日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニメに無知な人間が、無知なりに書く試みです。

加えて、敢えて公式の情報なども取り入れないで、
関連書籍なども読まずに、視聴した率直な感想を。

それゆえに、間違いや勘違いもあると思いますが、
ご容赦ください。お気付きの点はご指摘ください。

既に最終話までご覧になって結末を知る方々なら、
知らない者ゆえの感想、ポカを楽しんで頂ければ。



最後まで感想を書き上げてから一挙公開の予定が、
他の感想記事との兼ね合いや、DVDの返却など、
このペースだと、アウトなのが現状です(苦笑)。

という前置きを繰り返しつつ、遅れに遅れた感想。

五回目の契約(世間ではレンタルとも言う)です。

いつもの店員さん(古くからの知人でもある)に、
返してはまた借りるというお約束のループ(笑)。



以下は今回の内容に触れた感想となっております。
契約して魔法少女になってない方は以下に要注意。


遂に、総てが明らかに……。

覚悟はしていましたけれど、それでも圧倒されますね。

キュゥべえに人間の感情は通用せず、話は平行線です。
まるで会話になりません。これは変わらないでしょう。

まさかとは思っていましたが、宇宙規模の話とは……。



今回で、特筆すべきは二つでしょうか。

一つは、ほむらちゃんがまどかちゃんに真実を伝えたこと。

別の時間軸から来たこと、彼女の死を何度も見てきたこと、
それを伝えて、泣きながら抱きしめたのは感極まりました。

今まで黙って一人で抱え込んでいたほむらちゃんが不憫で、
まどかちゃんに伝えないでいるままなのは気がかりでした。
不謹慎かもしれませんが、これで良かったと私は感じます。



もう一つは、まどかちゃんが遂に決断したこと。

遂にこの時が来ました。

二人の少女が、お互いがお互いを想ってきた時間というのも、
本作の根幹で、それがここに結実したことに、感泣しました。



まどかちゃんとお母さんとの親子の場面も感動的でした。

恐らく生まれて初めてでしょう。

彼女があそこまで自分の意思を強く伝えたのは。

お母さんが鼓舞して、強く送り出したのも好きなところで、
最後の言葉が真理を貫いているのが流石だなと痛感します。

振り向いたまどかちゃんの笑顔と返事も、胸に響きました。



そして、いよいよ決戦の時。

『ワルプルギスの夜』に立ち向かうほむらちゃん。

正直、視ていられないといった心境なのが本音でしたね。

どう考えても一人では勝ち目がなく、あるのは絶望のみ。



この状況で、一体どうやって勝利できるのだろうかと……。

真っ先に思い至るのは、まどかちゃんが魔法少女になること。
世界最強の魔法少女であり、宇宙を捻じ曲げるほどの力なら、
勝利することもできるだろうと。ただ、彼女が戦うなら……。

まどかちゃんが最強の魔法少女になるということは、
まどかちゃんが最強の魔女になってしまう悲劇です。

『ワルプルギスの夜』に勝利しても、彼女自身が第二の『ワルプルギスの夜』になるのでは……。

この場合、救いがあるとすれば、ほむらちゃんを救えるという一点ですか。

生き延びた彼女が、第二の『ワルプルギスの夜』を倒せるはずもないです。
勿論、それは能力的にも、それ以上に心情的にも。本質は変えられません。

正に八方塞がり。打つ手なしです。



ラストシーンからしても、まどかちゃんが魔法少女になるのは間違いないですから、
そこで、ほむらちゃんや仲間たち、そして人類を救える方法は『願い』だけかなと。

つまり「最強の魔法少女が宇宙を捻じ曲げるほどの強い想いで奇跡を起こす」こと。

端的に言えば「総ての悲しみを全く何も無かったことにする」しかないと思います。

ここで具体的な作品名を挙げるのは野暮なことだと承知していますが、
敢えてそうして続けますと、思い当たる作品は私の中で二つあります。

『仮面ライダー龍騎』
『ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン』

これらのクライマックスのような大どんでん返しがあるだろうと。

そうとしか思えませんし、それ以外に救いと生存の道はないかと。

「特定の誰か(魔女、鹿目まどか)だけが存在しない新しい世界」になるか、
「巡り巡って環を描く運命の縁(円=まどか)」から新しい宇宙に挑むのか。

いずれにしても、この二人が離れ離れになるしかないと思います。



ほむらちゃんの今までの戦いがまどかちゃんの潜在能力の理由というのも皮肉で、
これも唸らされました。彼女が必死になればなるほど、最強の魔女を育てる形に。

つまり、ほむらちゃんが何度守り続けても、守りきれない結果に繋がるのみです。

つくづく、救いがなく、絶望しかない状況です。正に死よりも恐ろしい災厄です。
終わりさえない終わり。最悪の災厄。もう気が気じゃないというのが本音ですね。

立ち上がった魔法少女は、呪われた繰り返しを断ち切るのか。

それとも円を描いて、総てを燃やすのか、結ぶのか。

サブタイトルの真意は、後者ではないかと思います。



最後の最後です。

心してクライマックスを目撃します。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2075-5c132a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。