日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回から笑いっぱなしで一週間経って、感想は周回遅れです。
って、こっちは笑えない笑えない。更新ぱにゃにゃんですー!

と言う訳で、更新です(素に戻ってみる。笑)。

以下は今回の内容に触れた感想ですので、
本誌未読の方は、ご注意くださいませー。

なお、ヤンジャン本誌公式サイトの方で、
第3怪まで無料配信中で試し読みが可能!

『もももけSUPER』も配信中ですので、是非ともご賞味を♪



ふなつかずき先生の新連載!!

『華麗なる食卓』のふなつかずき先生が描かれるアキバ発バトルラブコメ!!!

早くも 大 反 響 !!
第3怪まで本誌公式サイトで配信中!!

第4怪は本誌センターカラー!!

更に『グランドジャンプ』9号も先生がご参加!!



それでは、感想を。

本誌を購読して、あなたもぱにゃにゃ~ん!

よっしゃぁ~いくぞぉ~!!

ぱにゃにゃ~ん♪






扉ページから良いですね!

■祝・センターカラー!!

振り向く轆花ちゃんの視線と表情が凄く良いです!
腕と指先も愛らしくて、気に入っている一枚です。

もるちゃんも良いし、虹緒ちゃんもナイスな構図。

そして主人公は相変わらず「巻き込まれ」(笑)。

この「尻に敷かれてる感」がまた良いんだよなー。



■『グランドジャンプ』9号に先生がご参加!!

カラーイラスト繋がりで、こちらの感想も。

以前に告知記事も書きましたが、もう一度。

どちらも定期購読している雑誌でしたから、
正に好都合で、堪らない展開でした(笑)。

ふなつ先生がスペシャルゲストで、カラーイラストで参加されています。
そのイラストは付録の豪華ピンナップで、大きなサイズで堪能できます。

色々な意味で大きいので(笑)、読者の方なら楽しめるかと。



■戦いの後、夜明け――。

毎回毎回、よくもまあってくらい、つくづく痛感させられていますけれど、
冒頭1ページ目と、ページを捲った次の構成が巧すぎて堪りません(笑)。

女性の喘ぎ声?

ん?

んん?

んんん!?



そう来たかー(笑)。

先生、ネタがおいしすぎる。

しかも、作画にめっちゃ力入っていて、ノリノリなのが伝わるー(笑)。

他の誰でもなく、誰よりも先生が楽しんで描かれただろうと感じますね。

こういうの大歓迎。



轆花ちゃんがノリノリでやっているってのも爆笑ですし、
虹緒ちゃんの興味津々質問コーナーも堪らんです(笑)。

ヤッキーはあれから3日間眠り続けていたことがわかりました。

あの激闘の後だもんねえ……。



■Tシャツ

これも毎回の楽しみの一つです。

ヤッキーはツタンカーメンでお馴染み。

轆花ちゃんは興味深い言葉でニヤリと。

「HIDE AND SEEK」で『かくれんぼ』ですね。

何気に本作を言い得ている言葉の一つでもあると思いますし、
背景のポスターとか、さりげないところも味なんですよねー。

そして、本作の大きなポイントとして、さりげなくない点も。

どういうことかと言いますと、実際の秋葉原ネタも満載です。

と言う訳で、次へ。



■これが本当のアキバレンジャー(違)。

実在の店名や、アイドルなどが出てきたりします。
反応した人にとっては、ニヤリじゃないかなあと。

カワユシネタを外さないのが私的にニヤリ(笑)。

勿論、知らなくても全く問題なく楽しめますしね。

読んでみてから調べてみるのもまた一興でしょう。



■もるちゃんと再会♪

いやー無事で何より。

ヤッキーの勇姿と大活躍が最高でした。
違う方面からも、最高でしたが(笑)。

前回の敵にはもう大爆笑でしたからね。

次の号が出るまで一週間笑い続けたし。

と思ったら……!!



うわーっ!

まさかの再登場!!


柿男、ここで出てくるなんて!

連載開始以来、最大の衝撃でしたわ(笑)。

柿男、何ジェントルマンしちゃってんのよ。



そして、意外な(そうでもない?)もるちゃんの一面。

「もっさん」は「おっさん」だった(違)。

そうかー、もるちゃんも腐の人だったかー。

でも、ヤッキーとのあの場面は大きかったですね。
あの場面は、今後に間違いなく響くところだなと。



何よりも、柿男の名前がわかったのが収穫でした。

柿ノ木実男。

みつお。そのまんまで最高(笑)。

実男もコアでマニアックなファンが増えそうな感じですね。
まさか実男が平然と現世の日常に登場するなんてね(笑)。

みつお良いよみつお。



実男再登場の衝撃があまりにも強すぎて思考が吹っ飛びますが、
この場面の彼の台詞って、本作の根幹に響く重大なことですね。

人間の心の闇から彼らが生まれる事実。

『牙狼』の魔獣ホラーと同じく、人間を脅かす彼らは、人間から生まれる事実。
妖怪らしい真面目な設定が出てきて、今後とも注目していきたいところですね。

そして、更に人間の負の感情が強ければ強いほど、
人間が恐れれば恐れるほど、彼らは強くなる……。

前回で見せてくれたヤッキーの勇気を思い返しますね。
「大切な人を守る為」に戦うヤッキーにとって重要で、
勿論、他の一般人にとっても、これは重要な点ですね。

ヤッキーの勇気、恐怖の克服、更なる活躍などは勿論、
「男としての成長」も本作で期待したいポイントです。



■一難去って、また一難……と思ったら、また一難。

痛い。痛い展開の後、更に痛い展開(笑)。

超絶美人コスプレ占い師さん、オンステージ。

やっぱり毎週違う衣装なのね。最高ですね。

それより何より、この後が衝撃!!

そういうことだったのか。

あちゃー。前回の感想、間違えまくってましたね(笑)。

忍者とかロック解除とか潜入とか、全部ハズレか(笑)。

これは大失態でした。

気付くのが遅すぎたなあ。

だって『梛』って当て字じゃなく、そのまま読めますし。
あちゃーでした。お父さんでもお兄さんでもなし(笑)。

みつおの喘ぎ声もツボでした。



そして、遂に……!



ようやく、本筋に辿り着いたといったところですね。

ナギさんからの依頼! やっぱり妖怪退治でしたね。

最後のページ、思わずグッときて燃えたところです。

「私の仕事」を手伝ってくれないかと依頼って展開。
ナギさんの『霊感』は作中からも明らかですけれど、
助手か用心棒か、いずれにしてもコンビに期待です。

ナギさんが彼を見て、ふれあい、依頼したということは、
ヤッキーの『霊感』の強さ、資質、可能性に懸けていて、
一人では対処しきれないほどの巨悪がいるのでしょうね。

第1怪冒頭のあの場面も含め、そちらの面も要注目です。



と言う訳で、周回遅れになっても、今後も巻き返します。

次回もレッツぱにゃにゃ~ん♪
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2045-5be8396e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。