日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以下は今回の内容に触れた感想ですので、
本誌未読の方は、ご注意くださいませー。

ヤンジャン本誌公式サイトにて第1怪から第3怪まで公開中!です♪
誰でも試し読みができますから、気になっている方にオススメです。

特別読切『もももけSUPER』も読めますので、是非ともご賞味を♪



ふなつかずき先生の新連載!!

『華麗なる食卓』のふなつかずき先生が描かれるアキバ発バトルラブコメ!!!

大 絶 賛 連 載 中 !!

第3怪まで本誌公式サイトで配信中!!

更に『グランドジャンプ』9号も先生がご参加!!



新 展 怪 突 入 !!

今回の冒頭から、今までの展開がわかりやすく纏められています。
初めての方も、その1ページ目をご覧になってみると良いかなと。

ちなみに、うちのへっぽこビギナーズガイド(笑)はこちらです。

『妖怪少女 -モンスガ-』第例怪 モンスガのビンビンビギナーズカイド!です♪

無論、上述の通り、本家本元のふなつ先生の構成が一番ですよー。



それでは、感想を。

本誌を購読して、あなたもぱにゃにゃ~ん!

よっしゃぁ~いくぞぉ~!!

ぱにゃにゃ~ん♪




序文で触れた通り、冒頭からこの纏め方は流石ですね。
それぞれのキャラクターに、一人ずつ触れていきつつ、
最後はその纏め役である主人公の八喜くんに繋がって、
ここで期待せずにいられないのが、ページを捲る瞬間。

ページを捲ると……?

カッパ。

ヌイグルミを抱えた轆花ちゃんというのがまたニクイ!
轆花ちゃんのこの表情は反則(販促)でしょう(笑)。

うーん、可愛いっ!

前回のヒキのシルエットから、河童か鎌鼬辺りかなと、
そう思いながら楽しみにしていたのですが、来たよー。

今回はもう、サブタイトルからしてナイスすぎ(笑)。

なるほど納得の切り裂きジャックならぬ、カッパです。



■呪いのヌイグルミ

轆花ちゃんが持っているヌイグルミって、なるほどね。
ナギさん曰く「呪いのヌイグルミ」ということですか。

それはそうと、「百妖怪力」ってのがまたツボだわー。
実男のドヤ顔とはまた違う味わいがありますね(笑)。

轆花ちゃんの「ですしー!」の連発も、可愛くて最高。

そして……こうなるのね(笑)。乙女の凄ーい重妄想。

何故に二人がさっと脱いでしまっているのかと(笑)。

妄想が暴走ってことで『暴想』って、先生ナイスです!

それにしても、ここでも「ジャンク屋さん」なのよね。

轆花ちゃんがヤッキーを名前で呼ぶ日が楽しみですね。


さて、続きへ。

しかし、それにしては二人とも何も感じないって……。

と思っていたら、来たー!

ヌイグルミが喋ったー! 動いたー!

このヌイグルミを持ちながら、元の持ち主まで接近するとか、
そういう展開かと思ったら、いきなりのテンポ感で良いです!

第一声からして放送禁止用語にして伏字。キテます(笑)。

そして、もっとキテるのが、容赦なく切り裂きまくる奇行!

乙女の衣服を遠慮なしにスパパーンと切って切りまくるー!

轆花ちゃんは勿論、街中の一般人まで容赦なく襲い掛かる!

この展開は、特別読切『もももけSUPER』を思い返して、思わずニヤリ。


今までの「ばちすこーん」もツボでしたけれど、
今回では「すぽぽーん」で、ふなつ先生節炸裂!

こういうの大好きです(笑)。

こういった表現も、先生ならではだと思うところですし、
本作のノリの良さ、ポップ感に通じる重要な点でしょう。

敵の「キッ」「ザムッ…!!」という言葉もツボですね。

一つの言葉を敢えて二つの吹き出しに分けるリズム感と、
この語感が何とも言えず、掛け声としても巧いですしね。

「刻む」であり「睨んで、斬る」訳で、実に巧いですね。

なんて思っていたら、おいおいおい! ちょっと待って!

何この「ザムザムザムザムザム」の連発で猛攻撃(笑)。

容赦なく襲われる一般人の悲鳴の中に「ブヒー!!」て。
しかも次のコマでまたもやTシャツネタがちゃんとある!

『小学生最高』て(笑)。

徹頭徹尾、細部まで絶対抜かりなしの先生が最高(笑)。



■ヤッキー、ダッシュで奪取だ!

単純に、ヤッキーが走って追いかける姿って、物凄く燃えます。
これぞ主人公だよなって。このがむしゃらなところも好きです。

敵を追いかけている最中に、彼が見かけたのは……もるちゃん!

お約束の展開ですけれど、ここでもるちゃんってヤバイですね。
彼女は霊や妖怪に憑かれやすい体質ですから、心配ですが……。

そこに、コケるヤッキー。

ヤッキー、ゴール。

って、おーい!!

「おぱぱーん」じゃねーよ(笑)。

「つん♥」じゃないだろ、「つん♥」じゃ!

まさかの「つん♥」かよ。

しかも、よりによってそんなところに「つん♥」。

これぞ、ふなつ先生! 最高です。

不可抗力とは言え、刺激が強すぎましたね(笑)。

そして、ヤッキーの服もやられて、もっと恥ずかしい目に。



今まで、ふなつ先生ならではの擬音や表現については触れましたし、
上述の通りでもありますが、本作最大のそれは間違いなく、この次。

これはもう断言したい。

えれくてぃんこ




誰がうまいこと言えと。

ふなつ先生、最高!!


これはもう、ふなつ先生愛してると叫ばずにはいられない! 最高!

私的に、実男初登場&バトル決着時くらい大笑いでした。
これはもう次号まで笑いっぱなしのツボりっぱなし確定。



■ヤッキー七転び、ダウン。轆花ちゃん、轆轤ール!

強引で、ちょっと苦しいな(笑)。

ここでヤッキーダウン。心身ともに色々な意味でダウン(笑)。
しかもエレクトを目撃されて。これはヤッキーも萎えるわなあ。

読者サービスの「ばっ」もさることながら(笑)、格好良いね!

私的には、おでこが見えた轆花ちゃんに思わずグッときました。

早速能力を発揮して、首を伸ばす轆花ちゃん!

やっぱり、こうして見ると妖怪らしいというか、違った表情で、
彼女のこの二面性も、本作の大きな魅力だよなあと再認識です。
勿論、これから先も、バトルにおいて楽しみな最重要ポイント。

ただ「妖怪退治する」というだけではなく、
「人間が妖怪と組んで妖怪退治」ってのが、
物凄く私のツボなところですし、燃えます。

と言う訳で、妖怪VS妖怪という熱い展開!

実男の登場時と同様(実男は本文の中で何度でも触れたい。笑)、
轆花ちゃんのシーンで、バックが達筆な筆文字風なのが良いです。

『牙狼』や『仮面ライダー響鬼』でも大好きな演出でしたからね。

ここで気になったのが、敵が轆轤首について熟知していることで、
「轆轤首の首は伸ばせてもせいぜい10~15m!」とまで……。

これは逃げ切られたらまずいのではないか……と思っていたら!?

抜けたー!!

ヨーヨーやけん玉かと思ったらロケットパンチでした、みたいな。

読切版の決め技のアレも大好きなのですが(公式サイトで是非ともご一読を)、
これはこれでインパクト絶大で、正直ビックリしました(笑)。やられたわー。

敵もまさかこう来るとは思っておらず、見事にやってのけました。
敵の想定を超えた攻撃で、虚を突いた見事な攻撃だったところで、
これで敵が一瞬怯みました。ここは重要な点。また後述しますね。

一瞬ビビってしまったことで、力が抜けて、河童はパワーダウン。

人間の畏怖を集めないと……と焦りながらもターゲットを決めて、
襲い掛かったところで……! 来た来た来た来た! 遂に来たー!

襲われた少女は、なんと妖気の壁で、河童を逆に弾き飛ばしたー!

これは、ぬりかべ!!

と言うことは、そう! 読切版を愛読した読者には言わずもがな!



と言う訳で、以下はそちらも含めて触れますので、ご注意を……。

気になるけれどネタばれは視たくない、という方もおられるかと。
悪い事は言いません。公式サイトで読切版も無料公開中ですから、
うちなんかより、まずはそちらで読了されてからの方が吉ですよ。



※以下は、読切版も含めて触れますよ。くれぐれもご注意を……。



と言う訳で、いきますよ?



いいですか?



公式サイトで、本作第3怪まで、そして読切版まで読了オッケー?



いいですか?








よーし、それでは続きを叫んじゃう!です♪









来た来た来た来た来た!!



来たああああああああああ!!



いっちゃん来たー!!



バンザイ!

バンザイ!!

バンザーイ!!


『もももけSUPER』愛読者ならもう堪らない瞬間!

この瞬間、私も狂喜ですよ。思わず舞い上がって喜びました!

本作でも、轆花ちゃんに続いていちゑちゃんまで登場なんて!

もう嬉しくて嬉しくて仕方がないです!!



ちなみに、連載第1怪の感想記事では、こんなことも書いていたのです。




今まで期待していた分の元を取れてお釣りまで返って来たかのような心境!
連載第1回目からこれなら、今後は更にワクワクが高まっちゃいますねー。

いちゑちゃんニアちゃんも同じか、少しの違いで本作に登場かと期待も!

『妖怪少女 -モンスガ-』第一怪 妖怪少女アラワル!です♪参照)




正にその通りの展開になってくれて、もう願ったり叶ったり!!

いちゑちゃんの名字は当然『真壁』でしょうね。堪らないです。

となると、当然ニアちゃんの登場も間違いないかと。期待です!

個人的に、ニアちゃん推しになりそうな予感もしてるし(笑)。



と言う訳で、いっちゃんが本作にも登場!!

いっちゃんの台詞からして、このヌイグルミの河童は『人形神(ひんながみ)』

こいつも、いっちゃんや、轆花ちゃんのことを知っていたようですが、はて……。

そして、轆花ちゃんといっちゃんも旧知の間柄ということで、ますます期待がー!



ナギさんと手を取り合って、初仕事からしてこの展開ですからね。
もう堪らないですよ。バトルは勿論、ストーリーも期待大ですね!

そうそう、前回のヒキで河童の隣にいた人影って……いっちゃん?

髪型や背格好はそれっぽいですから、彼女が使役していた妖怪か?

あ、いや、服装が違いますか。肩口辺りの袖からしても別ですね。



そう遠くないうちに、ニアちゃんも登場するでしょうし、楽しみ!
こうして、次々と奇妙な仲間たちが増えて大所帯になると(笑)。
ヤッキーのアパート、凄いことになりそうで、今からニヤリです。
虹緒ちゃんは喜んではしゃぎそうですが、ヤッキーが楽しみです。
更に巻き込まれ&尻に敷かれる感じがありありと浮かぶね(笑)。

と言う訳で、敵は確保できましたし、ひとまずは一件落着ですね。

次回、いっちゃんと轆花ちゃんとの会話も要注目ポイントですね。


■いち、ニッ、ロック

前回の感想記事で、数字ネタに触れました。

『七』…西水流虹緒
『八』…西水流八喜

『千』…千歳屋李&千歳屋梛

そう言えば、妖怪少女の三人もそうだなあと。

『六』…綾辻轆花(『辻』のしんにょうの点は厳密には一つ)
『一』…真壁いちゑ
『ニ』…鈴鳴ニア

後者は若干強引かもしれませんが、それでもここまで続くと、
偶然とはとても思えないですね。総て先生の計算でしょうね。

ラブコメ、笑い、バトル、笑い、シリアス、笑いの大展開で、
毎週毎週が濃密ですし、続きが楽しみで仕方がない作品です。

次回もレッツぱにゃにゃ~ん♪
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2056-24046443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。