日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニメに無知な人間が、無知なりに書く試みです。

加えて、敢えて公式の情報なども取り入れないで、
関連書籍なども読まずに、視聴した率直な感想を。

それゆえに、間違いや勘違いもあると思いますが、
ご容赦ください。お気付きの点はご指摘ください。

既に最終話までご覧になって結末を知る方々なら、
知らない者ゆえの感想、ポカを楽しんで頂ければ。



最後まで感想を書き上げてから一挙公開の予定が、
他の感想記事との兼ね合いや、DVDの返却など、
このペースだと、アウトなのが現状です(苦笑)。

という前置きを繰り返しつつ、遅れに遅れた感想。

五回目の契約(世間ではレンタルとも言う)です。

いつもの店員さん(古くからの知人でもある)に、
返してはまた借りるというお約束のループ(笑)。



以下は今回の内容に触れた感想となっております。
契約して魔法少女になってない方は以下に要注意。




遂に、最も恐れていたことが起こってしまいました。

さやかちゃんに感情移入したら、こんなことに……。



死体を持ってきて、まどかちゃんに見せつけた以上、
重要な意味があるはずです。あまりにも強烈な場面。

勿論、ほむらちゃんの台詞にあった通りでもあるし、
現実を直視させ、憧れていた魔法少女が何なのかを、
はっきりと思い知らせるのは、わかるのですけれど。

理屈ではわかっても、心情的には堪える場面でした。



続いて、キュゥべえとまどかちゃんの場面。

気になっていて以前の感想でも触れていたこと、
やっぱり、『少女』であることには意味が……。

魔女を生み出すこと=それは膨大なエネルギーの獲得であり、
キュゥべえの真の目的は、宇宙そのものに関わることなんて。

正直、あまりにも突飛でスケールが巨きすぎて脱帽です……。

シンプルに、魔法少女=魔女という図式で留めておきながら、
少女の個体数だとか、その辺りのラインで纏めてくれた方が、
飲み込みやすかったかなと、私的には思ったところでしたね。

尤も、感情も何も関係なく、宇宙規模の話を淡々と話したり、
勧善懲悪でも、単純な二元論でもないのは独特だと思います。

キュゥべえがドライである分、尚更それが引き立ちましたね。

何というか、もう理解の範疇を超えてしまっている感覚です。



そして、やっぱりキュゥべえは神崎士郎だったのだなと。

神崎と違うところは、私欲か種族全体の希望かという点。

上述の通り、前者みたいな真実として描かれていた方が、
自分にはしっくり来たのかもしれないと感じております。

これは生来の特撮者であるがゆえだとは思いますけれど。

勿論、本作を批判したり否定するつもりなど毛頭ないし、
この展開に圧倒されましたが、本作の魅力に変わりなし。



今までにない組み合わせが遂に描かれました。

まどかちゃんと杏子ちゃんの二人。

この二人が揃ったら、当然その話になるよね。
まどかちゃんは、やっぱり彼女に訊きました。

杏子ちゃんは彼女が首を突っ込むことに反対。

この時点で、杏子ちゃんは変わったなと痛感。

やっぱりさやかちゃんとのふれあいが大きく、
あの二人の今までには意味があったのですね。

そして、最も恐れていたことが遂に……。



覚悟はしていたつもりですが、やはり堪えきれませんでした。



そして、杏子ちゃんの最後のの神様へのお願い。

ほむらちゃんにまどかちゃんを託して、別れを。

更にこんな展開になるとは。これは泣きました。



これで、とうとう魔法少女はほむらちゃんだけ。

少女は、まどかちゃんとほむらちゃんの二人に。

杏子ちゃんまでも失ってしまったということは、
つまり『ワルプルギスの夜』で総て終わり……?

魔法少女一人ではとても太刀打ちできないなら、
勝ち目はありません。一体どうなるのかと……。

まさか、それすらもキュゥべえの狙いとか……?

まどかちゃんと契約して魔法少女にさせる為に。

第3話から予想だにしない展開が続くばかりで、
ますます見逃せない展開です。最後まで要注目。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2073-40c836ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。