃっているようで謎。

はっきり言って、うちは本作についての掘り下げや考察は全然浅い甘ちゃんですよ。
書いていて自分でもそう思うくらいですし。勿論、極黒は本当に大好きですけれど。

うちからオススメしたい読者様のブログを以下にご紹介。

■如月とブリュンヒルデ(天文学部とも言う)/絆、ネクサス

■或 犬良さんの『夕暮れナンセンス ネクサス』

ヤンジャン本誌連載の感想は勿論のこと、アニメ版の方も抜かりないですし、
コミックス単独記事まで徹底されて(加筆修正・カットされた点まで網羅)、
ファン同士の交流も活発ですし、正にオールマイティーな魅力に溢れてます。



■ALORCさんの『ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook』

データを一覧表にされるところなど、正に考察サイトとして秀逸で、
独特の文体とボケも含めて、非常にソリッドで味があるという印象。
うちと違って非常に賢い方で、考察、掘り下げの面でも良いですね。



■アカネさんの『しょせん、吹き溜まりinスペース』

やっぱり考察面で凄いなあと思いますので、その方面がお好きな方は是非是非。
アカネさんも非常に賢い方だという印象が強く、それでいて堅苦しくないです。
非常に読みやすい文章ですし、ライトファンの方もすんなり入れるだろうなと。



■白河清巳さんの『白河屋』

白河さんもまた賢い方だという印象。実に賢い方だという印象。

おバカはうちだけじゃん(笑)。

白河さんはボケのセンスも秀逸で、毎週のPR文もお上手です。
アニメ感想も毎週書いておられますので、そちらの方々も是非。
愛読者の方&アニメ版が好きな方もツイッターフォローすると、
楽しいと思いますよ。ご本人は気さくな方でとても楽しいです。



■らっちさんの『路地裏散歩』

私とは犬良さんがきっかけ&特撮者繋がりという出逢いです。
らっちさんも極黒に興味をお持ちで、アニメ感想があります。
原作未読でこれは鋭いなあ、流石だなあとニヤニヤしてます。

犬良さんと私がたまにヤンジャン作品ネタで振ってみたりと、
ヤンジャン読者様補完計画がどうなるかは、今後のお楽しみ。

私的には、このまま『東京喰種』アニメ視聴までスライドも、
らっちさん行きそうだなと、楽しみだったりもします(笑)。



閑話休題。

さて、本編の感想を。

■Recurrence of Hallucination

以前の感想でも何度か触れてきたことですけれど、
岡本先生はあまり見開きを使われないコマ割りで、
ここぞという時だけ使われる印象がありましたし、
あまり大ゴマなども多様されない作画ですけれど、
今回も冒頭からやってくれましたね。お見事です。

1ページ丸々アンチマター生成のシーンに続いて、
隣のページでは丸々ヴァルキュリアという三連発!



対するクロネコは、遂にマイクロブラックホール生成!

目を閉じて、数式を口にしながらというのが、唸らされましたね。
私は頭が悪く、尚且つ理数系はさっぱりだったので、あわわわと。

学校の授業の読み書き、掛け算九九の頃を思うと、正に別人です。

寧子ちゃんではなく、紛れもなくクロネコであることを痛感です。

余談ですが、「シュヴァルツシルト」と眼にすると、
やっぱりSchwarz SteinやSCHWEINを瞬時に連想してしまいますね。



■Perfect Garden

今回も見開きが効果的に使われました。

やっぱり、岡本先生はここぞという時にピンポイントで使われる印象。

予想、と言うより「理想」「願望」と言う方が適切だと思うのですが、
ともあれ、前回の感想で触れたことは当然のようにハズレで続きます。

ただ、良太くんとクロネコの重要な作劇である「手を伸ばすこと」が、
ここに来て「腕を失くした殺戮の魔女」の再来で強調されるとは秀逸。

クロネコは文字通り総てを失くして、生き残ったのはヴァルキュリア。

と思いきや……!

背後に構えるクロネコに痺れました……。

何よりも驚いたのは、彼女が口にした言葉。

「村上くん」と……。

まさか、ここに来て『クロネコ』から『黒羽寧子』の記憶が蘇るとは!

たった一度のマイクロブラックホールの生成で総ての力を使いきって、
ここで黒羽寧子ちゃんに戻り、尚且つヴァルキュリアを道連れに……。

まるでクライマックスのよう。もう気が気じゃない展開が続きますね。



ヴァルキュリアを道連れにしたいのでしょうけれど、
ここで気になるのは、やはり寧子ちゃんであること。

リブート以降の力を保持しているなら良いのですが、
そうではないとしたら、封印も完全じゃないのかも。

最悪、マイクロブラックホールでクロネコだけ消失、
ヴァルキュリアだけが、またしぶとく残るとか……。



もう一つは、二人とも消失してしまった場合ですね。

この場合でも、喜ばしい解決策でない訳ですからね。
高千穂は依然として健在なのは全く変わりませんし。



この辺りで、一度はオミットした【転時】の魔法が、
有り得るかとも思ったのですが、それでも結局……。

ヴァルキュリアに有利になるだけなんですよね……。

表と裏、ここに残るのは果たしてどちらなのか……。

もう、何も残らないのか。

心して最後の最後まで愛読していきたいと思います。



■BGM&Inspired by...

Schwarz Stein
『Perfect Garden』

D≒SIRE
『Re:deem -転生前夜、真夜中の窓にて-』
『Re:quiem -風の哀歌-』
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2091-a0437acb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。