日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎週楽しみで仕方がない作品です。

今後はもっと早く感想を書き上げたいですね。

ふなつかずき先生の新連載!!

『華麗なる食卓』のふなつかずき先生が描かれるアキバ発バトルラブコメ!!!

大 絶 賛 連 載 中 !!

『週刊ヤングジャンプ』公式サイトにて、ただいま第1怪から第3怪まで配信中!!

特別読切『もももけSUPER』も同時配信中!!

本誌公式サイトで試し読みができます!!


最近知ったという方、これから読んでみたいという方にもオススメです。
本作が気になる方々は、『週刊ヤングジャンプ』公式サイトでご一読を。

個人的に、第3怪が堪らなくツボで、あれは読んで頂きたいので(笑)。



連載も良い展開、良い区切りになってきたところですから、
今回は初めての方へのガイド的な紹介記事にしてみますね。

ここで、これまでのあらすじも含めて書こうかと思います。

以下に、初めての方に向けた紹介記事を書いておきました。

ネタばれなど極力排除した紹介記事にしたつもりですので、
記事をニ分割する必要もないなと思ったのですが、一応ね。

と言う訳で、普段の感想記事とは変えた『第例怪』。
初めての方をふなつ先生ワールドに誘う『大霊界』。



待望のふなつかずき先生新連載で、あなたもぱにゃにゃ~ん!

よっしゃぁ~いくぞぉ~!!

ぱにゃにゃ~ん♪



と言う訳で、いつもの本誌感想記事とは毛色(経路)を変えた記事です。

え? はよ第6怪まで感想書き終えろって?

そこだよねー(笑)。

承知しております。ヤンジャンは必ず発売日にゲッチューしてます!

だったら、早く書けよってね(笑)。



■『妖怪少女 -モンスガ-』ビンビンビギナーズガイド!です♪

序文で触れた通り、第3怪は堪らなくツボで(笑)、
第3怪までで、一つの区切りとしても楽しめるかと。

ふなつ先生ならではのポップ感とボケが弾けるラブコメ
それだけに留まらず、本作の重要な展開であるシリアス
そして、「大切な人を守る為」に、立ち向かったバトル

これまでの連載でも、様々な展開と表情を魅せてくれて、
これで期待が高まらないはずもないです。お見事ですね。

最初から読み始めた方には第3怪までは読んで判断して頂きたいところで、
その上で、第5怪で、序盤の一区切りだと言える構成だと思っております。

以下に、これまでのあらすじを。

■『妖怪少女 -モンスガ-』のあらすじ!です♪

幼少期から『霊感』が備わっていた西水流八喜(にしずるやつき)くん。

20歳(彼女いない歴=年齢)。DT(童貞)。

物語の舞台は東京・秋葉原。

「電磁波の多いところに霊は集まる」
「人の集まるところに妖怪あり」

という風説の通り、尚且つ電気街であるこの街には、
そういった霊的存在が溢れかえっていたのです……。

八喜くんは秋葉原のジャンク屋でアルバイトをしている青年。
気の良い兄ちゃんで、非常に親しみやすい青年だと思います。

思春期モジモジマインドの中高生も共感すること間違いなし。

女の子に対する興味、性欲も、そしてピュアな恋心も等身大。

メイドカフェ『ぴなふぉあ』のもるちゃんがお気に入りです。

もるちゃんにモエモエズキューーンながらシャイな八喜くん。



ある日、八喜くんは、ひょんなきっかけから、一人の少女と出逢います。

この運命の出逢いから、彼の人生は劇変します。



そして、八喜くんを見つめている別の存在の影も……。

ラブコメと謎が蠢く中、彼はもるちゃんの危機を感知。
もるちゃんに憑依した悪霊を倒す為に立ち向かい……。



と言う訳で、乗りに乗って、盛り上がりまくっているのが本作。
今なら、本誌公式サイトで試し読みして追いつきやすいですし、
気になる方は、公式サイトと本誌でチェックすると良いかなと。

例え最初から読めていなくても、たまたまヤンジャンで眼にした方々でも、
毎回が楽しめる構成になっていると思いますし、今なら追いつけますから。
「最近スコーンと突き抜けた面白い漫画ないかなあ」って方にはイチオシ!

笑いあり、ラブコメあり、笑いあり、ノリノリなボケとツッコミまであり、
「読者も一緒にツッコミ入れながら楽しめる」ノリノリな作風で良いです。

ふなつかずき先生ならではのボケとポップ感が弾けまくっている快作です!

無論、ただ笑えるだけに留まらず、青年の等身大の心の機微も繊細な描写。

本作をリアルタイムで読める今の中高生って本当にラッキーだと思います。

私の年齢? それは訊かないで(苦笑&遠い目)。

一つだけヒントを挙げると「戦う美少女」なら『スケバン刑事』って世代。
ナンノ(南野陽子さん。わからない人はお父さんに訊いてみよう)世代で、
ナンノ好きというのも、ふなつ先生との共通項だったりして、激しく共感!

もうこれくらいでいいよね(笑)。



と言う訳で、ひとつ書いてみました。

極力、ネタばれは排除したつもりですので、若干わかりにくいかもなあと。
そこだけが自分でも気になったのですが、興味が湧いた方は是非ご一読を。



勿論、毎週の本誌感想の方も、よっぽどのことがない限りは書き続けます。
それこそ事故でもない限りは、周回遅れになっても巻き返すつもりなので、
ここをご覧になるモンスガ読者の方は、長い目で待って頂ければと(笑)。

さて、本誌感想の方に戻りまーす。

次回もレッツぱにゃにゃ~ん♪
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2046-96c46115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。