日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新連載第三回目で、まずは試験です。
暫くはこの展開が続くことでしょう。

以下は今回の内容に触れた感想です。
未読の方々は、ご注意くださいませ。



“新華”繚乱!
ヤングジャンプ
創刊35周年記念

新連載
第1弾


少女が勇気を灯す時、この世界は光り始める。

剣光妃

日ノ国大帝國軍
くれない一騎当千隊


野口こゆり

第三話入隊選抜試験<ニ>



グラサン小僧のおっさん(どっちだ)登場で試験開始です。
真壁馨監督官は威圧的な態度で、インパクトがありますね。

暫くは『入隊選抜試験編』ということで、続くのでしょう。



今回はそこまで大きな展開はありませんでしたね。

特筆すべきは、柿崎顕三郎の登場。

そして、彼がエリート(士官学校生)であること。
柿崎と取り巻きの何人かは、既に尉官であること。
彼の兄が一騎当千隊員であること。これは要注目。

元ちゃんの口から、彼らについて語られましたね。

敵国との戦い以前に、軍の中の摩擦も多そうです。
これは、まいかちゃんが入隊するまでの展開でも、
当分続きそうで、じっくり味わいたいところです。

続いて、真壁と柿崎の場面も要注目です。

今選抜試験の試験管は〝一騎当千隊〟の現隊員。

つまり、次の場面の六人の中、〝白狼〟を除く五人の中に、
彼の兄がいる訳ですね。って、この中にもグラサンいるね。

見開き右側の二人は背が低く、若いというより幼い感じで、
〝白狼〟を含めたこの三人は、兄じゃないと見て良いかと。

左側の三人の誰かでしょうね。あるいは船内にまだいるか。

ああ、やっぱり〝白狼〟が最終試験の試験管を務めるのね。

まずは、ここに辿り着くまでが序盤の肝と言えるでしょう。



作画面では、まいかちゃんの表情豊かなところが好きです。
特に唇が顕著で、野口先生ならではの表現だなあとニヤリ。

次は一週お休みで残念。本誌23号を楽しみに待ってます。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2082-36d82156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。