FC2ブログ

日刊ハレ Ver2.11

2016年、更新再開です。好きな漫画、特撮、音楽の感想など、無名人の趣味と駄文の遊び場です。

玉木ヴァネッサ千尋『横浜線ドッペルゲンガー』8.自滅  

ヤンジャンの発売日になりました。

と言う訳で、タイムスリップはできませんが、周回遅れは巻き返せます。
以後はこんなことがないようにしたいですね。って、毎回言ってますが。

「感想を書き終えるまで次の回は読まずに封印」という縛り、
自分で課しておいて何ですが、堪えたり、愉しかったり……。

マゾかよ(笑)。

いえ、発売日に買うのだから、すぐに読むのがベストだろう、
って話ですよね。週刊漫画雑誌封印って私くらいかと(笑)。

それでは今回の感想を。

以下は今回の内容に触れた感想です。
未読の方は、以下にご注意ください。



2011年新人賞グランプリ作家連載デビュー!!

衝撃のクライムサスペンス!!


 横 浜 線
YOKOHAMA LINE Doppelgänger
ド ッ ペ ル ゲ ン ガ ー

玉木ヴァネッサ千尋
Tamaki Vanessa Chihiro




玉木ヴァネッサ千尋先生の絵柄は好きです。
綺麗で読みやすいという印象でありながら、
アニメアニメしすぎてない人間味がツボで、
今回の本編1コマ目には、やられましたね。

今後、こういうインパクトの強い作画が増えてくるでしょうね。



鬼怒川が首を絞められて、そこで走馬灯って、
これもまた王道というかベタな流れでしたね。

読み進めて、なるほど納得です。

襲い掛かってきた殺人犯に革細工を千切られ、
そこで鬼怒川が激昂するという場面でしたが、
なるほど、お母さん手作りの思い出の品です。

こういった丁寧な作劇はとても好感触ですね。

鬼怒川が彫刻を志したきっかけ。

『商業作品』が許せず、『作品』に拘り続ける理由。

彫刻に対する覚悟。


それらが短い構成でわかりやすく伝わってきましたしね。



脚部をナイフで刺されましたが、それでも鬼怒川は負けじと追跡します。
この流れは『ミュージアム』の沢村と〝6月の蛙男〟を連想しましたね。

剣崎から物語が始まり、タイムスリップ、マコトとの出逢いが描かれて、
二人でコンビ結成、そこからこの展開で、テンポも流れも非常に良いし、
何気に連載開始以来、剣崎もマコトも出ない初めての回だったりします。

しかも、殺人犯とのガチンコ対決という展開。

連続殺人事件の被害者一人目からこの展開って、実に巧いところですね。



何よりも、今回の展開にはやられたなあと。

鷺沼の話題が続いていて、そればかり考えてしまっていました。あちゃー。
完全に先生の術中でしたね。教授への言及はあったので、フェアですしね。

毎度ながら甘い&浅いですね、私。

教授と鷺沼が共謀という線も考えられますし、
一連の被害者はグループ展メンバー同士でも、
それぞれを手に掛けたのは二人別々だったり、
そういう展開もあるのかもしれませんね……。

わかるような、わからないような今の流れが堪りませんね。

いえ、すみません。正直、わかってないです。先が読めてないです(笑)。



最後のページで、殺人犯からとんでもない台詞が。

なるほど、革細工を千切ってみせたのも確信的行動。
お母さん手作りの思い出の品だと知っていたとはね。

更に『一酸化炭素の充満した部屋』って計画通りか。

総てがだったとは。



先が読めないですが、毎週味わい深いですね。
いえ、先が読めないからこそ堪らないですね。

さあ、周回遅れ巻き返したぞー。安堵(笑)。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://februaryxxxx.blog.fc2.com/tb.php/2044-c0f83995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top